WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/03/08 up

のび太が海を作っちゃう話も! 海が舞台の『映画ドラえもん』

「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983

3月3日公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』は広大な海を舞台にした物語! そこで今回は海に着目。『映画ドラえもん』で印象的に描かれた海について取り上げていきます!



まずはタイトルに"海"の文字が入ったドラえもん映画を見ていきましょう。
『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』('83)は、夏休みに海底にキャンプに行く物語。ダイオウイカをはるかに超える巨大なオバケイカ、移動する幽霊船など海にまつわる伝説を差しはさみながら、バミューダ海域の魔の三角地帯で活動を再開した鬼岩城を停止させるため、ドラえもんたちが奮闘します。

detail_180308_photo02.jpg「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983

『映画ドラえもん のび太の南海大冒険』('98)は、宝探しごっこで遊んでいたみんなが、時空間の乱れで17世紀のカリブ海にタイムスリップ! 本物の海賊同士の闘いに巻き込まれ、のび太とはなればなれになってしまいます。最新作『のび太の宝島』と共通する海洋冒険アクションものということで、『のび太の宝島』と一緒に見比べてみても楽しめるかもしれません。

detail_180308_photo11.jpg「映画ドラえもん のび太の南海大冒険」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1998

『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』('10)は、ダイビングを楽しみたいのび太がひみつ道具を使ったことで、海の底から来た人魚族と出会います。ところがしずかちゃんが人魚族のお姫様と間違えられ、敵対する怪魚族に連れ去られてしまいます。伝説の人魚の剣を巡り、ドラえもんたちが海の中を奔走します。

detail_180308_photo03.jpg「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2010

『映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマル アドベンチャー~』('12)は、未来世界で絶滅動物を保護している絶海の孤島を舞台にした物語。不思議な力を持つゴールデンヘラクレスを狙う希少生物の密売人を相手に、島の生物たちをドラえもんたちが守ろうとします。しかも、この冒険には子ども時代ののび太のパパも記憶をなくした形で参加! ダブルのび太の活躍が楽しめます。

detail_180308_photo04.jpg「映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマル アドベンチャー~」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2012

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』('17)は、海を漂ってきた巨大氷山の奥底で見つけた不思議な腕輪(リング)の落とし主を探して、南極大陸を探険する物語。厚さが最大で4000mもあるといわれる南極の氷の下に、氷に閉ざされた古代都市を発見します。突然襲いかかってきた不気味な石像や古代都市の謎を解明するために、ドラえもんたちは10万年前の世界に時間移動! そこで、遺跡を調査するためヒョーガヒョーガ星から来た女の子と出会い、星一つを丸ごと凍らせてしまう恐ろしい石像・ブリザーガの存在を教えられます。

detail_180308_photo05.jpg「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

さて、一見海など出そうにない作品に登場した海もあります。
『映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史』('81)はふとしたはずみで遠い宇宙の彼方のコーヤコーヤ星と、のび太の部屋の畳の下がつながってしまった物語。コーヤコーヤ星に初めて降り立ったのび太とドラえもんは、赤い月と青い月に照らされた紫の夜の景色に息をのみます。見渡す限り一面の荒れ野が広がるコーヤコーヤの大地から、カエルのようなサカナのような不思議な動物、ウオガエルが飛び出してきます。そこへ、地平線の向こうから突然押し寄せた大津波に、惑星の表面が一瞬にして覆われてしまいます。地球とはまったく異なる異星の環境が描かれます。

detail_180308_photo06.jpg「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1981

『映画ドラえもん のび太の魔界大冒険』('84)では、悪魔がすむ魔界星を巡りながら大魔王がいる城を目指します。魔界星の南極にたどり着いたドラえもんたちは海を越えて陸地へ向かおうとするのですが、魔界の海には歌声で人間を引き寄せる妖しい人魚と、魔物・一角ツノクジラが棲息し、行く手を阻みます。妖しくも美しく描き出される魔界の海が魅力的です。

detail_180308_photo07.jpg「映画ドラえもん のび太の魔界大冒険」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1984

『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)』('85)でも、海は印象的な舞台になっています。手のひらサイズの宇宙人が住む遠い宇宙の惑星ピリカから、独裁政権に星を追われた少年大統領、パピが地球にやってきます。しかし、パピは情報機関に捕らえられ、パピ奪還のためにスモールライトで小さくなってピリカ星に乗り込んだドラえもんたちも捕まってしまいます。残されたしずかちゃんとスネ夫は、スネ夫が作ったラジコン戦車に乗り込み救出に向かうのですが、巡航中の潜水艦から攻撃を受けてピリカの海へと墜落。なすすべもなく沈んでいく海中の戦車の中で、しずかちゃんの身の上に驚きの変化が現われます!

detail_180308_photo08.jpg「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1985

『映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』('93)は白い砂浜と青い海に浮かぶ島にある、不思議なブリキンホテルが舞台の物語。春休みに一念発起してのび太たちをリゾートホテルに連れて行ってあげようとするパパから物語が始まる珍しいパターンの映画です。

detail_180308_photo09.jpg「映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1993

『映画ドラえもん のび太の創世日記』('95)では、ひみつ道具「創世セット」を使って、なんとのび太が宇宙を作り出します。そこにはのび太が作った地球が浮かび、その地球には海があります。つまり、のび太はこの作品で海まで作り上げているのです。生物の進化を促して陸上進出をさせるため、原始的な魚類にひみつ道具「進化退化放射線源」で進化光線を浴びせるのですが、この時一緒に昆虫も浴びたことから後々大変なことに! 冒険の舞台となる宇宙をまるまるのび太が作り上げてしまう、壮大な物語が繰り広げられます。

detail_180308_photo10.jpg「映画ドラえもん のび太の創世日記」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1995

文=秋山哲茂

[放送情報]

『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』
WOWOWプライム 3/11(日)午後1:45 ほか

『映画ドラえもん のび太の南海大冒険』
WOWOWシネマ 4/8(日)午後0:00 ほか

『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』
WOWOWシネマ 4/28(土)午後1:45

『映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマル アドベンチャー~』
WOWOWシネマ 4/29(日)午後2:00

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』
5月放送予定

『映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史』
WOWOWプライム 3/10(土)午後1:45 ほか

『映画ドラえもん のび太の魔界大冒険』
WOWOWシネマ 3/18(日)午後0:00 ほか

『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)』
WOWOWシネマ 3/18(日)午後1:45 ほか

『映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』
WOWOWシネマ 3/31(土)午後1:45 ほか

『映画ドラえもん のび太の創世日記』
WOWOWシネマ 4/1(日)午後1:45 ほか

「映画ドラえもん のび太の宝島」公開記念
一挙放送だよ!史上最大の映画ドラえもんまつり

詳しくはこちら

TOPへ戻る

もっと見る

「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00 「希望のかなた」12/3(月)よる11:00 「ジグソウ:ソウ・レガシー」12/15(土)深夜0:00 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」12/9(日)午後2:45 「gifted/ギフテッド」12/2(日)よる9:00 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」11/24(土)よる8:00ほか 「惑星大戦争」11/25(日)午前10:30 「スリー・ビルボード」11/18(日)よる9:00 ほか 「エルネスト」11/17(土)よる10:00 「ピンポン」11/11(日)よる7:00 「グレイテスト・ショーマン」11/17(土)よる8:00ほか 「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.