WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/05/11 up

『友罪』で複雑な役柄を演じる富田靖子の推しは、明快なエンタメ作品

 映画『友罪』で富田靖子は、医療少年院で大きな罪を犯した少年を担当する法務教官兼技官・白石弥生を演じている。白石がその少年のケアに没頭したことで、彼女の家族は崩壊してしまう。正しいこととは何か。深く考えさせられるキャラクターである。

「バランスを取るのがとても難しい職業の一つではないかなと。どの職業の方もそうでしょうが、働くお母さんはバランスを取るのが難しいと思うんです。その中でも、このお仕事は人の心を扱っている。自分の心のバランスを保つこと、仕事と家庭のバランスを取ることは、本当に難しいんじゃないでしょうか。きっと私が想像しているより、ずっとずっと」

 富田もまた働くお母さんの一人である。

「自分も、なるべく仕事とプライベートは分けたいのですが、正直なところ、ごちゃごちゃになっているところがあります。家族に迷惑を掛けることも多々あります。許してくれている家族がいて、なんとか微妙なバランスで続けられているんです。そのバランスは、ほんの1グラムでバーンと変わってしまうもの。白石弥生という女性は仕事では間違っていなかったと信じていても、人生としては本当にこれでよかったんだろうかと悔やみ続けていたと思います」

 お母さんの"バランス"は非常に繊細なようだ。

「仕事を持っている、持っていないにかかわらず、お母さんというのは微妙なバランスの上にあるんだと思います。お母さんだけやっていると『私ってなに?』となる。すべてを放棄したくなる瞬間は必ずあります。女の子が結婚して妻になり母になり...という役割を得たとき、『自分はどこ?』と、うまくバランスが取れなくなることもある。自分はさておき、仕事や家庭となると、それはそれで難しい。心のバランスは1グラムで変わってしまう。みんな綱渡りのようにして、なんとか周囲に助けてもらいながらやっているんです。たまたま白石弥生は、一つの出会いが自分のキャパシティーを超えてしまったのだと思います。でも『自分以外誰がやるの?』という使命感もあった。どうしようもなかったという一言では片付けられないものがありますね」

 人生は結果論ではない。誰もが日夜、さまざまな選択を行っている。それが正しい選択か、間違った選択かなんて、誰にも決められない。「じゃあ、どうすればよかったの?」の連続である。

「まさに、そういう映画です。『あのとき、どうすればよかったの?』と、登場人物みんながもがいて明日を生きています。それぞれにもがきながらも、一歩一歩前に進むしかない。後ろ向きな言葉ですけど、次の扉があるのかないのか分からないまま、進んでいく。夏になる前にぜひ見てほしい。夏になって、あんまり空が青かったりすると、たぶんよくない気がします。きっと、梅雨の雨が優しく包んでくれると思うので、ぜひ夏前にご覧ください」

『友罪』は5月25日公開。まさに梅雨真っただ中である。
 そしてWOWOWのラインナップを見るなり「もう『スパイダーマン』と『ダイ・ハード』、そして『銀魂』。この3つですね」とうれしそうに声を上げた。

「自分が出演する作品と役がどちらかというと、今回のような心に問い掛ける作品や、ナーバスな役が多いせいもあって、自分が映画を見るときは真逆の作品を選ぶことが多いです。ミュージカル映画も大好きですし」

detail_180511_photo02.jpg© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & TM 2017 MARVEL.

detail_180511_photo03.jpg© 1988 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

detail_180511_photo04.jpg©空知英秋/集英社 ©2017映画「銀魂」製作委員会

 映画の趣味は少女時代から変わってないという。

「10代の頃は『グリース』が大好きでしたし。20代ぐらいで『天使にラブソングを...』にハマりました。ミュージカルってなぜ、突然歌うんだろう? と思いながらも、その違和感がたまらなくて。だって日常で突然歌いだしたら、『え?』となりますよね(笑)。『雨に唄えば』も、雨に濡れながら歌っていたら大変じゃないですか。だけど、映画や舞台だったらオッケー。それが好き。映画ならそこまでいってほしいんです。『スパイダーマン』もビルに赤い人が登っていたら、警察来ちゃいますよ!(笑)。『銀魂』もなんで髪の毛、そんな色なのって(笑)。『え?』『なんで?』っていうものが好きです。いいんです、そこに説明はいらない」

取材・文=相田冬二
撮影=坪田彩


[放送情報]

映画『友罪』公開記念特番 豪華キャストが挑む 葛藤編
WOWOWプライム 5/10(木)午前6:30ほか

映画『友罪』公開記念!俳優 瑛太 モンスターズクラブ
WOWOWシネマ 5/22(火)よる7:30

映画『友罪』公開記念!俳優 瑛太 アヒルと鴨のコインロッカー
WOWOWシネマ 5/23(水)よる7:00

映画『友罪』公開記念!俳優 瑛太 まほろ駅前狂騒曲
WOWOWシネマ 5/24(木)よる6:45

映画『友罪』公開記念!俳優 生田斗真 彼らが本気で編むときは、
WOWOWシネマ 5/25(金)よる6:45

映画『友罪』公開記念!俳優 生田斗真 土竜の唄 潜入捜査官REIJI
WOWOWシネマ 5/26(土)午後0:00

映画『友罪』公開記念!俳優 生田斗真 土竜の唄 香港狂騒曲
WOWOWシネマ 5/26(土)午後2:15

銀魂
WOWOWシネマ 5/26(土)よる8:00ほか

スパイダーマン:ホーム:カミング
WOWOWプライム 6/3(日)午後5:00ほか

ダイ・ハード
WOWOWプライム 6/9(土)午後0:00

TOPへ戻る

もっと見る

「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00 「希望のかなた」12/3(月)よる11:00 「ジグソウ:ソウ・レガシー」12/15(土)深夜0:00 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」12/9(日)午後2:45 「gifted/ギフテッド」12/2(日)よる9:00 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」11/24(土)よる8:00ほか 「惑星大戦争」11/25(日)午前10:30 「スリー・ビルボード」11/18(日)よる9:00 ほか 「エルネスト」11/17(土)よる10:00 「ピンポン」11/11(日)よる7:00 「グレイテスト・ショーマン」11/17(土)よる8:00ほか 「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.