アニメ井戸端会議(2017/5/2配信)

2017/05/08

IMG_2371_re.jpg

今回のテーマは『アニメ井戸端会議』
サンキュータツオさん、国井咲也さん、藤津亮太さんでお送りしました!

しばらくガールズに会っていないと嘆くタツオさんをMCにGW真っ只中お馴染みメンバーでアニメ井戸端会議開催!

以前の配信の際アニメ『攻殻機動隊』を見たことのない人が『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見るとどう思うのか実験をしようという話になったため、攻殻を見たことのない天明さんが『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見に行かれたそう。
「話はシンプルでわかりやすくしているのだと思うが、実写した意味はあるのかなと思った。世界観が好きな人はたまんないと思う映画だが、芝居が追い付いていなかったのかも。スカーレット・ヨハンソン以外の人だとまた違ったのかな」と天明さん。

タツオさんは「ハリウッドでやる意味はあります!世界中で"攻殻機動隊"を知らない人が多すぎる。劇場版で知ってから原作を見る人もいたりする。そういう意味ではハリウッドでやったと金看板が付けばこれで知る人が増えていくと思う!」と語られました。

藤津さんは「優等生的。でも問題なのは押井版とオチを変えていること。難しい所なんですけどね。言っちゃうと押井さんの方が頭良い終わり方をしているが今回のような終わりにしてあるのはたぶん、続編を見据えて作られているのだと思う。野菜炒め定食のようだ」とのこと。

他にも"音楽の使い方やアニメ版を知らない人でもぜひ見て欲しい"と語られました。

それぞれ話したい事では映画『BLAME!』が公開されるということで、語っていきました。
原作がとても有名な作品で、映像化不可能だと言われていましたが今回劇場化されることに。ポリゴン・ピクチュアズが手掛けましたが、この会社のすごい所はSF作品を作って、Netflixが日本に導入される前からアニメ『シドニアの騎士』をNetflixに売っていました。自分たちで海外とのパイプを活かし、作って売るということをされている会社。セルルックで作られており、激しい銃撃戦が面白いとの事。
5月20日から公開ですのでぜひチェックしてみて下さい!
オフィシャルサイトはコチラ

国井さんが話したいアニメは『進撃の巨人』Season2。
"テレビシリーズでこのクオリティはすごい!"と話す国井さんはやはり立体機動装置が見どころの様子。リアルとファンタジーの詰め方が良いとのこと。
国井さんが兵長だとするとどのような戦法でいくのか聞いたところ、リアルすぎてスタジオ一同爆笑w
原作がどのように終わるのか、またアニメもどう終わるのか原作と同じようになるのかが注目ポイントだそう。

さらに『ID-0』『正解するカド』についてもトーク。
両方ともSFで『ID-0』マインドトランスシステムといい18m級のロボットに心を丸ごとインストールができる。戻すこともできる。キャラクターは全て3DCG。
『正解するカド』のメインキャラクターは3DCG。
動きについては監督が2Dを手掛けていた方なのでそこまでキャラを動かしていません。
作画だとこれくらい動くというのが分かるようにイメージを伝えるため制作の際ラフを渡していたそう。

最後は3DCGの話からアニメーターに話が展開し、次回のアニメ井戸端会議ではそれぞれのアニメ視聴環境についてトコトン語りたいと盛り上がり終了しました!

番組詳細はこちら

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ