アニメ「ベルセルク」を語る。(2016/6/24配信)

2016/06/24

IMG_1595_re.jpg

今回のテーマは『アニメ「ベルセルク」を語る。』
サンキュータツオさん、国井咲也さん、玉木碧さんでお送りしました!

オープニングから「最近は戦っていた」と話す国井さん。なんとその格闘相手は、スズメバチ!過去に何度も巣を除去したが、今年もまたできてしまった様子。その時の格闘エピソードを披露していただきました。

コメントでは、「業者呼んで!」と寄せられていましたが、結果「業者になった方がいい」と言われていましたw

この日は、WOWOWアニメプレミア枠第2弾『ベルセルク』について熱く濃く深くタツオさん、国井さん、玉ちゃんに語っていただきました。
今回は、特別に来場者数が1万人に到達したら『ベルセルク』7/1放送スタート記念特番を番組内で配信することに!

原作漫画と劇場版を最近見た玉ちゃん。「漫画は、美術作品みたい。1ページ1ページの見開きが細かく描写されていて、グロイけれど、綺麗。」という印象を受けたそう。「『ベルセルク』について女の子と話せる日がくると思っていなかった。凄い嬉しい!」と興奮のタツオさんと国井さん。
ボーイッシュな女キャラ、キャスカの気持ちに共感できると話す玉ちゃんから「ドレスは気持ちを女の子にさせる」と名言が!

ベルセルクは、現代の中世ヨーロッパ辺りを描いているのではないか。その中で黒い剣士と呼ばれる黒ずくめでドラゴン殺しと言われる大きな剣を持っている主人公の男が一人怪異と呼ばれているものと戦っている、というのがザックリとしたストーリー。

兵器研究家ということで国井さんから見る主人公ガッツの持つドラゴン殺しについて話していただきました。
ファンタジーで最近よく描かれるのは、自分よりも強い人が剣先の上に立つこと。剣を持っている側がそれを支えていることが不思議に感じるそう。ですが『ベルセルク』では、ガッツが振り下ろしたドラゴン殺しが地面に刺さりその剣の上にグリフィスが立つ。「これは理にかなっているから、ありえる!これ見た時はしびれたな~」と振り返る国井さん。

ベルセルクでは、全身甲冑を着けているシーンがあります。リアルに考えると甲冑を貫くには、細くて撓る武器が必要。それに合うのがフェンシングの剣。フェンシングは相手に突き刺すような動きをします。それが甲冑の隙間を狙って突くという剣術になっているのだそう。国井さんの知識に驚くスタジオ一同。

ここで、1万人到達したため記念特番を配信!

特番配信後「原作も前アニメも大人気作なので、不安な気持ちも分かる。特番内でCGに見える2Dよりも、CGだからこそできることがあるとコメントがあったので、監督にとっても大きな挑戦になっていると思う。」とタツオさん。

最後に『ベルセルク』のおすすめポイントをそれぞれ挙げてもらいました!
玉ちゃん
・術館行く人や漫画タッチの絵が苦手な人でも観られる。芸術性が高い
国井さん
・時代劇ゆえの人間の葛藤、人間ドラマの一つとして観たら、いい意味で考えさせられる
天明さん
・クリエーションしている人たちが原作をリスペクトしつつ、新しい何かを生み出す瞬間が観られるのではないか
タツオさん
・アニメにあるのは動きだけではなく音もある。ベテラン陣を配しているので、音にもこだわり抜いてくれるのではないか

と、スタジオ一同期待を寄せた『ベルセルク』は7月1日(金)よる10:30~放送スタート!
再放送は翌週金曜よる10:00~!
番組詳細はコチラ

また、劇場版「ベルセルク 黄金時代篇」を三夜連続で6/28(火)深夜0:00~放送!「黄金時代篇I 覇王の卵」は、無料放送!
TV新シリーズ始まる前に予習として、チェックしてみてください!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ