押井守を語る。(2018/3/22配信)

2018/03/23

IMG_3285_re.jpg

今回のテーマは『押井守を語る。』
サンキュータツオさん、国井咲也さん、藤津亮太さん、Licaxxxさんでお送りしました!

この日のぷらすとは、3年振りの押井守回!!これまでSF回などにも出演されたLicaxxxさんは押井監督が大好きということで、今回も思う存分語って頂きました!

Licaxxxさんのファースト押井作品は神山版アニメ『攻殻機動隊』から入り、押井監督を知ったのだそう。
そこから『機動警察パトレイバー』アニメ版・劇場版を両方見て劇場版の方がグッと来たのだとか。「私が生まれたような時代に作られた作品なのに今よりも先の未来が描かれている時代性があるようでないような感じが凄い。」とのこと。
SF好きのLicaxxxさんにとっては避けて通れない監督だった様子。
この話を受けて「押井さんを語る20代いいですね~!ついにこの時が来ましたね!!」と嬉しそうに話すタツオさん。

≪この押井守がスゴイ≫
★Licaxxxさん・・・『機動警察パトレイバー 2 the Movie』の荒川の「虚構の平和を守るために...」と言っているセリフが刺さる。

★国井さん・・・『イノセンス』でバトーが30口径の銃を撃っているが残弾が少なくなった際、フルオートではなくセミに変わった事が理にかなっている!!

★藤津さん・・・『トーキング・ヘッド』議論でやりそうなことをお話でやっていて、楽しめる作品。

≪押井守このシーンが凄い≫
★Licaxxxさん・・・『イノセンス』の俯瞰シーンや街を見上げるシーンの際の背景が好き。

★国井さん・・・『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』の銃撃戦シーンでワークスペースを使って、チャンバーチェックをしている!細かい!!

★藤津さん・・・『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の街を引いていくと亀の上に乗っているカット。音楽も合体していくし、良いシーン!

≪今後押井さんのどのような作品が見たいか≫
現時点で決まっている新作は、『キマイラ』のアニメ映画化と実写映画の学園ファンタジーもの。
そして、
・時代劇
・スパイもの
・喋っているスポーツもの。(押井監督なりのウンチク入り)
・山本直樹さん原作の『レッド』
など多数挙がりました。

この他にも、立ち食い蕎麦の話やタツノコ四天王、海外のSFが好きだったり、実写映画を制作している人に影響を与えているのではないか、など尽きることのないほど押井監督話を繰り広げました。

WOWOWでは、アニメでも実写でも、誰にもまねできない独自の作品世界を築く国際派の鬼才クリエイター、押井守を特集!SFファンタジー「ガルム・ウォーズ」をはじめ、全7本を3/24(土)よる10:00~放送!
番組詳細はコチラ

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2016年3月

2015年

2015年3月
2015年6月
2015年7月

ブログを購読する ブログを購読する

WOWOWぷらすと 公式Twitter

WOWOWぷらすと 公式Facebook

ぷらすと 公式Instagram

WOWOWは初月料金なしでお得!ご加入はこちら

▲ページTOPへ