新宅さんに聞け!動物VS人間編(2016/12/15配信)

2016/12/16

IMG_2117_re.jpg

今回のテーマは『新宅さんに聞け!動物VS人間編』
立川吉笑さん、新宅広二さん、玉木碧さんでお送りしました!

この日は久々に新宅さんが登場!最近の動物問題や狩猟の話など今回も動物の知られざる生態について教えていただきました。

まずは今回WOWOWで放送の『ノンストップ・スリラー「暴走地区―ZOO―」シーズン2』についてトーク。
「ノンストップ・スリラー」と言われていますが新宅さん的にはSFだと思っているそうで難しい単語がたくさん出てきます。普段ナレーションの多いドキュメンタリーの監修をされることが多い新宅さんですが、今回はドラマの吹き替えということで、専門用語を短く分かりやすくする日本語の監修をされたのだそう。
元々のオリジナル原作の科学監修のレベルが高く、起きる現象、用語などはノーベル賞級の話のエッセンスが少し加えてあるとのこと。「動物パニック物なので、ワーキャー言いながら見るのもいいがそこそこ用語を知っているとオォ!と思うことがあったり、動物の怖さを知っているとより楽しく見ることができる」と新宅さん。

ここからは動物の怖さについても話していただきました。
動物に襲われなくなったのは最近の話で、今でも完全になくなったわけではありません。
これは眠りに関係しているそうで、動物は夜に襲ってくることが多く人間は寝首を掻かれないよう警戒していたためゆっくり眠ることができませんでした。
ですが、番犬を飼うようになってからは寝首を掻かれることがなくなり、ゆっくり寝る事が出来るようになったという歴史があるのだそう。

口を縦に開くと強く優位で威嚇を表します。 逆に横に開くと劣位で怯え、降参を表します。これは動物全部に共通している事なのだとか。
犬の何倍も嗅覚のいい熊は、20キロ先の血の匂いをかぎ分けられるほどで、北海道の熊と北海道以外の熊は全く違い、新宅さんによると「北海道のヒグマは地上最強と言ってもいいのではないか」とのこと。

本州にいるツキノワグマは、昔から鈴をつけたりラジオつけたりしていれば寄ってこないと言われていましたが今年秋田で4人食べられてしまったそう。
最近では、登山ブームでお菓子やお弁当の食べ残しが増え、ツキノワグマが味を覚え始めていて人間のいる場所には美味しいものがあると覚えているから鈴やラジオなどは効かなくなってきていると仮説が立てられているようです。

この他にもイノシシやキリン、鹿の怖さについても話していただき、番組後半では、狩猟について教えていただきました。
狩猟免許には3種類に分かれます。鉄砲、罠、網それぞれ免許が必要になります。
鉄砲は、空気銃と火薬を使う銃と2種類ありますが新宅さんは全免許を持っているのだとか。
ですが、あまり狩猟に行かないためみんなに『シティハンター』と呼ばれているみたいで、これにはスタジオ一同爆笑w

さらに今回マサイ族の人にもらった武器を持ってきてくれました!
木の根っこで出来ていて日本でいう木刀に似ています。
これで、ライオンの頭を叩いて倒したら大人になれるという儀式的なものがあるようです。

ここまでを振り返り「動物の怖さを知って改めてZOOを見て欲しい!!」と語られました。

WOWOWでは、12/29(木)よる10:00から『ノンストップ・スリラー「暴走地区-ZOO-」シーズン2』を、1/2(月・休)まで全13話一挙放送! 
さらに12/27(火)深夜0:00からは前シーズンを一挙放送!
いずれも第1話は無料放送ですので是非チェックしてみてください!
番組詳細はこちら

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ