WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/09/21 up

DCコミックスのスーパーヒーローズ『ジャスティス・リーグ』

「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00

 『ジャスティス・リーグ』はバットマン、ワンダーウーマンらそれぞれ単体でも主役が張れるスーパーヒーローたちがチームを組み、さらなる巨大な悪と戦うというスーパーヒーロー・エンターテインメント。昨今ブームのアメコミ・ヒーロー映画です。アイアンマンやスパイダーマンが共演する『アベンジャーズ』とは違うの? と思われるかもしれませんが、構造は同じながら、アベンジャーズというのはマーベルというアメコミ出版社のヒーロー集団、このジャスティス・リーグはDCというアメコミ大手出版社のヒーロー軍団と思ってください。DCは今年デビュー80周年を迎えたスーパーマンを輩出したところで、全てのアメコミ・ヒーローはこのDCのスーパーマンから始まったのです。

 映画ではアベンジャーズの方が先ですが、コミックの歴史においてはジャスティス・リーグの方が先。スーパーヒーローたちが共演する、というワクワクするようなフォーマットを開発したのはジャスティス・リーグなのです。日本のスーパー戦隊"××レンジャー"と比較する方もいますが、スーパー戦隊は元々グループ・ヒーローなんです。しかしジャスティス・リーグはそもそもソロで活躍していたヒーローたちが夢の競演をするので"ヒーロー集団"であっても"集団ヒーロー"ではないのです。

 映画『ジャスティス・リーグ』に登場するのは、犯罪者から街を守るダークナイトことバットマン、伝説の女戦士の国アマゾンの姫にして最強の女性ヒーロー、ワンダーウーマン、海底王国アトランティス出身の武闘派王子アクアマン、超高速で移動できる力を身につけたオタクな超人のフラッシュ、そしてあらゆるITと接続できるうえ自身も日々能力がアップデートされるメカ人間のサイボーグです。物語的には、かつてこの世界にはスーパーマンがいたのですが彼はある事件があって死んでしまいました。スーパーマンの意志を継いでこの世界を守ると誓ったバットマンは、この地球に大いなる脅威が迫っていることに気づき、同時多発的に出現したヒーローたちをスカウトしてそれを迎え撃つチーム"ジャスティス・リーグ"を結成しようとしますが...。

 映画としてはスーパーマンの誕生を新たな視点で描き直した『マン・オブ・スティール』から始まる『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』『ワンダーウーマン』の流れに連なる作品です。また『ジャスティス・リーグ』で本格デビューしたアクアマンは、来年日本でも『アクアマン』というソロ映画が公開。フラッシュやサイボーグもソロ映画デビューが予定されていますから、これからのヒーローを先物買い的に見ておく楽しみもありますよ。

 なお、こういう風に一つの世界観の中で独立した作品を複数走らせて、共演させたり関連付けさせたりする手法を"ユニバース"といいます。先ほどのアベンジャーズのマーベルもそうですが、最近のハリウッドの流行りです。アメコミ映画以外にもユニバース化は広がっており、ホラー映画の『死霊館』シリーズもユニバース化されているし、'19年に公開されるハリウッド版ゴジラは、なんと'17年に公開された『キングコング:髑髏島の巨神』と同じユニバース。'20年にはハリウッド版『キングコング対ゴジラ』が公開予定です!

 というわけで『ジャスティス・リーグ』は、DCのユニバースに属する作品ですが、今までの作品を見ていなくても大丈夫です。"とにかくこの世界にはいろいろなヒーローがいて、宇宙からやってくる敵をみんなで協力してやっつける"というシンプルなお話ですから、なんの予備知識も要りません。しかしストーリーがシンプルな分、各キャラクターの描写やそれぞれの能力を活かしたアクションの見せ場が盛り沢山で、一級のエンターテインメントに仕上がっています。どのヒーローもすごい能力とは裏腹に、それぞれ悩みを抱えています。だから彼らの信じる正義=ジャスティスはみな違う。それを超えて一つになれるかが、とてもドラマティックです。社内の横断プロジェクトで、面倒くさい若手とか他の部署の曲者をとりまとめて何かをしなきゃならないリーダーとかを任せられた方なら、今回のバットマンの苦労がすごくわかると思いますよ(笑)。

文=杉山すぴ豊

[放送情報]

ジャスティス・リーグ字幕版
WOWOWシネマ 9/22(土)よる8:00

TOPへ戻る

もっと見る

「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.