若山富三郎を語る。(2017/3/23配信)

2017/03/24

IMG_2310_re.jpg

今回のテーマは『若山富三郎を語る。』
サンキュータツオさん、春日太一さん、早織さんでお送りしました!

この日のぷらすと春日さんが久々の登場!スタジオに来る際迷子になった話から、遭難について話が発展し遭難した時の対処法から、
タツオさんの極度の方向音痴話で盛り上がった雰囲気の中さっそく若山富三郎について無双トークスタート!

今回WOWOWで放送される『子連れ狼』シリーズ。
1作目を見られた早織さんは「スプラッターが凄い!」という印象を受け、血を見せたり、性描写を抑えたりしている今の邦画と比べると豪胆さがかっこよかったとのこと。
これは世界の映画史全体を通しても『子連れ狼』シリーズ第2作目はぐちゃぐちゃで何をしているのか分からないほどのスプラッター描写があるそう。

若山さんの面白い所はルックスがどんどん変わってくる所。「ルックスの変化で演技も大きく変わってくる」と春日さん。今でもスターと呼ばれる役者は一つのイメージが付いたらその前後の芝居は大きく変わっていきません。
ですが若山さんは、オールラウンドプレイヤーであり、全ての役柄・ポジション・芝居はどれも最高レベルのクオリティで魅せてきました。「本当の天才は若山富三郎さん!ありとあらゆる役を全部演じ切るのは凄い!」と春日さん。若山さんは面白おじさんという印象になりがちで役者として凄かった事は語られにくくなっている様子。

主役・脇役・悪役を全て演じており、悪役一つとっても、ラスボスだったり小物、知的・ニヒル・凶暴..と色んな種類の悪役を演じてきました。普通脇役がハマる人だとヒーローはできず、ヒーローをやりながら悪役もできません。
また、運動神経抜群のため殺陣の立ち回りがとても素晴らしく、刀、小太刀、槍、薙刀、バク転・バク宙など全てできます。千葉真一さんがそれに惚れ込み弟子入りするほどでした。

番組中盤では、弟・勝新太郎と対比をしつつどのように頂点を目指したのか語っていきました。
兄弟それぞれ個性的で、お互い完璧主義ではありますが、完璧の意味が全く違いました。
1~10を完璧にこなす兄・若山富三郎。
一方で弟・勝新太郎は、基礎をクリアしたうえで1~10をオリジナルで作ってしまう。これは子供の頃からそうで、積木を完璧に組み立てるのが好きな兄と出来上がった物を壊すのが好きだった弟。昔から兄弟の仲はすごく良かったみたいです。

役者になるきっかけになったのがジェームズ・ディーン。彼に会ったことにより「若者でも役者になれるんだ!」と思い、勝さんは大映へ、若山さんは新東宝に入りました。
当たり役として『人形佐七捕物帖』に出演するも、新東宝は1958年に倒産。若山さんも世間一般には名前が届かず知る人ぞ知るスターという程度でした。それから名前が徐々に知られていくようになったのは、1959年に東映に移籍してからのこと。この頃の東映は時代劇黄金時代で年間100本映画が作られスターの数も必要になり、一気主戦力に!ですが、1962年には作品を作りすぎてお客さんが入らなくなってしまい、本数を減らし若手に切り替えるということでクビになってしまいました。
そこで声を掛けてきたのが『悪名シリーズ』でトップスターになりかけてきた弟・勝新太郎。
今までスターとして積み上げたものを一度壊さなければならなくなり、"若山富三郎"という名前を捨て、"城健三朗"と改名。よそから来た役者をスターにすることがない大映では脇役や悪役として扱われ、それを気にした勝さんは自分の大きい楽屋を兄に使わせようとすることも。この時の事を経験していなければ様々な芝居の地平線にたどり着けなかったであろうと語られました。

後半では『子連れ狼』シリーズについてトーク。
元々原作を読んでいた若山さんは「主人公は俺しかいない!どうしてもやりたい」と思い、原作者の小池一夫さんの事務所へ乗り込みます。イメージとは違っていたため渋った小池さんに俺は動けるというのを見せるため、ベランダで技を披露。その熱意に心打たれ小池さんもOKをだしました。
実はこの時小池さんは弟・勝新太郎にテレビ版のオファーをしていたそう。出演を決めていた勝さんに「やらせて欲しい」と頼む若山さんに「やりたいならやりなよ、俺はプロデューサーに回るから」と言ってもらえたのだとか。そして大ヒットしたこの映画の中で自分の技量をすべて入れ込み、「中でも6作目の雪山の決闘でのアクションは凄まじいので是非見てほしい」と春日さん。

最後に「役者の人生の起点を逃さなく、自分で花を咲かせていった人。話を聞いて痺れました。普通何でもできないですよ!」と自分も演じる側だから本当にすごいと感じた早織さん。
タツオさんも「色んなコンプレックスを感じる瞬間はたくさんあったと思う。でも若山さんは演じるということに対し前向きに生きていけた」と振り返りました。

WOWOWでは、4/2(日)よる11:00~幼い息子、大五郎を乳母車に乗せて旅する無敵の浪人、拝一刀が活躍する痛快時代劇シリーズ『子連れ狼』を全6作一挙放送!!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ