WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/03/09 up

今からでも大丈夫! アベンジャーズからのアメコミ映画入門

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL

 WOWOWでは3月10日放送の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』を始め、アメコミ映画が続々と放送され、4月27日には『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開! でもこのジャンルに詳しくない方にとっては、やたらとこの手の映画多いけど面白いの? とか、こんなに多いとどれから見ていいかわからないと思われる方も多いでしょう。というわけで今回は、ズバリ「アメコミ映画の何が面白いの?」について書いてみました。



 アメコミとはアメリカン・コミックの略であり、アメコミ映画とは文字通り、アメコミを原作とする映画です。アメコミには、アベンジャーズやX-MENを擁するマーベルと、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンを生み出したDCという2大ブランドが存在します。アメコミは日本のコミックと違って出版社が権利を持ち、描き手を交代させながら何度もストーリーを続けられ、"すべてのキャラクターが同じ世界観の中に存在する"ことがお約束になっています。だからこそ、アベンジャーズのように"アイアンマン"や"ハルク"らさまざまなヒーローが集まったチームを作ることができます。映画はコミックの中からいろいろなネタや設定を抽出し、原作を知らない人にもわかりやすいエンタメ作品として組み立て直しているので、コミックの知識がゼロでも楽しむことができるのです!

detail_180309_photo02.jpg「スパイダーマン:ホームカミング」© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & TM 2017 MARVEL.

 ヒーロー物というとどこか子どもっぽい? いえ、実はアメコミ映画はヒーロー物のフォーマットを借りた大人にこそ見てほしい人間ドラマです。スパイダーマンは蜘蛛の力を持った超人ですが、その正体はトラブルだらけの非リア充高校生。アイアンマンはモテ男だけど友達が少なく、良かれとやったことがすべて裏目に出てしまう。こうしたちょっと欠点のある者たちが、ヒーローとなって人々のために立ち上がる。アメコミ映画は悩めるヒーローのドラマに共感し、ハリウッド仕込みのVFX×アクションの見せ場の連続にワクワク! と二重に楽しめる構造になっています。アイアンマンはロバート・ダウニー・ジュニア、ドクター・ストレンジはベネディクト・カンバーバッチなどヒーロー役に人気と実力を兼ね備えたスターを起用し、ドラマ部分の質もぐっと上がっています。また、さまざまなヒーローの活躍は理想的な人間社会の比喩でもあり、どんな人間にだってきちんと活躍できる場がある、役割がある、ということを示しているのです。

 さて、マーベルのアメコミ映画を製作するマーベル・スタジオは2008年公開の『アイアンマン』を皮切りに多くのヒーローを実写化し、'12年の『アベンジャーズ』でそうしたヒーローたちを共演させました。以後、アベンジャーズを軸にシリーズ化を展開=マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を築き上げてきました。

detail_180309_photo03.jpg「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」©2017 MARVEL

 地球にはアベンジャーズがいる、では宇宙には? ということで作られたのが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ。おおよそヒーローとはほど遠い、チャラい宇宙のお宝ハンター、緑色の肌のツンデレ美人暗殺者、外見がアライグマそっくりの毒舌宇宙戦士、冗談が通じない武闘派マッチョ、気は優しくて力持ちの大木巨人(続編『~リミックス』では、キュートだけど乱暴な木の小人に)といった連中がひょんなことからチームを組んで、銀河を守る。ポップな宇宙世界を舞台に、小気味いい会話とギャグ、ノリのいい音楽が楽しめる作品です。

 そして、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとアベンジャーズには共通の黒幕がいるのです。その名は宇宙魔人サノス。今度の『~インフィニティ・ウォー』はまさにそのサノスに立ち向かうためアベンジャーズとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが手を組むという壮大なストーリー(全AKB48グループと全坂道グループが一緒にライブをするような感じ)です。

 でも、こんなにたくさん作品があると今からでは入りづらい? そんなことはないです。例えば、俳優や歌手のファンになるのにその人の全てを知る必要はなく、この人かっこいい、あの歌いいな、みたいなことが好きになるきっかけでしょう? アメコミ映画もそれと同じです。たくさん作品があるということは逆に入り口が多いということ。WOWOWの放送でたまたま目にしたヒーローにハマってしまうことも十分あり得ます! ぜひWOWOWで『~リミックス』を、劇場で『~インフィニティ・ウォー』を楽しんでください! きっとあなたの推しヒーローが見つかるハズ!

文=杉山すぴ豊

[放送情報]

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
WOWOWシネマ 字幕版 3/9(金)午後2:00

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
WOWOWシネマ 字幕版 3/10(土)よる8:00 ほか
WOWOWプライム 吹替版 3/11(日)よる8:00 ほか

『スパイダーマン:ホームカミング』
WOWOWシネマ 字幕版 3/31(土)よる8:00 ほか
WOWOWプライム 吹替版 4/1(日)よる7:30 ほか

映画に出会える毎日を。シネマスタンプラリー
3月放送分スタンプラリー実施中!

詳しくはこちら

TOPへ戻る

もっと見る

「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.