林原めぐみを語る。(2017/9/7配信)

2017/09/08

IMG_2552_re.jpg

今回のテーマは『林原めぐみを語る。』
サンキュータツオさん、中西豪さん(キングレコード)、池田裕子さんでお送りしました!

この日のぷらすとは、キングレコードでアニメ番組・映画の企画やプロデュースをされている中西豪さんをゲストに迎え、入門編として林原めぐみさんについて語って頂きました。

まずは、中西さんと林原さんの出会いから今回WOWOWで放送される1st LIVEについて語って語っていきました。「もう20年ほど一緒に仕事している」と話す中西さんが初めて林原さんを生で見たのが『スレイヤーズ』のCDROMの収録現場。本物を見られることが出来てすごく嬉しかった、その後『ラブひな』でがっつり一緒に仕事をするようになったと当時の出会いを振り返りました。アニメにも当たり外れはあるなかこれまで『蒼穹のファフナー』『惡の華』『K RETURN OF KINGS』など様々なアニメを手掛けてこられた中西さんは「皆がびっくりするようなものを作りたい、オリジナル作品を作りたい、チャレンジしたい!」という気持ちが人一倍強いため逆張りしてしまうギャンブラーなのだそう。

そして今回の1st LIVEに関してはどう説得したかは覚えていないが林原さんのラジオの現場で話した覚えがあると中西さん。「彼女は役者なので声優として前に出て歌を歌う事が本業ではなく、役者としてキャラクターに命を吹き込むのが仕事。だから歌を歌うのは自分のラジオの公開録音というスタンスでやってきていたが、林原さんにしか歌えない歌を聞きたいファンの前で歌う事でまた1つ道を作るのも役割なのではないかという気持ちがあった」とのこと。
0から一緒にライブを作り上げたので最初は林原さんにセトリどうするか話した際「セトリって何?」という段階からのスタート。林原さんは一度全部話を自分の中に入れて考えて出す方のため、打ち合わせをした際"あれやりたい、これやりたい"とたくさんアイデアを出されたのだそう。これで本人の気持ちに着火できたので、その後は楽しく内容を進めることができた様子。

今回のライブのタイトル『林原めぐみ1st LIVE -あなたに会いに来て-』は、林原さん発信で決まったタイトル。"林原めぐみに会いに来た時、来てくれた人は何を持って帰るのだろう"と考えた林原さんは、「ファンの人たちは私が歌っている歌を聞くと言うよりは、このアニメ見ていたな、この曲懐かしいなと思った時、私に会っているのではなく、その時の自分の思い出に出会っている。だからそういうのに会いに来てほしい」という思いを込めてつけられたのだそう。

「昔、林原さんに怒られたことがありそれが原点」と話す中西さんが25歳の頃まだ駆け出しのディレクターでとある作品に関わった時にA案とB案を提案されバランスを取るため丁度ど真ん中を選んでしまった事で原作者も監督も怒ってしまったそう。
その事を林原さんが知り「拳を温めないで上がるボクサーは、ボコボコにやられるだけだから、拳を温めてからリングに上がれ」とのお言葉をいただいたのだとか。
そこからやりたい事は言っていこうと心に決めたそうです。
この林原さんの言葉にスタジオ、視聴者一同"男気がすごい!"と大盛り上がり!昔から印象が変わらず "熱量の高い太陽"みたいな方らしく、下手に近づくと焼き殺されると話されました(笑) ちなみに中西さんと林原さんの対戦成績は中西さんの全敗なのだとかw

最後に中西さんはアニメのプロデューサーとして林原さんにやってもらう意義のあるキャラクターを提案していくのが1つと定期的にアルバムも出していきたいと考えているそう。「本人と一緒に考えて作っていきたい。でも林原さんがやってくれるのかはわからないですけど」と今後やっていきたいこと今考えていることを語って頂きました。

WOWOWでは、声優アーティストの先駆けとして、輝き続ける林原めぐみの一夜限りの奇跡のファーストワンマンライブ『林原めぐみ 1st LIVE -あなたに会いに来て-』を
9/9(土)よる10:00~放送!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

ぷらすと名作アーカイブ!アーカイブで一気に視聴!深堀トーキングプログラム「ぷらすと」の過去配信動画!

WOWOW動画 メールマガジン

新規ご加入はこちら

▲ページTOPへ