2019/12/27 up

東京オリンピック2020が来る前に『東京オリンピック』を観よう!

「東京オリンピック」1/1(水・祝)午後0:05他

文=轟夕起夫

 さてまずは簡単なクイズを。東京で史上2度目の挙行となるオリンピック、「東京2020オリンピック競技大会」の公式映画監督に就任したのは誰か、ご存じか?

他の人気記事はこちら

 答えは...河瀨直美。カンヌ国際映画祭などで数々の受賞歴を持つ先鋭的なクリエイターである。では、アジアで初の開催となった1964年の東京オリンピックの公式映画監督は?

 これも有名だろう。当時、大映に所属し、既に世界的な巨匠と目されていた市川崑。盟友であった黒澤明が予算面で折り合いがつかず、降板したあとを引き継いで"総監督"の陣頭指揮を執り、巨大プロジェクトを成功させた伝説の男。

 その長編記録映画『東京オリンピック』('65)は、それまでのドキュメンタリーの範疇には収まらない画期的な作品だった。冒頭、「オリンピックは人類の持っている夢のあらわれである」という字幕が出ると次のカットでは、画面いっぱいにシンボリックな太陽の姿が。そして、円状の残像は鉄球へと移り変わり、ナレーションが歴代オリンピックの地を挙げていくなか、鉄球が新たなスタジアム建築のためにビルを破壊していく映像へ。この数ショットで詩情と批評性が綯い交ぜに立ち上がってくる。

 「単なる記録のための記録映画には絶対にしない」──それが市川崑のヴィジョンであった。撮影には映画界の重鎮・宮川一夫が参加し、さらにニュース映画で活躍していた164人ものカメラマンたちが現地を飛び回って、ひとつの競技ごとに複数のカメラを動員、一期一会のごとき決定的瞬間の数々をレコーディングしていった。マラソンのアベベや男子100mのヘイズ、"東洋の魔女"と呼ばれた全日本女子バレーボールなど、大会のトピックスをすべて押さえつつ、望遠レンズやハイスピード・カメラを駆使して人間の肉体の躍動と繊細な心理の流れ、つまり内面のドラマにまでフォーカスを当てていったのだ。

detail_191227a_photo02.jpg『東京オリンピック』
©公益財団法人 日本オリンピック委員会

 こうした"人間の営為"を凝視するスタイルに加え、「撮り足し」によっていかにも市川崑タッチともいうべきグラフィック感覚あふれる作品に仕上げられ、細部にも美意識が貫かれている。例えば、暗闇からトーチを持った聖火ランナーがヌッと現れるイメージ・ショット。シネマスコープ画面に雪化粧をした富士山を映し出し、その下を聖火ランナーが走るシーンもそうだ。また、女子体操で金メダルを獲得したチェコスロバキアのベラ・チャスラフスカ選手の平均台演技は、後日特別に撮影を依頼し、黒バックにライティングも用意して美しさを際立たせてみせた。このような大胆な姿勢は完成後、オリンピック協会との間に「記録か芸術か」という一大論争を巻き起こしたが、翌'65年に公開されるやメガヒットとなり、第18回カンヌ国際映画祭で国際批評家賞、第19回英国アカデミー賞ではドキュメンタリー賞を受賞。今では大傑作として広く認知されている。

detail_191227a_photo03.jpg『東京オリンピック』
©公益財団法人 日本オリンピック委員会

 ところで、オリンピックといえば、パラリンピックのことも忘れてはいけない。実は1964年の東京オリンピックの後に行われた「国際身体障害者スポーツ大会」は、世界で初めて"パラリンピック"という名称が使われた大会なのであった。その貴重な模様を捉えた幻のドキュメンタリーが『東京パラリンピック 愛と栄光の祭典』('65)。22カ国が参加しており、こちらのスタッフは製作に上原明、監督・脚本・撮影は渡辺公夫と、どちらも大映でカメラマンを担っていた生粋の映画人だ。

detail_191227a_photo04.jpg『東京パラリンピック 愛と栄光の祭典』1/1(水・祝)午前11:00他
製作:<日芸綜合プロ>上原 明

 オリンピックは公式映画の製作が契約で義務付けられているが、パラリンピックにはこうした規定がないのだそう。だが2020年の大会は、国際パラリンピック委員会(IPC)の公認で準備段階から大会閉幕までのドキュメンタリーがつくられるという。その先駆けである『東京パラリンピック 愛と栄光の祭典』もぜひ、観てほしい。市川崑の『東京オリンピック』同様、映画人としての気概がそこに提示されているからである。

detail_191227a_photo05.jpg『東京パラリンピック 愛と栄光の祭典』
製作:<日芸綜合プロ>上原 明

※『東京パラリンピック 愛と栄光の祭典』は2020年1月17日からユナイテッド・シネマ豊洲にて復活上映。http://cinemakadokawa.jp/tokyopara1964/

  • detail_190308_photo02.jpg
  • 文=轟夕起夫
    ライター。「キネマ旬報」「映画秘宝」「クイック・ジャパン」「ケトル」「DVD&動画配信でーた」などで執筆。モデルとなった書籍「夫が脳で倒れたら」が発売中。


[放送情報]

東京オリンピック
WOWOWプライム 1/1(水・祝)午後0:05
WOWOWライブ 1/31(金)午前10:00
WOWOWライブ 2/15(土)午前7:05


東京パラリンピック 愛と栄光の祭典
WOWOWプライム 1/1(水・祝)午前11:00
WOWOWプライム 2/25(火)午前9:30

TOPへ戻る

期間限定WOWOW WEB会員なら話題の最新映画が1200円(ムビチケ)

最新記事

もっと見る

© WOWOW INC.