アニメ井戸端会議(2016/11/10配信)

2016/11/11

IMG_2014_re.jpg

今回のテーマは『アニメ井戸端会議』
サンキュータツオさん、国井咲也さん、藤津亮太さん、池田裕子さんでお送りしました!


今まで何度もアニメについて語ってきたぷらすとですが、ついに井戸端会議へとレベルアップ!今回は2016年アニメを振り返りつつ、アニメ制作事情、アニメ映画についてトークしました。

まずは、11/23(水・祝)よる8:00~WOWOWで放送の『黒執事』について話していきました。今回は、ミュージカルも放送されるということで、「2.5次元ミュージカルは、ここ最近の流れで、いいコンテンツですよ!」とタツオさん。
黒執事が放送されていた2008年頃より少し前に、男性向けにメイドが流行っていました。
「それまで女性向けが少なかったですけど、凄くカッコイイ人が黒のスーツを着て"あくま(悪魔)で 執事ですから"と言うのを観て、これが女子ドリームなのね!!勉強になりました。」と観た時の印象を話す国井さん。
藤津さんも「1期~3期までアニメ化されていますが、1期2期のアニメに火がつくほど面白く作られていました。3期からは、原作のエピソードをしっかり取り入れるようになったため、理想的な展開のシリーズになっている。これはもう1,2回アニメ化あるなという気がする。」と絶賛。
タツオさん的にはTBSの深夜の印象が強いみたいで、若干ダークなネタが含まれていますが、その辺はキー局のMBSが面白かったり、必然あったら割と踏み込んで放送してくれるのだとか。

ここで今年WOWOWで放送した作品一覧を振り返り。
皆さん放送している作品はとても良いと褒めてくれましたが、放送数が少ないかな、来年は期待しています!とコメントをもらいました。
タツオさんは「WOWOWのアニメ構成、俺するよ!」とアピールしていました(笑)

番組中盤からは、それぞれ話したいアニメ界のトピックスを挙げていただき語っていきました。
裕子氏
・クラウドファンディング
・アニメ映画ヒット
・声優世代交代

国井さん
・ドル高が止まらない(アイドル)
・時間のテキスト化(タイムリープもの)
・ウェークエンド放送ふえた?

藤津さん
・2016年クライシス?
・アニメ映画ヒット
・まさかのテレ朝
・「この世界の片隅に」

タツオさん
・にゃんぼー!
・アニメ映画ヒット
・スポーツものアニメやべぇ!
・櫻井孝宏(今年のベスト櫻井:ジョーカーゲーム)
・次の久保ミツロウ問題

藤津さんが挙げた2016年クライシス。(2016/10月の新アニメ60本以上)
これは10月に入りアニメ番組2本飛んだことで、制作会社が限界にきているのではないかという話が出てきているみたいです。
アニメ制作は、受注作業なのでオリジナルではない場合は、上から来た物を作業します。

年々アニメのクオリティは上がっていて、10年前で今のクオリティアニメはほとんど無く、5年前で1クールに1本あればいいか程度でした。
ハイクオリティ物が多い中、クリエイターは増えていません。なので、現場はすごく大変なことになっているそうです。
これだけ数があるアニメの中で勝つには、クオリティを上げるのが一番だけれど、
予算も期間も同じ、あるいはもっとタイトな状況。
そうなると一人が仕上げなければいけない作業が増えるが、それに対して対価は支払われません。これは、どの制作会社も抱えていること。
これを改善するには、「スケジュールを良くすることがまず大事。そうすれば、作業の効率が良くなると思う。」と話す藤津さん。

この他にも『ユーリ!!! on ICE』と『ハイキュー』のスポーツアニメの話題でスタジオ一同、コメントでも大盛り上がりしました!
第2回目のアニメ井戸端会議にも期待が寄せられました。

WOWOWでは、11/23(水・祝)よる8:00~黒執事特集として、ミュージカルとアニメ3期をオールナイトで一挙放送!
番組詳細はこちら

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ