テニス井戸端会議(2016/5/19配信)

2016/05/26

0519.jpg

今回のテーマは『テニス井戸端会議』
チョップリン西野恭之介さん、吉崎仁康さん、玉木碧さんでお送りしました!


この日は、西野さんがついにMCに!また、WOWOWテニス4大大会の実況をされている吉崎仁康さんが初登場!
実際に現地で試合を見てきているアナウンサーならではのマニアックなテニストークをしていただきました。

まずはBIG4(フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー)についてトーク。
「昔に比べ10代や20代前半の若手選手が4大大会優勝できなくなっている今、BIG4がいるからなのか。このテーマについてじっくり考えていきましょう。」と吉崎さん。
若手の選手は決して弱いわけではなく、BIG4の彼らは20代前半から強く、貫ききっているためなかなか崩すことができません。


さらに最近では、トレーニングも発展しているので選手寿命も延びています。なので、若手がBIG4を破り、今年来年4大大会優勝したらとんでもないニュースに!
実際に現地で試合を見てきている吉崎さんは、テレビと生で見るのとでは違いの差が大きいので驚いたそう。生で見る球の速さや音はテレビ越しだと半分ほどしか伝わっていないのだとか。


他にも、テニスは自然とも戦っているため、雨が降ったり風が吹いたりするだけで勝敗の流れが変わります。
2009年にウィンブルドンは屋根が付きました。その前の年、2008年ウィンブルドンのフェデラーとナダルとの決勝の際はありませんでした。しかも、照明が無く球がほとんど見えない夜遅くまで試合をして、結果ナダルが勝ちました。
「もしあの年に屋根と照明がついていたら結果は分からなかったという説があります。屋根が付くタイミングや何が試合のあやかそのドラマをぜひWOWOWでご覧ください!」と宣伝を忘れず突っ込んでいく吉崎さんw


気になる錦織選手の行方についてもトーク!
今年はクレイコートでの試合が調子よく、技の精度が上がってきているとボードを使い説明していただきました。
また、ラケットのグリップの厚さ・薄さについて実際に西野さん持参のラケットで教えていただきました。包丁を持つ感じが薄いと呼ばれています。角度をつけてラケットを持つのが厚い。
テニス好きは、グリップの厚い・薄いで一晩語れるみたいですw


最後に今回の全仏の優勝予想を西野さん吉崎さんにしていただきました。
吉崎さん
「ジョコビッチはない。今年も赤土に阻まれるのではないか。他の大会を返上してでもとりたいと思っていると思うが、プレッシャーに勝てないのではないか。錦織とマレーは入ると思う。」と予想。

西野さん
「ジョコビッチ30% マレー30% 錦織30% ナダル10% 」と予想。
大阪なおみ選手も200キロサーブを打つ選手で、まだまだこれから伸びてくると思いますと女子選手にも期待をよせました。
ここに書ききれないほど語られた今回のテニス井戸端会議。

アーカイブ化お待ちください!


WOWOWでは、5/22(日)~6/5(日) 「全仏オープンテニス2016」連日生中継!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ