攻殻機動隊を語る。(2017/3/2配信)

2017/03/03

IMG_2256_re.jpg

今回のテーマは『攻殻機動隊を語る。』
サンキュータツオさん、藤津亮太さん、池田裕子さんでお送りしました!

この日のぷらすとは、攻殻機動隊の魅力や各シリーズの監督、好きな登場キャラクターについて語っていきました。

大学に入ってから『攻殻機動隊』を見た裕子氏。なんでも通っていた大学ではアニメや漫画が好きな人が多かったため『攻殻機動隊』は既に一般教養だったらしく、
「そういえば見ていない!」と思い焦ったことがキッカケだったとのこと。
『攻殻機動隊』はシリーズで分かれていて、
押井守監督作・・劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL』
神山健二監督・・TVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(S.A.C.)』『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(S.A.C. SSS)』
黄瀬和哉監督・・劇場版アニメ『攻殻機動隊 ARISE』
各監督が原作からエッセンスを貰い作られ、ファンの好みのシリーズも分かれています。

そもそも『攻殻機動隊』とはざっくり説明すると、公安9課と言われている特殊部隊の人たちが悪い人たちをやっつける内容。アクションやミリタリー描写が凄いカッコイイが若干水戸黄門のような感じがあるのだそう。
公権力の中にある組織、独立部隊が悪い事している人たちを倒すというのが基本的に同じで、その敵がテロリストやハッカーだったりするところが現代的。
「原作の漫画が出た1990年代前後では先進的だったが時代追いついて、逆にリアルな話になっていった。インターネットよりも前に作られている」と藤津さん。
作者の士郎正宗さんは四半世紀前に「これから戦争はもう戦争と呼ばれていない、テロと呼ばれているんだ。イスラム勢力が世界のキーになる。」と予言をしていてそこも面白いとのこと。
第1作目を制作した押井守監督。
とある作企画を持ってバンダイヴィジュアルの人と「自分はこれをやりたい」「私はあなたにこれをやって欲しい」と企画会議が行われその時相手側が『攻殻機動隊』を用意していた様子。この時すでに『機動警察パトレイバー』でコンピューター犯罪を描いていたので相性はよかったそうです。むしろ相性が良すぎて押井監督の世界に『攻殻機動隊』が持って行かれ、原作とはまた少し違う雰囲気の作品に出来上がりました。

その後2作目を神山健二監督が制作。
TVアニメシリーズなので、毎回事件を起こし解決するということがあるため積極的にコミットする点では押井監督の時よりも年齢ではなく、
マインド面を少し若く設定を改めて考え直したそう。
徐々に人気も上がり原作だけではなく映像面でも世界的に影響を与えました。

黄瀬和哉監督の手掛けた『攻殻機動隊 ARISE』は、公安9課にメンバーがそろうまでのお話。劇場で4本上映し、新劇場版と合わせて5作品あります。
トップに黄瀬監督がいますが、その下に実務の監督がいて計5人の監督で制作されています。なので作品によって色合いが違い、『攻殻機動隊』の可能性を追求しているという意味では、ARISEが1番冒険しているとのこと。

このシリーズの中で裕子氏が好きなのは神山監督版。
初めて『攻殻機動隊』シリーズの中で初めて見たため思い入れ深く、正直ARISEを見た時「自分の知っている素子に繋がらない」と思ったそう。
だから自分のような人にARISEの面白さを教えてほしいと話していました。
また、ハリウッドで『ゴースト・イン・ザ・シェル』が実写映画化!!
内容はまだ詳しく発表されてはいませんが、劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL』意外の要素も含まれているとか、いないとか・・・。
公式サイトはコチラ

『攻殻機動隊』を知らない人は実写から見るのか、アニメを見てから見に行くのか問題が勃発(笑)
『攻殻機動隊』初心者の天明さんは3人があのシーンがどうのこうの話している姿を見て自分も同じように分かち合いながら見たいと話しつつも、
タツオさんに「ハリウッド版を見てから押井監督版を見てどう思ったのか知りたい。誰も経験していないから人体実験をしてほしい」と言われていました(笑)

最後に自分がプロデューサーだとしたら次のシリーズはどういった内容のものにしたいか妄想トーク!
藤津さん・・原作2の『攻殻機動隊2 MANMACHINE INTERFACE CONTROL PREFERENCES』が本格的なSFになっているのであれをエンタメでやり直すのはあり!
また、押井監督の『ガルム・ウォーズ』のブルーレイ特典に『G2.5』という作品が入っているが、これはフル3DCGで攻殻をやる準備をしていた時のパイロトフィルム。
押井監督はそこまで考えていたが結局うまくいかなかったそう。
この話にはスタジオ・視聴者一同驚き「知らない人が多くてよかったw」と藤津さんはホットしていました(笑)

裕子氏・・新卒で社会人になったばかりの頃の青臭い20代の荒巻がみたい!
そこから話しが発展し、荒巻の食事シーンが見たい!卵かけごはん、天そばなど妄想が掻き立てられる中、コメントでは「立ち食いそば」が多数寄せられていました! 

WOWOWでは、3/31(金)よる11:00~【「攻殻機動隊ARISE・新劇場版シリーズ」オールナイト】と題し、「攻殻機動隊」の新作アニメシリーズとアニメ映画最新作全6作品を放送!総監督に黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本に冲方丁を迎え、メインキャストも一新。攻殻機動隊創設の物語を描く!
番組詳細はコチラ

さらに3/4(土)午前11:00~『WOWOWぷらすと 春の深掘り10時間生!』を配信!
アニメ・声優・三国志・2.5次元・ビジュアル系と5本立て!豪華ゲストが続々登場!
アニメブロックでは、なんとタツオさんが神山健治監督にインタビューされた映像もお届け!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ