今更聞けないパッキャオ(2016/4/7配信)

2016/04/11

IMG_1343_re.jpg

今回のテーマは『今更聞けないパッキャオ』
ジェントルさん、原功さん、玉木碧さんでお送りしました!


この日は戦う男、マニー・パッキャオ、次回の戦いはいったいどうなるのか、久々の登場原功さんをお招きし、お馴染みのメンバーでパッキャオに迫りました!

なんと、原さんはこの日が誕生日で57歳になられました!「いさおらぶー」と原さんへのコメント多数寄せられました!

今更聞けないということで、パッキャオを知らない方にもわかりやすく、どのような人物なのか、キャリアを振り返りつつスタート!
パッキャオは、「漫画から飛び出してきたような選手です。ヒーローに必要なものをほとんど兼ね備えている!」と原さん。
ボクシングは体重制で細かく17階級に分かれています。そのうちの7階級でパッキャオは正式なチャンピオンになり、跨いだ階級を含めると10階級もチャンピオンに輝きました。
そんなパッキャオがボクシングを始めたのが、11、12歳の頃。家が貧しすぎて小学校を途中で辞め、街に出て路上バイトをし、稼いだお金は母親に送って過ごしていたのでした。
パッキャオのベースになっているのが、ストリートファイト。アマチュアの試合にも出場しており、64戦60勝4敗と見事な成績を収めていました。
アマチュアからプロのボクサーになったのは16歳の時。この時2歳サバ読んで18歳だと嘘ついて試合に出場。
そのデビュー戦では、まだ身長も小さく軽かったので10ポンド(4~5キロ)の重りを入れて臨みました。アマチュアでいい成績を残していたので、アマチュアでのチームに誘いを受けていましたが、賞金を必要としていたので断ったのだとか。

パッキャオの強みは、「度胸の良さ」!「スピード、パンチ力、運動神経そういうので見ると、同じレベルの選手は何人かいるが、度胸良く踏み出す選手はいないと思う」と、原さん。相手が罠を仕掛けても、気にせず踏み込んでいくパッキャオ。駆け引きをしつつ、相手の動きも計算しているそうです。

≪原さんが選ぶパッキャオベストファイト3つ≫
・ピンチヒッターで出たアメリカでのデビュー試合。ターニングポイントになった試合!
・リッキー・ハットンとの試合!2ラウンドでKOした!
・ミゲール・コットとのキャッチウェイトの試合!

さらに最後に、今後ボクシングを楽しむため誰に注目すればいいのか教えて頂きました!
★ゲンナジー・ゴロフキン
★サウル・アルバレス
この二人の試合もWOWOWで放送しますのでお楽しみ下さい!

番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ