WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

2018/04/13 up

【伝説の男】遺伝か!?世界一不運な無敵の刑事ジョン・マクレーンは一家でツイていなかった...

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00

 WOWOWで5月、一挙放送されるシリーズの強烈キャラの主人公をピックアップし、作品の魅力をお伝えする、題して【伝説の男】コラム。今回、紹介するのは『ダイ・ハード』シリーズの主人公ジョン・マクレーン刑事。

 スタートから、はや30年となる『ダイ・ハード』シリーズ。今もなお、第1作は名作として愛され続け、続編4作もアクション映画のお手本と人気の、伝説的大ヒット・シリーズだ。もはや「まさか!? いや、待望の!」ともいうべき最新の第6作『Die Hard Year One(仮題)』が製作中ということを、永遠のジョン・マクレーンことブルース・ウィリス自身がアメリカの人気トーク番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」で明かしたばかり。こうなると心配なのは、ブルース・ウィリス自身の年齢と健康状態だけだが、当の本人がやる気満々なのだから、第6作を心待ちにしたいところだ。

 このシリーズの最大の魅力は、なんといってもジョン・マクレーンが常に不運で巻き込まれ人生だということ。じっとしていれば問題が起きない、というわけでもなく、とにかく彼とマクレーン家の家族には不運がつきまとい、彼がフツーの刑事のままではダメな状況ができあがる。正義感ゆえに、見過ごすことができない彼は、どんなに不運でツイていない状況でも悪に立ち向かうヒーローとなるところに、観客は思いきり肩入れしてしまうのだ。そこで、彼のこれまでの不運ぶりを、立ち向かうテロリスト達ではなく、彼個人のイケてない環境から振り返りたい。

 第1作('88)では、クリスマス・イヴで別居中の妻ホリーを訪ね、NYからLAに向かったことが運の尽きでテロ事件に巻き込まれるわけだが、そもそもホリーと別居しており、家庭が破綻していたことに注目。彼女は旧姓を名乗っていたことで、テロリストにジョンとの関係を気づかれなかった(途中気づかれる)が、彼らは離婚訴訟中とみるべきだろう。娘ルーシーと息子ジャックはホリーのもとで暮らしているが、それもジョンが家庭をないがしろにした仕事人間だったということから。う......、自らダメな環境を作ってる......。

detail_180413_photo02.jpg© 1988 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 第2作('90)では、前作の事件解決をきっかけにホリーとよりを戻し、LAで生活しているジョン。だが、このときの彼はアメリカ一の有名刑事になっていた。なぜなら第1作の事件で人質を救った英雄として、マスコミに取り上げられてしまったから。クリスマス休暇を家族で過ごすため、たまたま空港に居合わせ、麻薬王奪還を図る反政府組織によるテロ事件に巻き込まれるというアンラッキーぶり。

detail_180413_photo03.jpg© 1990 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 第3作('95)でのジョンは、ホリーとまた別居することになりNYに戻っている。しかも、そのせいか、アルコールに溺れて停職中。このとき、子どもの説明はないが、よもや酒浸りの父に親権があるとは思えない。おまけにこのときの敵は、第1作で殺したテロリストの兄という、全てが身から出たサビ状態。

detail_180413_photo04.jpg© 1995 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 第4作('07)では、もう完全にホリーと離婚しており、子どもとの面会がサイバー・テロ事件に巻き込まれるきっかけに。第1作ではホリーが旧姓を使って難を逃れていたが、このときは娘が父を死んだことにして母親の姓を名乗ったことにムッとしている。いや、そりゃ父の姓を名乗ったら、いろんなことに巻きこまれると思いますし......(結局巻きこまれるんだけど)。

detail_180413_photo05.jpg© 2007 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 第5作『~ラスト・デイ』('13)ではNY市警の警部補まで出世しているジョンが、音信不通になっていた息子ジャックがロシアで身柄を拘束されたと知り、父親面で迎えに行くことで謎の武装集団に襲撃されるはめになる。そのジャックは実はCIAのスパイになっており、不仲だったジョンにも仕事を打ち明けていなかったための事件なのだが、もはやこの運の悪さは親譲りとしかいいようがない。

detail_180413_photo06.jpg© 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

いずれのエピソードにしても、ジョンと家族の間には、積年の不和がある。それゆえに、作品を面白くしているところもあるのだが、ジョンが偶然にも巻き込まれるテロリストとの対峙の一方で、このようなトホホな夫/父の姿を思ってみてほしい。この視点で観ると、無敵のヒーローと崇められるジョン・マクレーンから、どこにでもいそうなフツーの男を感じられ、作品を楽しく観られるはずだ。

[放送情報]

「ダイ・ハード」全5作一挙放送

『ダイ・ハード』
WOWOWプライム 吹替版 5/3(木・祝)午後0:00
WOWOWシネマ 字幕版 5/6(日)午前10:00

『ダイ・ハード2』
WOWOWシネマ 字幕版 5/6(日)午後0:15

『ダイ・ハード3』
WOWOWシネマ 字幕版 5/6(日)午後2:30

『ダイ・ハード4.0』
WOWOWシネマ 字幕版 5/6(日)午後4:45

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』
WOWOWシネマ 字幕版 5/6(日)よる7:00

TOPへ戻る

もっと見る

「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00 「希望のかなた」12/3(月)よる11:00 「ジグソウ:ソウ・レガシー」12/15(土)深夜0:00 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」12/9(日)午後2:45 「gifted/ギフテッド」12/2(日)よる9:00 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」11/24(土)よる8:00ほか 「惑星大戦争」11/25(日)午前10:30 「スリー・ビルボード」11/18(日)よる9:00 ほか 「エルネスト」11/17(土)よる10:00 「ピンポン」11/11(日)よる7:00 「グレイテスト・ショーマン」11/17(土)よる8:00ほか 「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.