NBA井戸端会議(2017/8/24配信)

2017/08/25

IMG_2537_re.jpg

今回のテーマは『NBA井戸端会議』
サンキュータツオさん、中原雄さん、岩崎太整さんでお送りしました!

この日のぷらすとは3月ぶりにフルメンバーが集合!!"全員揃った!"と嬉しそうなコメントが多数寄せられました!また『NBA×黒子のバスケ』コラボTシャツやスマホケースなどNBAグッズを購入されたタツオさん。井戸端会議でもリアルイベントを開いて"シャック対策委員会"のTシャツを売るのはどうだと話しつつ早速スタート!

前回の井戸端会議から一ヵ月の間にクリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングとボストン・セルティックスのアイザイア・トーマス、ジェイ・クロウダー、アンテ・ジジッチ、ドラフト1巡目指名権をトレードとデカいニュースがありました。
「まずは、今回のクリーブランドとセルティックスのトレード自体が有か無しか問いましょう」ということでニコ生視聴者の皆さんにアンケートを取りました。
結果は以下のように!
◎あり・・・64.7%
◎なし・・・35.3%
太整さん、中原さんは口を揃えて「キャブスは得している!クロウダーがいるのがデカく、アイザイアは使い方が難しいと思う」と話されました。
カイリーが成功すれば"さすが!"となるが、あまり良くなければめちゃくちゃ叩かれる可能性もありえるとのこと。

また、アイザイア・トーマスが今年セルティックスに残ったとしたらフランチャイズ・プレイヤーではないが同等の扱いをされる雰囲気があったため、
マックス契約にしなければならなかったが「彼は身長が小さく、小柄な選手の方が怪我することが多いのでマックス契約をするのはちょっと怖いなという気持ちは分からないでもない」と太整さん。中原さんによると見た目よりも裏の出ていないディールが細かいのだとか。
「トッププレイヤーがここ数年トレードや移籍が多くて酷い。でもそれはどのチームもVSゴールデンステート・ウォリアーズが霞んでいるから。クリーブランドが何かをしなければならないと思うということは、昨年のファイナルで何かしらしなければと感じたからなのでは」とタツオさん。
他にもトレード後各選手が活躍できるのか、使い方がどうなるのか語られました。

ここからはメインで話そうとしていた≪心に残る考えさせられた監督≫について語っていきました。
太整さん
◎バイロン・スコット
⇒この人を通してコーチとは何ぞやと考えさせられる。
◎ジェイソン・キッド
⇒今はまだ過小評価されているが、のちにすごい監督になると思う!
中原さん
◎チャック・デイリー
⇒元々高校の先生をしていて、バスケの経験なし。ロッドマンがいうことを聞いていた。
◎ドン・ネルソン
⇒10年先のバスケをしていると言われていた監督で、今考えると変わった人だった。
◎ジョージ・カール
⇒めちゃくちゃ暴れん坊!よーく顔を見てみると傷が多い。
タツオさん
◎グレッグ・ポポヴィッチ
⇒スター選手に頼らない。そのイズムが最近NBAを席巻してきている。
◎フィル・ジャクソン
⇒未だに影響力がある人。
◎レニー・ウィルケンズ
⇒ウィルケンズがどう頑張ってもシカゴ・ブルズには勝てなかった。名将だったのか?

最後に来月の自分に問いかけたい事を挙げて終わりました!
中原さん・・レブロンどうよ?
タツオさん・・ニックス、メロどうなった?

NBA into the Action》WOWOWオンデマンド配信中!
「シーズンMVP受賞!!ウェストブルック」
「決戦!NBAファイナルGame5の舞台裏」
「"ウォリアーズの大黒柱" ステフィン・カリー編」ほか
ぜひチェックしてみてください!

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ