2019/05/14 up

時代を駆け抜けた永遠のYOUNG MAN! 西城秀樹を忘れはしない

「傷だらけの勲章」5/16(木)よる10:00他

 不世出のスーパースター、西城秀樹が惜しくも旅立ってしまってから、もうすぐ1年がたつ。

 別に、思い出したわけではない。「思い出す」というのは普段、忘れていること。私たちは決して、あなたの勇姿を忘れはしない。残された数々の作品たちが今も変わらず雄弁に、その唯一無二の存在の証しを物語っている。

 WOWOWは「一周忌追悼 西城秀樹『YOUNG MANよ永遠に』」と題して、ライブ・ドキュメンタリー映画『ブロウアップ ヒデキ』('75)と主演映画『傷だらけの勲章』('86)を何と、命日の5月16日に放送する! いいセレクトだと思う。というのもこの2作、劇場で上映される機会があれば、たちまち満員になる人気プログラムなのだから。ちなみに『傷だらけの勲章』は、未DVD化の作品である。

 少し振り返ろう。西城秀樹は70年代初頭に活躍を始め、ワイルドでドラマティックなボーカル・スタイル、圧倒的なライブ・パフォーマンスでその地位を確立し、1974年には伝説の大阪球場に立って、ソロ・シンガーとして日本で初めてスタジアム・コンサートを開催した。映画『ブロウアップ ヒデキ』はさらに勢いづく翌1975年、7~8月にかけて自身初、全国15カ所31公演を行なった「西城秀樹・全国縦断サマーフェスティバル」の模様を記録したものだ。当時、彼はデビューして4年目、20歳になったばかりの若さだった。

detail_190514_photo02.jpg『ブロウアップ ヒデキ』5/16(木)よる6:30他
©1975松竹株式会社

 まず開幕イベントの、富士山麓に用意された特設野外ステージでのアクトからしてすごい! 指揮、編曲を担当する惣領泰則の壮大なオープニング曲が始まると、ヒデキはゴンドラに乗り込み、クレーン車で空高くつられながら「ブローアップ・マン」の前奏とともに地上に降りてくる。そして、彼のグッドな音楽的趣向が分かるカバーを2曲、ディスコ・テックとザ・セックス・オ・レッツの「ゲット・ダンシン」とザ・ローリング・ストーンズの珠玉のバラード「悲しみのアンジー」を披露(ちなみに「ゲット・ダンシン」でメンバー紹介をする。ファンならご存じ、グルービーな藤丸BANDこと芳野藤丸とUFO、永尾公弘とザ・ダーツ、それから女性コーラスの"クルクル"だ)。次は衣装を変え、10m以上組み上げられたセットを駆け登って頂上で再びゴンドラに乗り、空に舞い上がった状態で「恋の暴走」を歌い、「情熱の嵐」では乗り換えたゴンドラでひしめく観客の頭上近くにまでやって来る。最後は「グッド・バイ・ガールズ」で締めくくり、興奮冷めやらぬ中、ヒデキはヘリコプターで空へと消えていくのだった。

 もちろん、他会場でのライブ映像も収められていて、あの「傷だらけのローラ」はフランス語バージョンで歌っている。「Lola」のタイトルでフランス、カナダ、スイス、ベルギーなどでもレコードが発売され、カナダではヒットチャートで最高2位を記録したのは有名な話だろう。ツアーのラストは大阪球場。このあとの11月に、日本人ソロ歌手として初の東京・日本武道館公演を行なったのだ。やはりザ・スーパースター!

detail_190514_photo03.jpg『ブロウアップ ヒデキ』
©1975松竹株式会社

 そんな彼のもう一つの顔が"アクター"である。俳優としても西城秀樹は、確かな足跡を残した(TVドラマに比べて映画出演は少なかったが)。『傷だらけの勲章』は1986年に東宝邦画系にて公開された作品で、大女優、田中絹代と共演した『おれの行く道』('75)以来のスクリーン復帰だった。当時、30歳を超えたばかり。演じたのは刑事で役名は都築明。開幕していきなり、エジプトの砂漠で1台のベンツが狙撃され、車は爆破、大企業の社長が射殺される。その急報が流れるや、日本では被害者の遺言状のありかを巡って、遺族の社長夫人(伝説的歌姫ちあきなおみが怪演!)や関係者の間で不可解な出来事が続発する。都築は、中村嘉葎雄扮する上司とともに、謎が謎を呼ぶこの事件へとのめり込んでいく。

detail_190514_photo04.jpg『傷だらけの勲章』
©東宝

 と、ここで急いで断っておくが、『傷だらけの勲章』は映画史に残るような傑作ではない。だが、「西城秀樹」史的には重要な作品だ。既にアイドル時代を通り過ぎ、彼は大人の魅力をたたえていた。が、それは主に歌の世界での話で、アクターとしてもそれを獲得しようという意志が本作からは感じられるのだ。その表われの一つがTVレポーターの恋人役、朝加真由美とのラブ・シーンへの挑戦で、オープニングタイトルまるまる、2人は絡み続ける(さらに物語が始まり、ベッドから起き上がってバック・ショットだがしっかりオール・ヌードも披露する)。さてそうして、都築という男は登場した時にははつらつと若々しいイメージを観る者に焼き付けたはずなのに、事件を通じて世の中の"澱"を見ていき、どんどん老成してゆく。ここが肝だ。生きることのビターさを刻みながら、都築は大人の階段を上らざるを得なくなるわけで、西城秀樹はこの映画で、ひとりの男の屈折した旅路を体現しているのである(終盤の無精ひげがまたいい!)。

detail_190514_photo05.jpg『傷だらけの勲章』
©東宝

 監督は『戦国自衛隊』('79)や『伊賀忍法帖』('82)の斎藤光正。脚本は『荒野のダッチワイフ』('67)の大和屋竺で、『処女ゲバゲバ』('69)の若松孝二や『カポネ大いに泣く』('85)の鈴木清順といった鬼才との仕事で知られるだろう。2人とも日活育ちでもあり、『傷だらけの勲章』にはほのかに往年の"日活無国籍アクション"の匂いも漂う。シンガポールやエジプトでロケをし、西城秀樹は銃撃戦も含め、あちらこちらでよくカラダを動かしている。彼の身体能力の高さは言うまでもない。本作のあと、テレサ・ウー監督の香港映画『天使行動』('87)でも驚くべきアクションに挑戦していた。

最後にもう一度言おう。私たちは決して、アジアのスーパースターであったあなたのことを、忘れはしない──と。

  • detail_190308_photo02.jpg
  • 文=轟夕起夫

    ライター。「キネマ旬報」「映画秘宝」「クイック・ジャパン」「ケトル」「DVD&動画配信でーた」などで執筆中。

[放送情報]

ブロウアップ ヒデキ
WOWOWライブ 5/16(木) よる6:30
WOWOWライブ 6/2(日) 午前10:00
WOWOWライブ 6/14(金) よる7:30


傷だらけの勲章
WOWOWライブ 5/16(木) よる10:00
WOWOWライブ 6/13(木) 深夜0:30

TOPへ戻る

期間限定WOWOW WEB会員なら話題の最新映画が1200円(ムビチケ)

最新記事

もっと見る

© WOWOW INC.