WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/04/20 up

観るだけなら大丈夫!"不倫映画"でこっそり楽しむ禁断の恋愛

「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか

 WOWOWで4月21日に放送予定の映画『昼顔』。本作は、上戸彩と斎藤工がドロドロの不倫カップルを演じ、一世を風靡したドラマの続編。別れてから3年後に再会した紗和と北野を待ち受ける運命が描かれます。

 『昼顔』の大ヒットもあって、再び注目を集めた「不倫の恋」ですが、その愛の形はさまざま。一線を越えず純愛とも呼べる関係から文字どおり泥沼にはまっていく破滅の恋まで、今回は禁断の愛を描いた作品を紹介します。

 不倫映画として有名な作品の一つは、ベストセラーとなった小説でも知られる『マディソン郡の橋』。監督はクリント・イーストウッド。交わることのない人生を送ってきた農場の主婦フランチェスカ(メリル・ストリープ)とナショナルジオグラフィックのカメラマン、ロバート(クリント・イーストウッド)。そんな二人に訪れた生涯に一度の本物の愛を描いた、わずか4日間の濃密な物語です。

 『危険な情事』も公開時に大きな話題をさらいました。一夜限りの遊びのつもりだった男と、本気になってしまった女の気持ちとのズレが、恐ろしい出来事の幕開けに......。軽い気持ちの遊びが巻き起こす不倫の怖さを描いたスリラーになっています。

 邦画なら、渡辺淳一の小説とともに社会現象にまでなった『失楽園』。元敏腕編集者・久木(役所広司)がやるせない日々を送る中で、美しい書道講師・凛子(黒木瞳)と出会い、やがて不倫の恋にはまっていきます。欲望のままに互いの肉体に溺れていく、大胆なセックス描写が話題になりました。「だんだんあなたの皮膚と自分の皮膚との区別がつかなくなってきたわ」とまで言わしめる姿が不倫の底知れぬ闇を感じさせます。出会いから衝撃のラストまでを黒木瞳が体当たりで演じているのも見どころ。

 ここからは、いわゆる大作とは一線を画した作品をご紹介。

 ウォン・カーウァイの『花様年華』は、トニー・レオンとマギー・チャンの共演による大人のラブ・ストーリー。雑然としたアパートに住まう二人が親しくなり、やがて互いの妻と夫が不倫していることに気づきます。いつしか惹かれ合うようになりますが、その抑えた愛情表現が見事。騒々しいアパートの中と二人がすれ違うスローモーションの対比、美しい音楽と映像に息を呑みます。二人は一緒に食事をしたり仕事を手伝いながらも、決して一線を越えようとはしません。タクシーの中で指先が触れ合う場面は観ているこちらがドキドキするほど。後半、二人が雨宿りをするシーンの美しさと切なさは秀逸。どんなに相手への想いがあっても、プラトニックなまま終わる恋もまた美しいもの。そんな風に思わせてくれる映画です。マギー・チャンが着こなすチャイナドレスの美しさにも惚れ惚れ。

 切ない不倫なら『フランス組曲』も。原作はアウシュヴィッツの犠牲者となったイレーヌ・ネミロフスキー。2004年に出版され、フランスでベストセラーになりました。ナチス占領下のフランスで戦地に行った夫を待ちながら義母と暮らしていたリュシル(ミシェル・ウィリアムズ)と、そこに滞在することになったドイツ軍の中尉・ブルーノ(マティアス・スーナールツ)のやるせない恋の話。敵同士であるはずの二人が音楽を通じて心を通わせるようになりますが......。「いつかまたあなたに出会う。兵士としてではなく」という中尉の言葉が胸に響きます。

 ちょっとあり得なーい! という設定が面白いのは、二人の美人女優、ナオミ・ワッツとロビン・ライトが共演した『美しい絵の崩壊』。大親友の二人にはそれぞれ一人息子がいて、息子もまた親友同士。当たり前のように日常を共にするうち、なんと母親たちは互いの息子と許されない関係に。スタイル抜群の二人の水着姿を楽しむもよし。美しい海辺に暮らす贅沢すぎる生活にツッコミを入れながら鑑賞するもよし、女性同士で観ても盛り上がりそう。

 最後はウディ・アレン監督の『マッチポイント』。元テニスプレイヤー、クリス(ジョナサン・リス・マイヤーズ)は、大企業の御曹司・トムと親しくなり、妹のクロエと恋仲に。ところがトムの婚約者ノラ(スカーレット・ヨハンソン)に一目惚れし、関係を持つように。出世を目論んだクリスはクロエと結婚しますが、ノラと再会し不倫の関係に。官能的なセックスの虜になっていきます。ノラの妊娠が発覚し、焦ったクリスがとった行動とは......。
 ネットに引っかかったボールは、さてどちらに落ちるのか。男の行く末をハラハラしながら楽しめる極上のサスペンス作品です。なんと言っても魔性の女を演じるスカーレット・ヨハンソンの色気が半端ない。挑発的な視線とぽってりした唇の持ち主であるノラに見つめられたら、よろめいてしまうクリスの気持ち、女性でも思わず納得です。

 以上、許されない恋を描いた8作品。あなたならどの恋に共感を覚えるでしょうか?

文=野田佐和子

[放送情報]

昼顔(2017)
WOWOWシネマ 4/21(土)よる8:00-10:15ほか

TOPへ戻る

もっと見る

「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.