WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/03/15 up

未来に魔境に大昔! 時間と空間を自在に飛び回る『映画ドラえもん』の大冒険

「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00

3月3日公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』の舞台は、夢とロマンとスリルに満ちた広~い海。ドラえもんたちが大冒険を繰り広げるさまざまな舞台も、『映画ドラえもん』シリーズの魅力の一つです。車や飛行機では決して行くことのできない、魅力あふれる大冒険の舞台についてチェックします!



『映画ドラえもん』シリーズの記念すべき1作目といえば『映画ドラえもん のび太の恐竜』('80)。卵の化石を発見したのび太は、ひみつ道具「タイムふろしき」を使ってフタバスズキリュウの子どもをふ化させます。ピー助と名づけられたフタバスズキリュウはのび太によく懐きますが、ぐんぐんと大きくなって隠しきれなくなり白亜紀の海に帰すことに。ところがピー助を狙って襲ってきた恐竜ハンターたちのせいで、白亜紀のアメリカから日本を目指すことになってしまいます。海や平原、峡谷や大瀑布など、逃避行しながら現われる白亜紀のさまざまな風景も見ものです。

detail_180315_photo02.jpg「映画ドラえもん のび太の恐竜」©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1980

そのリメイク版である『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』('06)は、最新の研究に基づいて白亜紀の描写もアップデートされています。登場する恐竜の種類や描写、場所によって異なる植物の種類、時々背景に映り込む鳥類や有袋類、さらに三葉虫の形に至るまで、最新の知見を反映した白亜紀の描かれ方にも注目です。

detail_180315_photo03.jpg「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2006

大冒険の舞台といえばジャングルを忘れてはいけないでしょう。『映画ドラえもん のび太の大魔境』('82)は地球のどこかに残された秘境や魔境を求め、常に立ち込める雲に遮られ衛星写真に撮ることもできないコンゴ盆地の魔境、ヘビー・スモーカーズ・フォレストを探検する物語。うっそうと茂るジャングル、巨大なワニが泳ぐ川、ライオンが待ち伏せるサバンナ、切り立ったオドロンドロの谷などの難関を越え、謎の巨神像を目指します。

detail_180315_photo04.jpg「映画ドラえもん のび太の大魔境」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1982

こちらもリメイク版の『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』('14)があり、より美しく雄大に描かれた神秘の大魔境が登場しています。

detail_180315_photo05.jpg「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2014

『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団』('86)では、なんと鏡の中の世界が舞台! 巨大ロボットがほしいのび太の前に、空から巨大なパーツが降ってくるところから物語は始まります。組み立ててみると、なんとそれは巨大なロボット! のび太は気がねなくロボットを動かせるよう、ドラえもんに頼んで鏡の中の世界を用意してもらいます。左右が逆で、生物は存在せず、どこまでも続いている鏡の中の世界。人類奴隷化計画を企て、宇宙から飛来した鉄人兵団と、ドラえもんたちは鏡の中の世界で戦うことを決意します。宇宙やジャングルといった秘境ではなく、よく見慣れた世界で繰り広げられる巨大ロボットの戦闘にドキリとさせられます。

detail_180315_photo06.jpg「映画ドラえもん のび太と鉄人兵団」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1986

こちらもリメイク版の『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~』('11)が作られていて、超高層ビル群などが実際の風景を基に描かれており、鉄人兵団の攻撃で世界各地の主要都市が炎に包まれる映像が、真に迫ったリアリティを感じさせます。

detail_180315_photo07.jpg「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2011

絵本や伝奇の世界を冒険する作品と言えば、『映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記』('88)。未来のゲーム機「ヒーローマシン」を使って、のび太たちはゲームの中の『西遊記』の世界を満喫します。ところがゲーム・フィールドを現実世界と地続きにしてしまったため、ゲームの中の妖怪たちが現実を侵食! 歴史が書き換えられ、現実世界が妖怪世界にされてしまいます。見慣れたいつもの風景もどこかおどろおどろしく恐ろしい。妖怪になったクラスメートは最後に三蔵法師が食べられる『西遊記』の劇を練習し、のび太のママは怒ると本当にツノを生やします。

detail_180315_photo08.jpg「映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1988

一方、『映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト』('91)は、ひみつ道具「絵本入りこみぐつ」で『アラビアンナイト』の世界に入ったきり戻ってこれなくなってしまったしずかちゃんの行方を探す物語。ドラえもんは『アラビアンナイト』の物語に実在した人物がいたことを知り、かすかな手がかりを辿って794年の当時、世界最大の都市・バグダッドに向かいます。時間旅行公社のガイドロボットも出てきて、バグダッドの地理や社会背景、にぎわう港町の露天商の様子など、リアルな風景が登場します。

detail_180315_photo09.jpg「映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1991

『映画ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』('96)では、行き先不明のミステリートレインに乗り込んで夢の宇宙旅行に出発! 小惑星帯で宇宙盗賊団に襲撃され、命からがら到着したのは宇宙最大の夢の楽園、ドリーマーズ・ランドだった。忍者の星、西部の星、メルヘンの星、怪奇と伝説の星、恐竜の星など周辺の小惑星の一つひとつにさまざまな冒険コースが用意され、いろいろなテーマパークが詰め合わされたような楽しさにあふれています! その様子は、まるで『映画ドラえもん』シリーズの見本市のようです。

detail_180315_photo10.jpg「映画ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1996

最後に時間の冒険に目を向けてみましょう。『映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』('04)は、のび太が拾った野良犬、イチをきっかけに、野良犬や野良猫たちをタイムマシンで恐竜も存在しないずーっと昔に送り届けるところから始まる物語。進化した犬と猫たちは、やがて一大文明を築き上げていきます。3億年前という、『映画ドラえもん』シリーズの中でも最も古い時代を舞台に描かれた大冒険です。

detail_180315_photo11.jpg「映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 2004

一方、『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』('13)は、『映画ドラえもん』シリーズでも珍しい、未来世界を舞台にした物語。ドラえもんが誕生したのと同じ、22世紀にあるひみつ道具博物館(ミュージアム)での冒険が描かれます。

detail_180315_photo12.jpg「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2013

空間は人跡未踏の大魔境から不思議な鏡の中の世界まで、そして時間も3億年前から22世紀の未来まで、『映画ドラえもん』シリーズでは、時間と空間を自在に飛び回るドラえもんたちの大冒険が楽しめます!

文=秋山哲茂

[放送情報]

『映画ドラえもん のび太の恐竜』
WOWOWシネマ 3/17(土)午後0:00 ほか

『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』
WOWOWシネマ 4/21(土)午後1:30 ほか

『映画ドラえもん のび太の大魔境』
WOWOWシネマ 3/17(土)午後3:30 ほか

『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』
WOWOWシネマ 4/30(月・休)午後2:00

『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団』
WOWOWシネマ 3/18(日)午後3:30 ほか

『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~』
WOWOWシネマ 4/29(日・祝)午後0:00 ほか

『映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記』
WOWOWシネマ 3/24(土)午後0:00 ほか

『映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト』
WOWOWシネマ 3/25(日)午後1:45 ほか

『映画ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)』
WOWOWシネマ 4/7(土)午後0:00 ほか

『映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』
WOWOWシネマ 4/21(土)午後0:00 ほか

『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』
WOWOWシネマ 4/30(月・休)午後0:00 ほか

「映画ドラえもん のび太の宝島」公開記念
一挙放送だよ!史上最大の映画ドラえもんまつり

詳しくはこちら

TOPへ戻る

もっと見る

「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.