新宅さんに聞く夏の動物事件簿(2016/7/14配信)

2016/07/15

IMG_1633_re.jpg

今回のテーマは『新宅さんに聞く夏の動物事件簿』
サンキュータツオさん、新宅広二さん、池田裕子さんでお送りしました!

この日は、久々の登場の新宅さん。裕子氏のお馴染み田中邦衛を見て「ぷらすと来たな~と感じる」としみじみしていました。そんな今回は、WOWOWで『BBC EARTH シャーク~海洋の覇者~』が放送ということで、鮫の話から最近の動物事件簿など話題盛りだくさんでトークスタート!

まずは鮫の話から。事前に番組を見て勉強してきてくれたタツオさんと裕子氏。
「CGかと思った!鮫すごすぎ!」と大絶賛。ツッコミどころ満載で面白い内容ですがとても貴重な映像ばかり。
調査や研究が難しい鮫は、未だに寿命やどのように子供を作っているのか、時速何キロで泳ぐのかわからないことだらけ。取り上げられたとしてもそのほとんどがジョーズで有名な『ホホジロザメ』。
ですが、今回の『BBC EARTH』は、ホホジロザメやジンベイザメ以外にも深海や磯にいる見たことのない鮫など幅広く特集。なんと歩く鮫も登場!

ここで、本編の映像を少しだけ視聴者の皆さんにもお見せしました!
ジンベイザメの映像が流れると皆さん「CGではないか」と疑うコメントがw
裕子氏は本編を通して「ストーリ的に1番面白かったのは鮫の保育園の話。友情とかが芽生えていきそう!BLでアニメ化して欲しい」と裕子氏らしいコメント(笑)

番組後半では、鮫以外の動物についても話していただきました。
ニュースに上がっていた、タヌキの赤ちゃんがクマの赤ちゃんに間違えられた話では、「動物を知っている人なら間違うことはないと思うが、生まれたてだと似ているかも!これは、あるあるにしてもいいかも。」と新宅さん。

ここから、タヌキの話に展開し意外な生態を教えていただきました!
どこにでもいるイメージのタヌキですが、研究者がほとんどいないため生態がまだほとんどわかっていないのだそう。
東アジア限定の動物で、残飯や木の実を食べることが多く狩りをあまりしません。
イヌ科で唯一吠えない動物で、新宅さん説だと「非常に気が小さい。吠えるのはメンタルが強くないとできない。」のだとか。

すると、タヌキの気持ちをだーりおちゃん風にモノマネを始めるタツオさん(笑)

胴長短足のフォルムですが、木を登ることがあるそう。
新宅さんが知り合いの猟師に聞いた話だと「猟犬に睨まれると登ることがある。でも、必ずガタガタ震えてそこで、失禁してしまう」というビビりな一面があるとのこと。

他にもオラウータンはヒト科に入るという分類の話の流れで、「言葉にも通ずるものがある」というタツオさん。
言語学だと『国語学』と『日本語学』に現実に定義されていて、『日本語学』は今現在の日本人が使っている言語に関する研究をさします。『国語学』は、古文から現在に至るまでの縦軸の時間の研究。
例えば「大きな」という言葉。巨木を表現する時、『大きな木』、『大きい木』と表現できます。『大きい』は『大きく』と活用できるが、『大きな』は活用がないので、形容詞ではありません。これは私たちが学校文法で教わった品詞だと連体詞に含まれるそう。

これは、新宅さんでいうオラウータンがヒト科でいいのか、というのと同じで国語学的に言えば、形容詞あるいは形容動詞になる。だが、現在的に切り取ってしまうと、連体詞に入ると説明してくださったタツオさん。
話を聞き進めると、動物学と言語学が似ているということが分かり、いつもの動物回よりも深く濃い回になりました。

WOWOWでは、7月16日(土)午後1時30分から「BBC EARTH シャーク~海洋の覇者~」を放送!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ