今更聞けないツイン・ピークス(2016/3/29配信)

2016/03/30

IMG_1285_re.jpg

今回のテーマは『今更聞けないツイン・ピークス』
立川吉笑さん、松崎健夫さん、福永マリカさんでお送りしました!


デヴィッド・リンチによる伝説のドラマ「ツイン・ピークス」が帰ってくる!ということで、WOWOW放送前に今更聞けないシリーズ発動!

この日のために、少し予習をしてきた吉笑さん。ドラマと映画の『ツイン・ピークス』を観るにあたり、どちらを先に観ればいいのか健夫さんに聞いていたのだそう。

「毎回ドラマの始まりがすごい楽しみ。変な始まり方があったりする。」と吉笑さん。
"エクストリームクロースアップ"をする手法はデヴィッド・リンチ初期の自主制作映画の時から取り入れ、ノイズも入れたりしていました。
この手法をそのままテレビに持ち込んだのはすごい事。昔テレビは各家庭ごとに色が変り、カラーバーを使うことで色を調整していました。今でこそテレビはデジタルで見れ、どの家庭も色調節をせず、ほぼ同じ色で見れるようになりました。
ですが、デビッド・リンチは色にすごくこだわる人なので、各家庭で暗闇に人が潜んでいるシーンが真っ暗で見えなかったり、明るくて姿が完全に見えていたりすることがあるかもしれないが、フィルムで撮影しておけばゆくゆく状況が良くなれば、自分の思ったものにできるのではないか!と当時35ミリフィルムで撮影しました。
「そのおかげで、ブルーレイディスクが凄く色が良い!」と健夫さんは語られました。

この作品は、特に日本人にうけたそう。アメリカには怨念的な考えが無く、悪魔を怖がります。『ツイン・ピークス』は悪魔的な物ではなく、怨念的な作風にしたのがよかった。「日本ではこの時期にトレンディドラマが流行り、どのドラマも同じに見えて物足りない頃だったので、日本人が求めていたものに当てはまった。」のだとか。
「映画版を観るなら、ドラマ全部観て犯人がわかったうえで見ないとダメ!だけど、ドラマ『ツイン・ピークス』は、終わり方を知っていて観ても面白い!」とのこと。

番組最後に、「全然話せていない。準備してきた中の1割しか話せていない!」と健夫さん。
この様子だと2回目もありそうと期待を寄せました!

」WOWOWでは、4/10(土)よる11:00~「ツイン・ピークス」放送スタート!
初回の「序章」は放送無料!
番組詳細はコチラ
また、それに伴いぷらすとでは4/10(土)よる10:30~「ツイン・ピークス ソーシャルビューイング」します!あわせてお楽しみ下さい!

さらに、【WOWOWぷらすと presents 『神様メール』ジャコ・ヴァン・ドルマル監督登壇付き特別試写会決定!!】
ジャコ・ヴァン・ドルマル監督のトーク付きの試写会に60名様をご招待いたします。
ぷらすとからは、松崎健夫さん、中井圭さんも登壇します!監督に会える貴重な機会です!ぜひご応募ください!
詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ