2.5次元を教えて!(2017/5/23配信)

2017/05/24

IMG_2396_re.jpg

今回のテーマは『2.5次元を教えて!』
西寺郷太さん、おーちようこさん、池田裕子さんでお送りしました!

この日のぷらすとは、3月の10時間無料放送で配信した『2.5次元入門』のゲストでお越し頂いたおーちようこさんが登場!前回の入門編よりも2.5次元について詳しく教えていただきました!

まずは、2.5次元とは何かをトーク。
2.5次元を定義すると「2次元の作品世界をそのまま3次元の舞台へと翻訳した新たな舞台のジャンルであり、日本の文化である。オリジナルの演出法、オリジナルの表現方法を模索し続けていると感じる」とおーちさん。
前回出演された時に話に挙がった宝塚の『ベルサイユのばら』。これが最初ではないかと話があるものの、宝塚の方法論で『ベルサイユのばら』をやっているためこれは2.5次元には入らない。

また『ONE PIECE』を歌舞伎で演じたものも歌舞伎の手法でやったため演目は2.5次元であったとしても歌舞伎になると思っているとのこと。
コメントで「弱虫ペダルのハンドルは衝撃を受けた」「ペダステはおおぉ~!てなった」などが挙がり、舞台『弱虫ペダル』の演出は他の作品とは少し違っているそう。
『弱虫ペダル』とは自転車レースの話になっていて、これを舞台上でやるとなると本物の自転車ではできません。そこで用いられた演出が、ハンドルを持ち足踏みをして効果音などを取り入れ自転車で走っているようにする。
作品によって演出家のカラーが出て、必ずしも答え合わせがあるわけでもなく、カッコイイ俳優をただキャラクターの格好にしているわけでもありません。
この作品に関しては、原作⇒アニメ⇒舞台ではなく、原作⇒舞台⇒アニメの順だったため、出演される俳優の方々は各キャラクターがどのような口調で、どのように発音して話すのか分からないためキャラ作りが大変だった様子。

番組中盤ではおーちさんが配信前日まで行かれていた中国で公演があったミュージカル『刀剣乱舞』について語って頂きました。
今年の1月に上海に2.5次元専用劇場が出来ました。今回の公演はそこであると思いきや、
なんと香港からフェリーで行く珠海という経済特区。日本から行くファンはどのようにそこまで行けばいいのか分からない状況に陥ったそう。
ですが、香港在住の旅行代理店の方が実際に珠海まで行き、その道中の様子、どのバスに乗ればいいか、ここで何を買っておけばいいのかなどをツイッターに更新されていたためすごく助かったのだとか。

おーちさんが中国在住の日本人の方になぜ今回の公演を見ようと思ったのか、どのように知ったのか聞いてみた所「日本公演の千秋楽がライブビューイングでアジアの映画館で上映されたのを見て、生で見たいと思ったから。中国の人は日本のサブカルチャーが大好きで、今日本では何が流行っているのかニュースで見た時に"刀剣乱舞"の事が話題に挙がっていた。」とのこと。またアプリゲームで『刀剣乱舞ポケット』がリリースされたので、ゲームをする事ができ、知っている人が多いのだそう。

他にもミュージカル音楽についておーちさんから郷太さんに聞いてみたい事や"日本2.5次元ミュージカル協会"というものが設立され、世界の人たちにも見てもらえるように海外からでもチケットを購入できるようになった話など内容盛りだくさんでお送りしました!

WOWOWでは、ミュージカル『テニスの王子様』2nd、3rdシーズンを5/26(金)よる7:15~放送!さらに、7月には『コンサート Dream Live 2016』も放送!!
番組詳細はこちら

さらに、現在人気急上昇中の2.5次元舞台・ミュージカルで活躍する、若手俳優たちの魅力を毎月あらゆる角度からお届けする『2.5次元男子推しTV #3』を5/26(金)よる9:30~放送!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ