2019/10/11 up

スピードワゴン小沢一敬が「最高にシビれる映画の名セリフ」を紹介! 第8回の名セリフは「子どもの頃は――誰もが自信に満ちてる」

「アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング」10/18(金)よる9:00他

取材・文=八木賢太郎

映画を愛するスピードワゴンの小沢一敬さんならではの「僕が思う、最高にシビれるこの映画の名セリフ」をお届け。第8回は、"こじらせ女子"がハプニングによって"超絶ポジティブ女子"に変身するラブ・コメディ『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』('18)。さて、どんな名セリフが飛び出すか?

──今回の作品、いかがでしたか?

小沢一敬(以下、小沢)「ものすごく面白かった~。この企画が始まってから観た映画の中で一番よかったと思う」

──いきなり大絶賛ですね。今回はすべての女子に観てもらいたい作品ですよね。

小沢「そう、すべての女子は観るべきだし、男子にも観てもらいたい。たぶん男子がこれを観たら、女子に優しくなれると思うよ」

──そうか、むしろ男性こそ観るべき映画かもしれない。

小沢「しかも、男性がひとりで映画館で観るのは気が引ける作品だと思うから、こういうときに家で観られるWOWOWはホントに助かるよね(笑)」

──WOWOWだからこそ、周りの目を気にせずに観られると。

小沢「ちなみに映画の中のあるシーンで、『"美人になること"が夢なんて悲し過ぎる』ってセリフが出てくるじゃん。これは昔から言ってることなんだけど、俺はね、世の中にかわいくない女の子なんてひとりもいないと思ってるの。なぜかと言うと、たとえどんな顔でも、笑ってる女の子って絶対にかわいいのよ。コンプレックスがあると上手に笑えなくなるだけで、笑えば全員かわいいのよ。だから、お客さんを笑わせられる俺らの仕事は、マジで最高の仕事(笑)」

──さすが、セカイノオザワ!

小沢「『周りにブスが多い』って思ってる男は、それは自分のせいなんだよ。自分が女の子たちを笑わせてないから、そう思うんだよ」

──そういうことを教えてくれる映画ですね。

小沢「そうだね。だからもう、すべての人に観てもらいたいし、俺が一番薦めるべき映画だと思った。それぐらいすばらしい映画。これ、何か映画賞は取ったの?」

──主演のエイミー・シューマーが第27回MTVムービー・アワードのコメディ演技賞候補になったくらいです。

小沢「こういう作品は賞を取りにくいもんね。でも、もしも"オザデミー賞"があったら、最優秀作品賞をあげたいな(笑)。主演の女優さんも表情が豊かでよかったし、俺は吹き替えで観たんだけど、主演の声をあててた(渡辺)直美が、またいいんだよね」

──確かに、この役にハマりますよね、渡辺直美さん。

小沢「直美は今回、真面目に吹き替えをやってるんだけど、たまに遊び心を出してネイティブっぽいしゃべり方でやってみたりするシーンもあってさ。そういうのも含めて、全部うまかったと思う。俺は、芸人の女性の中で一番付き合いたいと思ってるのが直美なのね」

──それはどういう部分で?

小沢「直美はいつも表情がキラキラしてるし、けなげだし、頑張り屋じゃん。あんなにかわいいやつはいないと思ってるの、俺は。それこそ、この主人公みたいな子だよね」

──主人公のレネーは、自分の容姿にコンプレックスがあって、自分を変えたいけど自信がない。そんなときにハプニングで頭を打って気を失ってしまい、そこから目覚めた後、見た目は何も変わらないのに、自分が絶世の美女に変身したと勘違いして、自信に満ちあふれた女性へと変貌していきます。

小沢「あのポジティブ・モードになってからの彼女は、まさに直美みたいに、すごく前向きで、常に気の利いた受け答えができるようになって、何も気にしないで生きていくじゃん。あれがすごくいいんだよ」

detail_191011_photo02.jpg© 2018 TBV PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

──そんな大絶賛の今回の作品の中で、小沢さんがシビれた名セリフはなんでしょうか?

小沢「子どもの頃は――誰もが自信に満ちてる」

※編集部注
ここから先はネタバレを含みますのでご注意ください。

──再び頭を打って気を失ったことで元の自信のない女性に戻ってしまったレネーが、最後に勇気を出して大勢の観衆の前で自分の思いのすべてをプレゼンするクライマックスでのセリフ。「子どもの頃は――誰もが自信に満ちてる(中略)でも、あるきっかけで疑問を抱き始める」「何度も自分を疑ううちにすべての自信を失う」と話し、続けて「子どもの頃の自信を失わないで」「だって私は私だから!」「私であることを誇りに思う!」と女性たちに呼び掛けます。

小沢「あのシーンは、マジで涙出てきたよ。最後に『あなたたちは美しい!』『あなたたちがこの新商品(レネーがプレゼンする商品)の"顔"で――リリー・ルクレア(レネーが勤める高級コスメ会社)の"顔"よ!』って言うじゃん。あそこが、ホントに泣ける」

──まさに、あのプレゼンの長セリフのためにそれまでの2時間弱の物語があった、という感じでした。

小沢「今はTwitterとかInstagramとかがはやっててさ、とにかくみんな自分に自信がないから、周りの人へのアピール合戦ばっかりじゃん。みんなに好かれるコメントしなきゃとか、みんながいいね!をしてくれる食事しなきゃとか、ホントにくだらないなと思ってて。自分の人生なんだから、周りの人の評価なんて関係ないんだよ。そんなこと気にしないで、みんなこのレネーのように自分がナンバーワンだと思って生きればいいんだよ」

detail_191011_photo03.jpg© 2018 TBV PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

──ああいう自己肯定感って本当に大事ですよね。特にこういう時代だからこそ。

小沢「そこでふと気付いたんだけどさ、このレネーって、俺なんだよね」

──どういう意味でしょう?

小沢「例えば徳井君(お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実)って、一緒にいるとめちゃくちゃカッコいいんだけどさ、俺はそんな徳井君にも引けを取らないほどモテるのね(笑)。それって、俺が自分に自信があるからなんだよね」

──え~と、どこで頭を打ったんですか?

小沢「頭打った覚えはないんだけどねぇ。もしかして、小学校の時に野球やってて、レフトフライを捕ろうとして壁に激突したことがあったから、あの日からかもしれない(笑)」

──でも実際、自分に自信がある人はモテますよ、男でも女でも。

小沢「今まで、自分に自信があるなんて思ったことなかったけど。この映画を観て、それに気付かされたよね」

──他にも名セリフはたくさんありましたね。

小沢「俺が好きなのは、最後にレネーが、けんか別れしてた彼氏の所へ駆け付けるところね」

──監視カメラで彼氏のイーサン(ローリー・スコーヴェル)に映像を見られてると知らずに、レネーが鼻に入ったゴミをほじりながら「会いたくないだろうけど私の話を聞いて」と玄関先で必死で呼び掛けるシーンですね。

小沢「そうそう。で、外に出てきたイーサンが鼻のゴミを取ってあげると、彼女は『ずっと見えてた? あれカメラ?』って驚くんだけど、その時にイーサンが言うセリフが、『ずっと君が見えてた』。あれって、ダブル・ミーニングになってるんだよね。いま監視カメラで見てたって意味だけじゃなく、『僕はずっと君の本当の姿が見えてたんだよ』って」

──セリフがいちいちシャレてますよね、この映画。

小沢「あと、あそこもいいよね。デート中にレネーに『キスする気?』って聞かれたときに、イーサンが『僕も君のことをもっと近くに感じて――こう伝えたい』って言いながら唇を近づけて、『僕は...君にキスしたい』って。俺さ、ああいうのが大好きなんだよ!(笑)」

──いちいち刺さってますね、小沢さんに。

小沢「すごい刺さったわ、この映画。人生のベスト10にも入るかもしれないな。たぶん、これを超える映画はもう出てこないと思うから、この連載は今回で最終回に......(笑)」

──いやいや、そんなことないです! まだまだいい映画は次々と出てきますから。

小沢「とにかく今回は、WOWOWに入ってる人は全員に観てほしい作品でしたね」

取材・文=八木賢太郎

  • detail_ozawa.jpg
  • 小沢一敬
    愛知県出身。1973年生まれ。お笑いコンビ、スピードワゴンのボケ&ネタ作り担当。書き下ろし小説「でらつれ」や、名言を扱った「夜が小沢をそそのかす スポーツ漫画と芸人の囁き」「恋ができるなら失恋したってかまわない」など著書も多数ある。

「このセリフに心撃ち抜かれちゃいました」の過去記事はこちらから
小沢一敬の「このセリフに心撃ち抜かれちゃいました」

[放送情報]

アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング
WOWOWシネマ 10/18(金)よる9:00
WOWOWプライム 10/21(月)よる8:00
WOWOWシネマ 10/29(火)午後5:00

TOPへ戻る

期間限定WOWOW WEB会員なら話題の最新映画が1200円(ムビチケ)

最新記事

もっと見る

© WOWOW INC.