WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

「生中継!第91回アカデミー賞授賞式」2/25(月)午前8:30

 数あるアカデミー賞のカテゴリーの中でも、作品賞や監督賞、主演男優&女優賞などはニュースでも大きく取り上げられるが、マニアックな部類に入るのが視覚効果賞だろう。

 そもそも「視覚効果とは何か」ということすら、理解していない人も多い。「CGを使うヤツでしょ」という答えが返ってきそうだが、視覚効果(ビジュアルエフェクト: VFX)とCGに直接の関係はなく、昔のように光学(オプチカル)合成などの技術を用いていても視覚効果と呼ばれる。簡単にいえば、撮影済みの映像に二次的な効果を加えることだ。

 よく似た言葉に特殊効果(スペシャル・エフェクト: SFX)があり、フィジカル・エフェクト、プラクティカル・エフェクトなどとも呼ばれ、撮影中に爆発を起こしたり、天候操作、建物の倒壊、飛行機&船舶などの揺れ、ワイヤーワーク、アニマトロニクスなどの物理的な仕掛けを施してリアルタイムに表現される効果をいう。

 以前は、特殊効果のスーパーバイザーが視覚効果も兼任することが多かったため、特殊効果賞(Academy Award for Best Special Effects)というカテゴリーで一緒にされていたが、驚くことに1939年から1962年の間は音響効果とも合同だった。そのため昔の米国の映画雑誌には、「業界内でヒエラルキーが高い、音響効果技術者が優遇されている」というコメントも載っていた(こういった扱いは今でも変わらず、映画のエンドクレジットでは視覚効果スタッフが最後の方にやっと出てくるというのが習慣化している)。

 1963年にやっと音響効果編集賞(現・音響編集賞)が分離され、1964年から特殊視覚効果賞(Best Special Visual Effects)となっている。この頃の受賞者を見ると、『メリー・ポピンズ』('64)でマットペインティングを手掛けたピーター・エレンショウや、『ミクロの決死圏』('66)の合成を担当したアート・クルックシャンクがいる一方で、『007/サンダーボール作戦』('65)のスペシャルエフェクトを手掛けたジョン・スティアーズもいるというように、SFX/VFXの両分野のスタッフが混ざってしまっている(極端な例では、監督自身が受賞してしまった1968年の『2001年宇宙の旅』のスタンリー・キューブリックがある)。

 こういったその他もろもろ扱いを脱したのは、カテゴリーの名称が1977年に視覚効果賞(Best Visual Effects)とされてからだ。そして受賞作となった『スター・ウォーズ』('77)の影響で、映画業界全体における視覚効果への注目も大きくなる(貢献度の割に、その地位は低いままだが)。名称が変わっても、完全に特殊効果技術者が排除されてしまったわけではないが、モーション・コントロール・カメラやオプチカル・プリンターなどの視覚効果用機材が、とてもカッコよく感じられた。

 そして何度も受賞を繰り返した、ジョージ・ルーカス率いるI.L.M.のようなスタジオや、そこでスーパーバイザーを務めたリチャード・エドランド、デニス・ミューレン、ケン・ローストンらの名前がスター扱いされるようになっていく。

 特殊効果賞としてスタートして以来、オスカー受賞者の国はアメリカかイギリスのどちらかだった。だがその状況も21世紀に入って一変する。『ロード・オブ・ザ・リング』3部作('01~'03)と『キング・コング』('05)、『アバター』('09)で受賞したニュージーランドのWeta Digitalや、『ヒューゴの不思議な発明』('11)を手掛けたドイツのピクソモンド、さらに『ゼロ・グラビティ』('13)のフレームストアや、『インセプション』('10)、『インターステラー』('14)、『エクス・マキナ』('15)、『ブレードランナー 2049』('17)のダブル・ネガティブ(DNEG)、『ジャングル・ブック』('16)のMPCといった英国勢など、米国以外に本社を持つスタジオが多い。米国企業の受賞は、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』('12)のリズム&ヒューズ・スタジオの第85回が最後だが、授賞式の11日前に同社は倒産していた。

 こうなってしまった背景には、視覚効果におけるCGの比率が高まり、コンピューターとソフトさえあれば、世界中どこでもスタジオが作れるようになったことが関係している。そのため、多くの国や州が税制優遇でVFXスタジオの誘致合戦を繰り広げ、米国企業は圧倒的に不利になってしまったのである。

『レディ・プレイヤー1』

detail_190222_photo02.jpg© Warner Bros. Entertainment Inc.

 だが今年は、I.L.M.が『レディ・プレイヤー1』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の3本でノミネートされており、久々に米国にオスカーが戻ってくる可能性もある(とはいえ、これらの作品に関わっているスタジオは多く、国籍も多様である)。また英国勢では、『ファースト・マン』のDNEG(現在はインド資本)や『プーと大人になった僕』のフレームストア(現在は中国資本)などもあって、オスカーの行方は予断を許さない。

文=大口孝之

[放送情報]

レディ・プレイヤー1
WOWOWシネマ 2/22(金) 深夜1:00
生中継!第91回アカデミー賞授賞式
WOWOWプライム 2/25(月) 午前8:30

「blank13」3/2(土)よる10:00

斎藤工さんと板谷由夏さんが、話題の映画の魅力を語りつくす映画情報番組「映画工房」。今回は、斎藤工さんが「齊藤工」名義でメガホンを取った長編監督デビュー作『blank13』(17)を取り上げます。放送作家のはしもとこうじの実体験を基に、音信不通だった父親が余命3カ月の状態で発見されたことから再び動きだす家族の物語を綴る。父親に対して複雑な感情を抱く主人公、コウジを高橋一生、その父、雅人をリリー・フランキーが演じる。

板谷「さぁ、とうとうこの日がやってまいりました」
斎藤「そうですね」
板谷「この番組で、映画工房で、工君の映画を紹介する日が」
斎藤「本当に皆さんのおかげです」
板谷「高橋一生さんとのコミュニケーションを含め、製作の日々がどうだったのかっていうのはとても興味あります。世代的には?」
斎藤「ほぼ一緒です。一生さんがひとつ年上なくらいです。一生さんの名前が出たときから僕とはしもとさんは「一生さんで撮りたい」と決めていて。でも一生さんは、プライベートを含めてあまりにも類似するような体験をされた直後だったので、実は何度かお断りされました。だけど、最後の最後に、脚本の西条みつとしさんに『違う角度から物語をつくってほしい』ということをお願いした紙1枚だけを持って、『読まなくてもいいので持って帰ってください』と一生さん宛てに渡しました。その後『一生さんは出演しない方向で』となった翌日に、ご本人から連絡をいただき『これはできると思います』と。そこからは一生さん、本当に台本に寄り添ってくださいました。当初の台本にあった感情の断定、"(涙)"みたいなものを全部排除していったんです。悲しいときに人間が泣くとは限らない、というのが一生さんの実体験としてあったらしいので。映画全体のトーンがまさに一生さん自身が持っている質感みたいなものにどんどんなっていきました。だから、現場で指示したことはほぼ導線くらいで、クランクインの日までの一生さんとの時間が、この作品の指針になっています。はしもとさんもそうですけど、そういう個々の力を総動員しました」
板谷「なんか、動いたね」
斎藤「そうなんです。だから僕、本当に監督って呼べないくらい、総合力の賜物でしかないというのが正直な気持ちです。差し入れ多めの俳優でしたね(笑)」
板谷「(笑)」

13年前に蒸発したコウジの父、雅人が余命3カ月の状態で見つかった。母の洋子と兄のヨシユキは見舞いを拒み、病院を訪ねたコウジも金の無心をする雅人に失望。家族の溝は埋まらないまま、雅人は帰らぬ人となった。葬儀の日、参列したのは数少ない雅人の友人たち。やがて彼らは、僧侶に促されて雅人の思い出を語り始める。そこで明らかになったのは、コウジや家族が誰も知らない、人情味あふれる雅人の生きざまだった。本作の見どころは?

板谷「私は後半が泣けた。お父さんを葬儀の参列者によって知るというところ。例えばうちの家族が同じことになったときに、私が知っている家族と、みんなが知っているその人、故人のことって一致することがすべてじゃないし、しないことだってある。それを亡くなったことによって気付くってとこがね、グッと来た。あの場面によって、持って帰るものがお客さんは多かったと思う。自分の家族のこととか、自分の家族の自分が知らない面とか。もっと言うと、自分の、家族が知らない面だってあるわけだから」
斎藤「そうですね」
板谷「そういう意味では、あそこで"家族"というものが浮き彫りになるというか、"家族"って? みたいなことを考えさせられる感じが、あなた(斎藤)らしいなって観てた」
斎藤「ありがとうございます。僕の中でポイントが2つあって。一生さんとリリー・フランキーさんは、コウジと雅人が13年ぶりに再会するシーンを、実際にお2人が初めましての状況で演じています。実験的ではあるのですが、お互いの湿度みたいなものを感じ合う会話になっている瞬間を収めました。そしてラストシーン、最後の一生さんの表情に関しては、僕は兄のヨシユキ役で出演していたのでモニターチェックをしていません。カットがかかった後、モニターを観ていたはしもとさんが号泣しているのを見て"ノー・ルック・オッケー"を出しました(笑)。一生さんが、人間は本当に悲しいときにどういう感情になるか、そのときになってみないと分からないとおっしゃっていた、その表情が撮れたんだと目じゃない部分で確認できた。ここはもう、二度と撮れないワンテイク・ファーストカットの奇跡だと思います。その辺が見どころかもしれません。ぜひお付き合いください」

WOWOWシネマで放送される注目の作品をピックアップしてレース形式でチェックする映画工房ダービー。今週のレースは2月25日から始まる【『ワイルド・スピード』8作品一挙放送】から、「どのワイルド系男子が好き?」を渋谷の女子たちにチェックします。

detail_180423_photo05.jpg

【話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を、映画好きの俳優、斎藤工と板谷由夏が語りつくす。映画との新たな出会いを提供する映画情報番組・映画工房】

詳しくはこちら

uliza_thumb_625072.jpg


「モーリス」2/24(日)よる11:30

  • detail_190215_photo02.jpg
  • 文=よしひろまさみち

    映画ライター。「sweet」「an an」ほか、女性誌、情報誌などで連載。テレビやラジオなどの番組でも映画紹介を担当している。

 同性愛、ことボーイズ・ラブの映画は、'80年代から女性に支持されているジャンル。'80~'90年代はよく「禁断の愛」なんてキャッチコピーをつけられていたけど、もうそんなの昔の話ですよね~。というか、ぶっちゃけ今、ゲイやレズビアン、トランスジェンダーなどの性的マイノリティを描いた映画に「禁断の~」なんてキャッチコピーつけたら、あたしを筆頭に大激怒ですよ。だって、禁じられてないんだもの。性自認ができている大人同士の愛に禁断なんてありません(子どもはダメよ)。

 とはいえ、ボーイズ・ラブの映画となると、それが禁じられている、もしくは偏見や差別にさらされることを嫌って隠れてコソコソ、という背徳感込みで、抑圧された中での恋愛にときめきを感じるというのも否定はできないのよね。となると、舞台設定は'80年代以前、もしくは宗教的背景があって同性愛を認めるわけにはいかん、という設定じゃないとダメ。
その点での傑作といえば『モーリス』('87)。これが日本で公開されたときのことは忘れられません。若き日のヒュー・グラントの姿がTVスポットでバンバン流れ、シネスイッチ銀座に大行列&立ち見御礼。いやー、よかった。何がよかったって、同性愛が犯罪とされていた時代の物語が持つ背徳感に反比例した映像と俳優たちの美しさが、素直に高い評価を受けたこと。またぬれ場ありなのに、高校生でも観に行けたこと(それはあたし)。物語自体はアルアルなのに、とにかく美しいのが見どころ(失礼......でもゲイだから、という話でもない初恋引きずり物語だもの)。これは、もうジェームズ・アイヴォリー監督のなせる技。
ジェームズ・アイヴォリー監督は、現在御年90歳の巨匠。『眺めのいい部屋』('86)の大ヒットの後『モーリス』を撮ったこともあって、『モーリス』はかなり注目を浴びたのよね。そんな監督自身もゲイ。パートナーとは彼が亡くなるまで公私を共にした、1920年代生まれのアメリカ人としてはかなりハイカラなお方(なんと40年以上交際!)。だからよね、マイノリティに対する視線が優しいの。彼の手掛けた作品はどれもそうだもの。『日の名残り』('93)にしたってアイデンティティゆえに孤独を味わうマイノリティを描いた傑作。彼やパートナー、そして友が味わってきた差別や偏見を、肌身で感じているから、「性的マイノリティだから」とくくらぬところで、マイノリティに対して優しいまなざしを投げ掛けてくれる、そんな作風。

『君の名前で僕を呼んで』

detail_190215_photo03.jpg©Frenesy , La Cinefacture

 それゆえに、アイヴォリー監督が脚色を手掛けてオスカーを獲得した『君の名前で僕を呼んで』も、ひたすらに美しい情景と青年たちを映し出す大傑作。監督は『サスペリア』のリメイクに挑んだルカ・グァダニーノだけれども、脚本から伝わる優しくて温かなまなざしは、エリオ(ティモシー・シャラメ)とオリヴァー(アーミー・ハマー)の関係性と、'80年代にしてはえらくリベラルなエリオの両親のキャラクターに表れているもの。確かにボーイズ・ラブ、というジャンルには入るけど、ぜひともそれだけじゃないところをちゃんとくみ取って!

[放送情報]

君の名前で僕を呼んで
WOWOWシネマ 2/24(日)よる9:00
モーリス
WOWOWシネマ 2/24(日)よる11:30

TOPへ戻る

もっと見る

「生中継!第91回アカデミー賞授賞式」2/25(月)午前8:30 「blank13」3/2(土)よる10:00 「モーリス」2/24(日)よる11:30 「ナチュラルウーマン」2/22(金)よる11:00  「犬ヶ島」2/17(日)よる9:00 「心と体と」2/12(火)よる9:00 「スプリット」2/10(日)よる9:00 「仁義の墓場」2/5(火)よる11:00 「孤狼の血」2/3(日)よる10:00 「ローマンという名の男 信念の行方」2/3(日)深夜0:30 「レディ・プレイヤー1」1/26(土)よる8:00 『人生はシネマティック!』1/25(金)よる7:00 「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」1/15(火)よる9:00 『リメンバー・ミー(2017)』1/19(土)よる8:00 「パディントン2」1/12(土)よる8:00 「君よ憤怒の河を渉れ」1/5(土)深夜0:30 「ブラックパンサー」1/5(土)よる8:00ほか 「ちはやふる-上の句-」1/1(火・祝)午後5:15 「デトロイト」2019/1/6(日)よる9:00 「三十四丁目の奇蹟」12/24(月・休)午前7:45 「欲望に溺れて」12/27(木)よる11:00 「グレムリン」12/24(月・休)午前11:45 「あゝ、荒野 前篇」[R15+指定]12/23(日・祝)よる10:00 「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」12/16(日)よる9:00 「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00 「希望のかなた」12/3(月)よる11:00 「ジグソウ:ソウ・レガシー」12/15(土)深夜0:00 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」12/9(日)午後2:45 「gifted/ギフテッド」12/2(日)よる9:00 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」11/24(土)よる8:00ほか 「惑星大戦争」11/25(日)午前10:30 「スリー・ビルボード」11/18(日)よる9:00 ほか 「エルネスト」11/17(土)よる10:00 「ピンポン」11/11(日)よる7:00 「グレイテスト・ショーマン」11/17(土)よる8:00ほか 「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.