WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

カテゴリ「メガヒット劇場」の記事

「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00

 映画監督への夢を持ち、足繁く映画館「ロマンス劇場」に通う青年、健司(坂口健太郎)。彼は、映写室で見つけた戦前のモノクロ・フィルム『お転婆姫と三獣士』に登場するお姫様、美雪(綾瀬はるか)に恋をしてしまう。すると、奇跡が起き、美雪がモノクロのまま実体として健司の前に出現。2人は一緒に生活を始めるのだが、2人は触れ合うことができない。なぜなら、思いを寄せた相手に触れると、美雪は消えてしまう運命にあったから......。

 綾瀬はるかと坂口健太郎のW主演によるラブ・ロマンス『今夜、ロマンス劇場で』('18)は、今が旬の2人の共演が話題になった。だが、それだけではない。公開されてすぐに話題になったのが、古き佳き時代の名画を数々彷彿とさせる設定やシーンが盛りだくさんだったこと。ここでは、映画ファンをうならせたそれらオマージュについて解説する。

 まず映画のヒロインが現実世界にやってくる、という設定。これはウディ・アレン監督の『カイロの紫のバラ』('85)とそっくり。『カイロ~』は、30年代のアメリカを舞台に、失業中の夫を支えるセシリア(ミア・ファロー)が夢中になっていた『カイロの紫のバラ』という映画の登場人物が現実世界に現れる、というもの。男女キャラの入れ替わりはあるものの、健司もセシリア同様に実生活に行き詰まりを感じて、映画で現実逃避をしているというところまで似ている。

 また、モノクロの美雪が現実世界に現れてから次第に生活になじみ、カラーになっていくというくだりは、『カラー・オブ・ハート』('98)の真逆。『カラー~』は、古いモノクロのTVドラマにはまった男子高校生デイビッド(トビー・マグワイア)が、ある日そのドラマ世界に入り込んでしまうというもの。同じことが繰り返されるドラマの世界に彼が入り込んだことで変化がもたらされ、次第にその世界が色づき始めていくのだが、本作においては美雪がその"ドラマ世界"そのもののように、自身の変化とともに色を持ち始める。

 その美雪だが、古いお姫様映画から抜け出た設定だが、その映画がまるで『オズの魔法使』('39)のようでもあり、狸などがお姫様の相棒ということから、木村恵吾監督のオペレッタ映画『狸御殿』シリーズ('39~'59)も想起させる。また、おてんば過ぎるキャラとその名前から思い浮かべるのは、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』('58)のヒロインだろう。しかも、庶民の健司とお姫様の美雪という格差恋愛や、美雪の好奇心旺盛な性格、ゴージャスなドレス姿は、オードリー・ヘプバーンの名作『ローマの休日』('53)にも似ている。

 実際の映画が流れるシーンで使われるのは、ハンフリー・ボガートの「君の瞳に乾杯」の名台詞でおなじみの『カサブランカ』('42)。ラブ・ロマンスの傑作中の傑作といわれる作品を使っているのは、本作がロマンスの定番中の定番と匂わせるためか?(最後まで観れば、定番とは違う結末が待っていることが分かるだけに、引っかけのようにも感じるが)

 触れると消えてしまうからラブ・シーンなし。だが、ガラス越しにキスをするという粋なシーンが盛り込まれている。これは言わずと知れた今井正監督の『また逢う日まで』('50)。日本映画の歴史において、最高に美しいキス・シーンとされるアレにオマージュを寄せ、シーンの美しさを際立たせている。

 そして、最後まで観なければわからない、加藤剛が演じる老人の役どころ。この作品が映画の遺作となってしまった加藤にとっては、本作が古き佳き映画へのオマージュにあふれていることや、争い事を嫌う健司と美雪への共感があって出演を決めたのではないだろうか、と勘繰ってしまう。なにせ彼は映画界&ドラマ界を支え続けてきた名優であり、常に上質な作品を選び続けてきた大ベテラン。そんな彼が、出演シーン自体は少ないながらも重要な役柄を引き受けたのは、本作に流れる"佳き人による佳き人のためのラブ・ロマンス"というピュアなメッセージがあったから......と、鑑賞後に感じ取れるはずだ。

文=よしひろまさみち

[放送情報]

今夜、ロマンス劇場で
WOWOWシネマ 12/15(土)よる8:00

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」11/24(土)よる8:00ほか

 1977年に登場するや、世界中を熱狂の渦に巻き込んだ『スター・ウォーズ』シリーズ。2005年、エピソード3でシリーズ生みの親ジョージ・ルーカスが6部作にピリオドを打った後、ディズニーの主導の下で再起動し、2015年から新シリーズが始まったのは、ご存知のとおり。

 製作体制が変わったとはいえ、『スター・ウォーズ』が特別な存在であり、筋金入りのファンに支えられているということを、作り手も理解している。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』('18)のロン・ハワード監督は、かつてルーカスに「シリーズの監督をしてほしい」と打診されたことがあるベテランだ。そんな彼がここでこだわったのは、CGに頼らないライブ・アクションと、アメリカン・ニューシネマを意識した切ないドラマ作り。シリーズに欠かせない伝統を守りながら、どのようにやりたいことをやっていくか? シリーズの面白さは、そんなクリエイターのこだわりにある。

 6部作の続きであり、その再開を高らかに宣言した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』('15)では、TVドラマ『LOST』などでお馴染みのヒットメーカー、J・J・エイブラムス監督が、6部作の偉大な遺産にオマージュを捧げつつ、そのスピリットを継承して冒険アクションを作り出した。何者でもない主人公が宇宙へと飛び立ち、運命の劇的な転機を迎える。これまでのシリーズを踏まえた、そんなストーリーは新旧のファンに好評を博した。子どもの頃から『スター・ウォーズ』ファンで、そのエッセンスを吸収してきたエイブラムスだからこそできた技ともいえる。

 続く『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』('16)は、『ハン・ソロ~』と同様にシリーズの外伝的な物語。6部作の物語の転換期というべき"クローン戦争"のエピソードを描いている。ここで監督を務めた『GODZILLA ゴジラ』('14)のギャレス・エドワーズも、エイブラムスに負けず劣らずの子どもの頃からの『スター・ウォーズ』フリークだ。『スター・ウォーズ』といえば"フォース"と呼ばれる特殊能力の使い手であるジェダイ騎士の活躍がクローズアップされがちだが、エドワーズは、フォースを持たない名もなきならず者兵士たちの奮闘を紡いだ。困難なミッションに命を懸ける彼らの奔走は、『ナバロンの要塞』('61)などの戦争アクションの名作を彷彿とさせるほどアツく、胸を揺さぶられるものがある。

 そして『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』('17)の登場だ。監督は『LOOPER/ルーパー』('12)で注目されたライアン・ジョンソンで、エイブラムスやエドワーズと同様に、『スター・ウォーズ』を見て育った世代。彼は新『スター・ウォーズ』を、まったく新しい方向へと推進させようと知恵を絞った。前作で宇宙に飛び出したヒロイン、レイ(デイジー・リドリー)や、その前に立ちはだかる悪の権化カイロ・レン(アダム・ドライヴァー)、そして彼らを取り巻く戦士たち。そんな若いキャラクターたちの物語を、旧シリーズのキャラに敬意を表しつつ前作以上に全面に押し出しながら、新時代の到来を告げようと試みたのだ。彼らが直面する、それぞれの決断のドラマはシリーズをずっと見てきたファンはもちろん、新世代のファンを驚かせるだろう。もちろん、単に奇をてらったわけではない。それは『スター・ウォーズ』のスピリットをどう次世代に継承するかを考えたうえでの結果。往年のファンのためだけにシリーズを続けるわけにはいかない。時代を切り開くのは、常に若者たちだ。そんな力強いメッセージを感じ取れるのが、本作の強みでもある。

 次世代クリエイターたちの才気により、ドラマチックなうねりを見せる『スター・ウォーズ』シリーズ。2019年に公開予定の新3部作完結編の前に、若きエネルギーを体感すべし!

文=相馬学

[放送情報]

スター・ウォーズ/最後のジェダイ
WOWOWシネマ 11/24(土)よる8:00ほか

「グレイテスト・ショーマン」11/17(土)よる8:00ほか

 総合芸術といわれる映画において音楽の果たす役割は大きい。音楽を最も有効に使っている映画はミュージカルともいえるだろう。近年のミュージカル映画には一つの傾向がある。かつてはミュージカル俳優以外、例えば『マイ・フェア・レディ』('64)のオードリー・ヘップバーンや『シェルブールの雨傘』('63)のカトリーヌ・ドヌーヴらの歌は歌手が吹き替えるケースが多かったが、近年は俳優自身が歌うことが多くなっている。そんな"歌えるスターたちで魅せる"ミュージカルを楽しもう。

 アクション俳優のイメージが強いが、『レ・ミゼラブル』('12)で美声を披露しファンを驚かせたのがヒュー・ジャックマン。しかも耳に超小型のイヤホンを装着し、現場で実際に歌いながら演技していたというから驚きだ。彼が歌ばかりか、華麗なダンスまで見せるのが『グレイテスト・ショーマン』('17)。ヒューが演じるのは19世紀に実在した興行師P・T・バーナム。何をやってもうまくいかないバーナムは娘の一言をヒントに、ヒゲの生えた巨体の女性や大男に小人など、社会の陰でひっそりと生きてきた人々を集めてショーを始める。世間からは非難されながらも大成功を収めるが...。

 冒頭のサーカスのようなミュージカル・シーンから映画の世界に引き込まれていくこと間違いなしで、社会的弱者である団員たちが「これが私たち」と自信を込めて歌う「This is Me」は感動的。楽曲は、新しいミュージカルの形を見せてくれたアカデミー賞受賞作『ラ・ラ・ランド』のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビなので、見終わった後についつい口ずさんでしまうかも。

 ところで見事な歌とダンスを見せるヒュー・ジャックマンだが、実は映画俳優として有名になる前から『サンセット大通り』などのミュージカル舞台に出演しており、2004年には『ザ・ボーイ・フロム・オズ』で演劇界最高の賞であるトニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞しているほど! しかも『グレイテスト・ショーマン』の撮影が行なわれたのは、ヒューが鼻にできた皮膚がんの切除手術で80針を縫った直後だった。激しい動きをすると傷口が開いて、最悪の場合は命に関わる状態にもかかわらず、俳優魂で演じ切ったのだという。そのことを知って観ると、さらにヒューのスゴさが分かるかもしれません。彼もまたグレイテスト・ショーマン!

『ロック・オブ・エイジズ』

detail_181023_photo02.jpg© Warner Bros. Entertainment Inc.

 同じショー・ビジネスでもロックの世界を舞台にしたミュージカルが『ロック・オブ・エイジズ』('12)。2006年から上演され、2009年にはブロードウェイに進出するほど大人気となったロック・ミュージカルの映画化。ロック・スターに憧れる青年と歌手を目指す女の子の夢と挫折を80年代のロックの名曲に乗せて、時にコミカルに見せる。本作で落ちぶれていくロック・スターを演じているのがあのトム・クルーズ。どんな役でも徹底的に取り組むことで知られるトムだけに、撮影前の5週間、毎日5時間もの歌の特訓をして4オクターヴ出せるようになり、弾いたこともなかったギターも習得し、完璧なロック・スターを演じてみせた。その本物ぶりは映画でご確認を! 元スキッド・ロウのセバスチャン・バック、エクストリームのヌーノ・ベッテンコート、REOスピードワゴンのケヴィン・クローニン、アイドル歌手デビー・ギブソンがカメオ出演していたり、いろんなシーンが80年代ロックのミュージック・ビデオのパロディやオマージュになっていたりするので、ロック・ファンなら探してみるのも楽しいかも!?

『プロデューサーズ(2005)』

detail_181023_photo02.jpg© 2005 BROOKSWORKS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 さらにもう1本、ショー・ビジネスを舞台にしたミュージカル『プロデューサーズ』('05)がある。かつてはブロードウェイで大ヒット作を連発したプロデューサーだったが、今ではすっかり過去の人となったマックスは、会計士レオと史上最低のミュージカルをわざと失敗させて、出資金をだまし取ろうと企む。この作品は元々『ブレージングサドル』('74)や『ヤング・フランケンシュタイン』('74)などのコメディで知られるメル・ブルックスが1968年に撮った非ミュージカルだったが、2002年にブロードウェイ・ミュージカルとして大ヒットした作品を、舞台と同じ演出家と主要キャストで映画化したもの。本作では『キル・ビル』('03)などで知られるユマ・サーマンが、売り込みに来るちょっとおバカな女優志望のスウェーデン女性を演じていて、ユマも特訓を受けてキュートな歌声を聴かせる。ここで気になるのが史上最低のミュージカルとはどんなミュージカルなのか? それはナチ崇拝者が書いた『春の日のヒトラー』というミュージカルで、ナチを賛美することで失敗を見込んだのに、ゲイがヒトラーを演じたためにナチ風刺のミュージカルと勘違いされ大ヒットに! さあ、2人のプロデューサーはどうする!?

 映画ファンの中にはロバートのようにミュージカルが苦手という方がいる。いわく「突然、歌い出すのが気持ち悪い」とか「死にそうな状況でハモってしまうなんてあり得ない」とか。ごもっともである。恋人と話していて突然歌い出されたら、きっと別れを考えるに違いない。そこでこう考えてみてはいかがだろうか。ミュージカルにおける歌とは普通の映画にあるモノローグ、つまり"心の声"や"心象表現"なのだと。そう考えれば歌も自然に聴こえてきて、ミュージカルって本当は楽しい映画なのだと分かるかも。この3本はそんな気にさせてくれるはず。

文=竹之内円

[放送情報]

ロック・オブ・エイジズ
WOWOWシネマ 11/17(土)午前11:30
プロデューサーズ(2005)
WOWOWシネマ 11/17(土)午後3:25
グレイテスト・ショーマン
WOWOWシネマ 11/17(土)よる8:00ほか

TOPへ戻る

もっと見る

「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00 「希望のかなた」12/3(月)よる11:00 「ジグソウ:ソウ・レガシー」12/15(土)深夜0:00 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」12/9(日)午後2:45 「gifted/ギフテッド」12/2(日)よる9:00 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」11/24(土)よる8:00ほか 「惑星大戦争」11/25(日)午前10:30 「スリー・ビルボード」11/18(日)よる9:00 ほか 「エルネスト」11/17(土)よる10:00 「ピンポン」11/11(日)よる7:00 「グレイテスト・ショーマン」11/17(土)よる8:00ほか 「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.