WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

カテゴリ「インタビュー」の記事

 かつて凶悪な事件を起こし"少年A"として報道され、世間を震撼させた14歳がいた。彼は今どのような社会生活を送っているのだろうか? 映画『友罪』は、少年Aの現在を、彼が元ジャーナリスト、益田(生田斗真)との間にささやかな友情を育むさまを通して描くフィクションだ。瑛太は、少年A=鈴木秀人として生きる青年を演じ、私たちの視線を強く引き付ける。

「まず、瀬々敬久監督にお会いしたときに、『オレが俳優だったら、この役は引き受けない』と言われました(笑)。それなりの覚悟を持って台本や少年Aの手記を読ませていただきました。彼がどんな幼少期を送っていたか。彼が抱えていたどうすることもできない感情に対して、自分の中に全面的な否定ができないところが出てきました。本当にこれは丁寧に演じていきたい、監督と一緒に作っていきたいというところからスタートし、撮影現場でもずっとその手記を持ち歩いて。読みながら常に彼のことをずっと抱えながら演じ、現場にいました」

 決めつけがない。かといって謎のベールに包んでいるわけでもない。その間から、人間としての、生き物としての真実らしきものがふと姿を現す瞬間がある。瑛太はそれを丁寧に形にしている。

「人間として生きたいという希望みたいなものを持っている人間なんですよね。決して他者を拒絶しているわけでもないし。そのあたりを芝居でどう見せていくかはいろいろ監督とディスカッションしました。記号的になり過ぎずに、人間として生きている以上、感情が動くことはきっとあると思いながら演じていました」

 閉ざしている部分と、解放したがっている部分。そのない交ぜ感覚が瑛太ならではの演技表現になっている。

「様々な想像をしてもらえる作品になっていると思います。」

 観客を信頼し、益田に扮した生田斗真を信頼した。

「斗真はどっしりと現場にいてくれる。だからこっちが何を仕掛けていっても大丈夫なんです。ある意味、そこに甘えるというか、委ねているところはありましたね。僕は自由に演じさせていただきました。斗真には、僕の芝居を感じ取って大きく包み込んでもらった感触があります。人と人とが友達になるときって理屈じゃないところがあるじゃないですか。そういう意味では斗真はやりやすかったですね。自分のことや俳優としてどんなことを考えているか、言葉で説明しなくても感じ取ってくれている。作品を良くしようというところで現場に一緒にいられる。役同士もその感覚に近いんじゃないのかなと。益田と鈴木も理屈抜きで吸い寄せられていったのだと思います」

 瑛太はWOWOWの6月ラインナップをめくりながら、「<恐怖の超常現象>ですかね」と気になる特集タイトルをつぶやいた。

「超常現象とかホラーというものが昔から観たくないんですよ(笑)。僕、怖いのが苦手だから。ゾンビものとか。SFもそうですけど、要は現実離れしているところを、人間の手で作っていく。人間が作ったものなのに、ものすごく怖い。『これ、撮影してるんだよな』っていう(笑)。本番、用意、スタート!ってやってるんだよなとわかってはいながらも、そういう映画は観られない。だけど、そういう映画が作られていることにすごく興味はあります。観ないですけど(笑)」

detail_180522b_photo02.jpgショートウェーブ © SHORTWAVE LLC 2016

 恐怖にしろ、不思議にしろ、それを人力で作り上げるのが映画だ。そうして提示された"迫真"に私たち観客は戦慄する。瑛太は作り手側の一人として、そこが気になっているのだ。

「見せ方、カメラワーク、手持ち撮影のブレ方...映画は二次元の世界なのに、観ている側は全部の五感を働かされてしまう。その背景に何があるんだろうって。作り手の"人間の心をどれだけ揺さぶってやろう"という意志にすごい熱を感じますね。それは映像として面白いものにしようということだから。ホラーのオファー? 断ると思います(笑)。廃墟とかの現場、行きたくないですよ。それに叫んだりするでしょう? 絶対、喉つぶしますよ(笑)。怖がりというか、どんどん想像が働いてしまうんですよ」

detail_180522b_photo03.jpgデス・ライナーズ © SHORTWAVE LLC 2016

 考えてみればホラー映画の存在は、かつて映画がお化け屋敷のような場所だったことの名残りなのかもしれない。映画黎明期に作られたリュミエール兄弟の『ラ・シオタ駅への列車の到着』は多くの観客を震え上がらせたと伝えられている。

「映画は刺激物ですよね。生活には刺激物が必要だと言いますよね。ずっと平々淡々と暮らすよりはたまにジェットコースターとかに乗ったほうが脳にもいいらしいですから」

そして瑛太という俳優も刺激物を作り出す名手の一人である。

取材・文=相田冬二
撮影=坪田彩


[放送情報]

映画『友罪』公開記念!俳優 生田斗真 彼らが本気で編むときは、
WOWOWシネマ 5/25(金)よる6:45

映画『友罪』公開記念!俳優 生田斗真 土竜の唄 潜入捜査官REIJI
WOWOWシネマ 5/26(土)午後0:00

映画『友罪』公開記念!俳優 生田斗真 土竜の唄 香港狂騒曲
WOWOWシネマ 5/26(土)午後2:15

ショートウェーブ
WOWOWシネマ 6/12(火)よる11:00

デス・ライナーズ
WOWOWシネマ 6/14(木)よる11:00

 薬丸岳の同名ベストセラー小説を『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が映画化した『友罪』。さまざまな罪にさいなまれる人々を描く本作で、佐藤浩市は交通事故を起こし、人を死なせてしまった息子の罪を背負うタクシー運転手、山内修司の終わりのない苦悩を体現している。

「自分の世代の感覚かもしれないけど、ある種の集落、村落の意識は小さな島国にはありますよね。何かあったら、それは個人のものではなく、一族郎党が背負っていかなければいけない。そういった意識があるがゆえに、たとえ禊(みそぎ)にはならなくても、贖罪の念の中で生きていくしかない。山内はそう決めた。笑っちゃいけないと。誰に見られているか分からないからと。自分たちが幸せであってはいけない。そういう生き方こそが贖罪なのだと。それは勝手な解釈だよね。被害者の家族にとっては何の慰めにもならない。だけど彼はそういう生き方を選んだ。"解答"はいくつもあるかもしれないけど、"正解"がないことじゃないですか。だから、すべては『そうするしかない』ということだと思うんです。ただ、映画の最後、山内自身も思いもよらなかったことが起こる。そこは観て下さる方に届いてほしいと思いますね」

 罪の意識をどう取り扱い、どう選択していくか。それが本作では問われている。

「犯罪という轍(わだち)を超えた瞬間に、被害者の家族、加害者の家族の喜びと悲しみ、嬉しさ、憎しみが生まれる。すべて表裏なんですよ。絶対、同じ方向を向かない。すべてが真逆の方向に向くしかない。ただ、いまの時代は二元論しかない。勝ち負けとか、白か黒かとかで物事が判断されている。でもそうじゃない部分も人間にはあるのだということです」

 罪の問題は決して二元論に回収されない。そのような単純なものではない。

「そこに何が横たわっていたかということは、当事者じゃなければ分からなかったりする。それを解きほぐしていく。浮かび上がらせる。そのことによってなぜそれは起こったのかを周りが考えなければいけない。なのに、いまは『起きたこと』についてしか語られない」

 ある事件について考えることは人間について考えることにほかならない。ところが、ネットでの言論は行為を糾弾し、結果を断罪するばかりだ。「物事を深く考える余裕がないのかもしれない。殺伐としているんですかね」と佐藤は嘆く。その上で、映画に仮託する。

「どう受け取るか。どう読み解くか。それは観る人の経験値によっても違うと思います。何らかのかたちで持ち帰っていただけたら、この映画にも意味が生まれると思います」

 そんな佐藤はWOWOWの6月ラインナップを眺めると目を細めた。

「あ、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、やってくれるんですね。『心が叫びたがってるんだ。』もある」

 いずれも佐藤の息子、寛一郎の出演作だ。奇しくも寛一郎は『友罪』の瀬々敬久監督、渾身の自主制作映画『菊とギロチン』(7月7日劇場公開)にも出演している。佐藤浩市もまた、瀬々監督がインディーズで撮り上げた大作『ヘヴンズ ストーリー』に出演した。
※『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『心が叫びたがっているんだ。』は既に公開されているが、撮影は『菊とギロチン』が先に行なわれた。

detail_180522a_photo02.jpg©2017 映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 ©超平和バスターズ

「『菊とギロチン』を試写で観て瀬々さんに言ったんです。『あなた、よく映画1本目の新人を使ったね』と。あんまり親がこういうこと言っちゃいけないけど、やっぱり1本目って絶対、1本目なんですよ。特別なものなんです。作品を重ねていくと、経験を積んで、いろんな引き出しは増える。素養もあるようになる。でも、1本目の、ある意味、手足が不自由な中でやった表現って、絶対その後には出てくるものじゃないんですよ。だから瀬々さんには感謝しています。瀬々さんにシゴカれてよかったなと。結果的にそうなったわけだけど、2本目以降が先に公開されたこともありがたかったし」

 俳優には、新人の時にしか生まれない輝きがある。『ナミヤ』『"ここさけ"』には寛一郎のかけがえのない瞬間が映っている。

取材・文=相田冬二
撮影=坪田彩


 元ジャーナリストの益田(生田斗真)とかつて「少年A」と呼ばれた元犯罪者の青年、鈴木(瑛太)の出会いを描く映画『友罪』。山本美月はこの物語で、「少年A」の事件を追う雑誌記者の杉本清美を演じている。

「『普通の人でいてくれ』と瀬々敬久監督に言われ、なるべく普通でいるように自分なりに考えながら演じていましたが、"普通"というのが何なのか、まずそれが難しかった。仕事にまっすぐ向き合う記者としての顔、益田さんと過去に付き合っていた女性としての顔、その両方を表現できたらと思っていました」

 "普通"がいちばん難しい。多くの演技者が口にする言葉である。「(他のキャラクターが)みんな特徴的なので、なるべくフラットにと意識した」と言い、「見ている方に一番近いのかな」と清美のポジションを語る。確かにディープな作品だけに、清美は観客にとってよりどころになる存在だ。本作は、ジャーナリズムのあり方にも大きな問い掛けをしている。

「彼女としては、取材対象は割り切って『興味のある対象』なのだろうと考えていました。もちろん、プライベートをさらされてしまう人への罪悪感みたいな気持ちもあるでしょうけど、記者としての好奇心が勝ってしまうというか。しゃべっているうちになんだか興味が出てきて楽しくなってしまう、そういうところを表現したかった」

 シンプルなキャラクターだ。知りたいことは知りたい。それは私たち大衆の素朴な欲望でもある。そしてこの映画ではさまざまな"罪"が描かれる。その中には加害者家族が背負う贖罪もある。

「私個人としては、人を殺してしまった人間を許して寄り添うようなことはできない気がします。ただ、その家族に対してとなると難しいですよね。この作品のように、息子がやってしまったことを一生かけて償おうとする親もいる。今の私だと、どうしても息子側の立場に立って見てしまうのですが、もう少し年齢を重ねて親側に立つようになると、見え方が変わってくるのかもしれない。これは本当に正解のない作品なのでしょうね」

 6月のWOWOWラインナップを見てもらうと、「あ、"ここさけ"!」と目を輝かせた。男女4人の高校生のすれ違う思いを見つめたアニメーション映画『心が叫びたがってるんだ。』のことである。

「"あの花"(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』)のスタッフが作ったんですよね。好きなんです。それらで脚本を書かれた岡田麿里さんの監督&脚本作『さよならの朝に約束の花をかざろう』も見ました。岡田さんの作品には世界観がありますね。"ここさけ"のときは『少女』(本田翼と共演。原作は湊かなえ)という映画を撮っていたんです。そのせいなのか、普段とは全然違う視点で見ていて、自分でもよく分からないところで泣いていました。一緒に見に行ったスタッフと感想が全然違っていてびっくりしました。サントラも買いましたよ」

detail_180518a_photo02.jpg©KOKOSAKE PROJECT

 山本は『少女』で女子高校生を演じていた。だからこそのシンクロがあったようだ。

「映画の中でずっといじめられていたせいか、"ここさけ"の仁藤菜月というかわいい女の子のことが少し嫌いになりました(笑)。なんで坂上拓実は(主人公の)成瀬順ではなくて仁藤を選ぶんだろう、成瀬順の方がいい子なのにって。それくらい入り込みました。吉田羊さんが演じた成瀬順のお母さんもすごくリアルでしたね」

 映画は、見た当時の自分自身の状況を掘り起こすメディアでもある。

「特にあのときは地方にいて、がっつり役に入り込んでいたんです。(『少女』の)三島有紀子監督はそういう演出をする方でしたから。催眠術をかけるみたいに耳元でぼそぼそ語り掛けてくる。実際、役に入りやすかったですね」

 そんな記憶とともに"ここさけ"という映画は山本美月の中で永遠化されているのかもしれない。

取材・文=相田冬二
撮影=坪田彩


TOPへ戻る

もっと見る

「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.