WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/04/12 up

【伝説の男】歴代スパイダーマン映画を比べてみた!

「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00

 WOWOWで5月、一挙放送されるシリーズの強烈キャラの主人公をピックアップし、作品の魅力をお伝えする、題して【伝説の男】コラム。今回、紹介するのは『スパイダーマン』シリーズのタイトルロールのヒーロー、スパイダーマン。

 特殊なクモにかまれて超人となった若者、ピーター・パーカーがその力を使ってヒーローになる。しかし、恋と学校とバイトとヒーロー活動をすべて成立させるのは難しく、スパイダーマンの行くところ悩みはつきない。これがスパイダーマンの基本的な物語です。ヒーローものに若者のリアルな日常を絡めた展開が共感を呼び、1962年のマーベル・コミックスでのデビュー以来、最も愛されるヒーローの一人になりました。

 スパイダーマンは大きく分けて、3回映画化されています。トビー・マグワイアが主演を務めて3作作られた『スパイダーマン』シリーズ('02、'04、'07)、アンドリュー・ガーフィールド主演の『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ2作('12、'14)、そしてトム・ホランドがタイトルロールを演じた『スパイダーマン:ホームカミング』('17)です(以下トビー版、アンドリュー版、トム版と表記)。例えばヒュー・ジャックマンが『X-MEN』のウルヴァリン役を17年、ロバート・ダウニー・Jr.がアイアンマン役を10年続けているのに比べると、「役者を変えすぎ!」と思われるかも知れませんが、これはスパイダーマンの物語が基本的に"悩める10代の若者がヒーローになったら?"という青春ドラマなので、キャスティングを若返らせる必要があるのです。トビーは日本で言うと伊藤英明さん、アンドリューは嵐の二宮和也さんと同い歳で、ずっと高校生を演じさせるのは無理がありますよね。また "若者の悩み"もそれぞれ違っていて、トビー版は元々いじめられっ子、アンドリュー版は自分が親に捨てられたというトラウマを抱える孤独な青年、トム版は「ヒーローとしてみんなに認められたい!」と焦っている小僧です。この中で、トビー版は一番うじうじ悩んでいる印象があり(ここがまた良いのですが)、スパイダーマンを辞めたくなってそれがメンタルに影響し、パワーを失います。これに対し、トム版はスパイダーマンであることになんの迷いもなく、でも若さゆえの余計な張り切りが裏目に出て失敗で凹むという感じ。"うじうじ"も"張り切り"、どっちも若者特有ですよね(笑)。

 青春ドラマである以上、ラブ・ストーリー要素も欠かせませんが、トビー版はメリー・ジェーン(キルステン・ダンスト)、アンドリュー版はグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)。共にスパイダーマンのコミックに出てきますが、トビー版はヒロインにずっと片思い状態なのに対し、アンドリュー版は主人公を助けるパートナー的存在。時代ごとの男女の関係を反映して面白いです。トム版では原作の設定を変えた黒人の女の子、リズが登場します。白人のピーターと黒人のリズのカップルは、ダイバーシティー=多様性を意識し始めたハリウッドならではのアレンジです。

 ヒーローとしてのスパイダーマン像に目を向けると、彼の武器はクモ糸ですが、トビー版は手首から自身の身体で生成したクモ糸を発射。アンドリュー版は自分に力を授けたクモが出す糸を加工したものを、手首に付けた人工クモ糸発射装置=ウェブシューターから発射します。トム版はアンドリュー版と同じくウェブシューターを使いますが、クモ糸はピーター自ら発明したものです。つまりトビー版のクモ糸はオーガニック、トム版はケミカルなのです(笑)。そしてスパイダー・スーツ。トビー版、アンドリュー版は自分が作ったスーツでしたが、トム版は当初自作のスーツを着ていたものの、アイアンマンからハイテク・スーツが贈られます。

 実はトム版が今までのスパイダーマンと大きく異なる点はまさにここです。というのも、コミックの世界ではスパイダーマンもアイアンマンらアベンジャーズも同じ出版社=マーベルのキャラクターなので自由に共演できるのですが、映画の事情はちょっと違っていました。トビー版、アンドリュー版は一連のマーベル映画を作っている会社とは異なる映画会社の製作だったので、映画の方でスパイダーマンが他のヒーローと絡むことはできませんでした。しかし、映画会社同士で話をして、スパイダーマンをお互いの映画に出せるようにしたのです。なのでトム版スパイダーマンは、まず『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でデビューし、『~:ホームカミング』で主役となりました。そして、4月27日公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、2019年公開の『アベンジャーズ』第4弾にも登場します。従って先輩ヒーローたちがいる世界で、新人ヒーローが奮闘するという今までのスパイダーマン映画になかった魅力が付加されたのです。タイトルの"ホームカミング"とは、帰郷もしくは米国の学校で開かれる同窓会のようなイベントの意味があるのですが、「マーベル・ヒーローの世界にスパイダーマンが帰ってきた!」ということも表わしているのです。

文=杉山すぴ豊

[放送情報]

「スパイダーマン」大集結!6作一挙放送

『スパイダーマン』
WOWOWシネマ 字幕版 5/4(金・祝)午後2:00

『スパイダーマン2』
WOWOWシネマ 字幕版 5/4(金・祝)午後4:15

『スパイダーマン3』
WOWOWシネマ 字幕版 5/4(金・祝)よる6:30

『アメイジング・スパイダーマン』
WOWOWシネマ 字幕版 5/4(金・祝)よる9:00

『アメイジング・スパイダーマン2』
WOWOWシネマ 字幕版 5/4(金・祝)よる11:30

『スパイダーマン:ホームカミング』
WOWOWシネマ 字幕版 5/4(金・祝)深夜2:00

TOPへ戻る

もっと見る

「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.