WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00

 映画監督への夢を持ち、足繁く映画館「ロマンス劇場」に通う青年、健司(坂口健太郎)。彼は、映写室で見つけた戦前のモノクロ・フィルム『お転婆姫と三獣士』に登場するお姫様、美雪(綾瀬はるか)に恋をしてしまう。すると、奇跡が起き、美雪がモノクロのまま実体として健司の前に出現。2人は一緒に生活を始めるのだが、2人は触れ合うことができない。なぜなら、思いを寄せた相手に触れると、美雪は消えてしまう運命にあったから......。

 綾瀬はるかと坂口健太郎のW主演によるラブ・ロマンス『今夜、ロマンス劇場で』('18)は、今が旬の2人の共演が話題になった。だが、それだけではない。公開されてすぐに話題になったのが、古き佳き時代の名画を数々彷彿とさせる設定やシーンが盛りだくさんだったこと。ここでは、映画ファンをうならせたそれらオマージュについて解説する。

 まず映画のヒロインが現実世界にやってくる、という設定。これはウディ・アレン監督の『カイロの紫のバラ』('85)とそっくり。『カイロ~』は、30年代のアメリカを舞台に、失業中の夫を支えるセシリア(ミア・ファロー)が夢中になっていた『カイロの紫のバラ』という映画の登場人物が現実世界に現れる、というもの。男女キャラの入れ替わりはあるものの、健司もセシリア同様に実生活に行き詰まりを感じて、映画で現実逃避をしているというところまで似ている。

 また、モノクロの美雪が現実世界に現れてから次第に生活になじみ、カラーになっていくというくだりは、『カラー・オブ・ハート』('98)の真逆。『カラー~』は、古いモノクロのTVドラマにはまった男子高校生デイビッド(トビー・マグワイア)が、ある日そのドラマ世界に入り込んでしまうというもの。同じことが繰り返されるドラマの世界に彼が入り込んだことで変化がもたらされ、次第にその世界が色づき始めていくのだが、本作においては美雪がその"ドラマ世界"そのもののように、自身の変化とともに色を持ち始める。

 その美雪だが、古いお姫様映画から抜け出た設定だが、その映画がまるで『オズの魔法使』('39)のようでもあり、狸などがお姫様の相棒ということから、木村恵吾監督のオペレッタ映画『狸御殿』シリーズ('39~'59)も想起させる。また、おてんば過ぎるキャラとその名前から思い浮かべるのは、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』('58)のヒロインだろう。しかも、庶民の健司とお姫様の美雪という格差恋愛や、美雪の好奇心旺盛な性格、ゴージャスなドレス姿は、オードリー・ヘプバーンの名作『ローマの休日』('53)にも似ている。

 実際の映画が流れるシーンで使われるのは、ハンフリー・ボガートの「君の瞳に乾杯」の名台詞でおなじみの『カサブランカ』('42)。ラブ・ロマンスの傑作中の傑作といわれる作品を使っているのは、本作がロマンスの定番中の定番と匂わせるためか?(最後まで観れば、定番とは違う結末が待っていることが分かるだけに、引っかけのようにも感じるが)

 触れると消えてしまうからラブ・シーンなし。だが、ガラス越しにキスをするという粋なシーンが盛り込まれている。これは言わずと知れた今井正監督の『また逢う日まで』('50)。日本映画の歴史において、最高に美しいキス・シーンとされるアレにオマージュを寄せ、シーンの美しさを際立たせている。

 そして、最後まで観なければわからない、加藤剛が演じる老人の役どころ。この作品が映画の遺作となってしまった加藤にとっては、本作が古き佳き映画へのオマージュにあふれていることや、争い事を嫌う健司と美雪への共感があって出演を決めたのではないだろうか、と勘繰ってしまう。なにせ彼は映画界&ドラマ界を支え続けてきた名優であり、常に上質な作品を選び続けてきた大ベテラン。そんな彼が、出演シーン自体は少ないながらも重要な役柄を引き受けたのは、本作に流れる"佳き人による佳き人のためのラブ・ロマンス"というピュアなメッセージがあったから......と、鑑賞後に感じ取れるはずだ。

文=よしひろまさみち

[放送情報]

今夜、ロマンス劇場で
WOWOWシネマ 12/15(土)よる8:00

「希望のかなた」12/3(月)よる11:00

斎藤工さんと板谷由夏さんが、話題の映画の魅力を語り尽くす映画情報番組「映画工房」。今回は、名匠アキ・カウリスマキ監督の『希望のかなた』を取り上げます。内戦の続く祖国シリアを逃れ北欧フィンランドにたどり着いた青年カーリドと、彼を雇い入れるレストランオーナーのヴィクストロムの触れ合いを通じ、世界的なテーマとなりつつある難民問題をユーモアと深い人間性をもって真摯に描く。主演は自身も難民経験を持つシリア人俳優シェルワン・ハジ。長編初主演ながら本作でダブリン国際映画祭最優秀男優賞を受賞。

斎藤「カウリスマキ監督の作品は、年間を通しても頻繁に観るような位置になかったりしません?」
板谷「しますよ」
斎藤「ただ、観たときに、ジム・ジャームッシュ監督もそうですが、その作品の"時間"に、最初の1枚の絵から引き込まれていく」
板谷「いきなり連れて行かれちゃうよね」

1983年に『罪と罰』で監督デビュー以来、熱狂的なファンを増やし続けているアキ・カウリスマキ監督。日本では1990年公開の『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』で注目されて以降、すべての監督作が公開されている。本作は2011年に発表した"難民3部作"の第1作『ル・アーヴルの靴みがき』に次ぐ第2作に当たり、べルリン国際映画祭の監督賞にも輝いた。

斎藤「カウリスマキの作品は、『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』を最初に観ました」
板谷「私もです」
斎藤「登場人物に表情がないですよね。無表情で、無愛想な人たちという描かれ方だからこそ、そこに自分を見てしまう。シリア難民と、日本人って、近くはないと思うのですが。そこに写るのは"自分"の瞬間があったりする」

独特なユーモアセンスで知られる監督。作中で2人が注目したのは、レストランオーナーのヴィクストロムが保健所の検査員に「ベテラン従業員もいる」と銘打って厨房を見せるシーン。実際はやる気のない調理人が手にタバコを持ち、ヴィクストロムと検査員を待ち受ける。

斎藤「かなり笑える場面もいっぱいありますよね」
板谷「笑えます、笑えます」
斎藤「特に我々、日本人にはサービスカットのような展開もあります。僕、吉本のお笑い養成学校に去年、今年と通っていて、お笑いの"いろは"みたいなものを学んだのですが、アキ・カウリスマキ監督も、(お笑いのいろはを)使っていて」
板谷「たとえば?」
斎藤「タバコ吸ってるじゃないですか。いきなり」
板谷「吸ってた」
斎藤「一番の売りだったポイント(従業員)が、タバコを吸っているところを見せた後の"間"。"..."みたいな"間"を巧みに描いている。お笑い的にも見事です。振りとオチがすごくしっかりしています」

今回は、12/8(土)~12/20(木)放送「クリスマス直前! 珠玉のラブストーリー」特集に合わせてスタッフが街に出て「クリスマス」意識調査を行ないました。

最近あまり映画を観ていないあなたにこそ観てほしい作品を、映画解説者の中井圭さんが紹介する、「ナカイの1本 ナカチョイ」のコーナー。今回は『15時17分、パリ行き』(18)を紹介します。

『15時17分、パリ行き』
WOWOWシネマ 12/9(日)よる9:00

detail_181130a_photo02.jpg©Warner Bros. Entertainment Inc.

detail_180423_photo05.jpg

【話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を、映画好きの俳優、斎藤工と板谷由夏が語りつくす。映画との新たな出会いを提供する映画情報番組・映画工房】

詳しくはこちら

uliza_thumb_602485.jpg


「ジグソウ:ソウ・レガシー」12/15(土)深夜0:00

 今も昔も、スリラーは人気のジャンル。作り手は、常に観客を怖がらせるための新しい発想を追い求めている。21世紀以降も、斬新なスリラーは数多く生まれているが、そんな中でマスターピースと呼べるスリラーを挙げるならば、『ソウ』シリーズ、そして『リング』シリーズということになるだろう。

 ソリッド・シチュエーション・スリラーなるジャンル名を生み出した『ソウ』シリーズの面白いところは、"死のゲーム"というアイデアだ。場所も分からぬ廃屋の浴室で目覚めた、2人の男。足かせで拘束された彼らは浴室の対称の位置に置かれ、部屋の中央には死体が転がっている。そしてレコーダーに吹き込まれた声が告げる―「さあ、ゲームを始めよう」。彼らが強いられるのは、ジグソウと名乗る謎の男が仕組んだ命懸けのゲームだ。勝てば生き延びることができるが、敗者に待つのは死...。2004年に公開された第1作は、そんな設定で世界中の観客を熱狂させたばかりか、その後、多くの亜流作品が作られることになった。

 設定だけではない。『ソウ』シリーズには大きな3つの柱がある。1つ目は、驚くべき結末が待つストーリー展開。ほとんどの作品で"ゲーム"は2つ以上行なわれており、それらが平行して描かれるのだが、その展開はスリリングそのもの。時に時間軸を入れ替えて語られるトリッキーな構造も面白い。2つ目は、目を覆うばかりのバイオレンス。顔面を砕く箱型の装置や、2つの氷塊が頭を挟み打ちにする仕掛けなど、凝った殺人装置は観る者をハラハラさせるに十分。ちなみに、7年ぶりの最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』('17)には、これらの装置のコレクターが登場する。

 そして3つ目は、ゲームを仕掛けるジグソウというシリアルキラーのキャラクター。これはある意味、シリーズ最大の魅力と言えるだろう。天才的な頭脳を武器にゲームを仕掛けてくるこの殺人鬼は末期がんに冒されており、それゆえに命の価値を理解していない人間を次々とターゲットにする。命の有り難みを理解できればゲームの勝者となるが、それができなければゲームオーバー、すなわち"死"が待っている。このようなある種の哲学を持っているのが、ジグソウなのだ。第3作の『ソウ3』('06)で彼は息絶えるが、その後も後継者たちの犯行が続くのは、カリスマ性の表われとも言えるだろう。

『ジグソウ:ソウ・レガシー』

detail_181130_photo02.jpg©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved Photo credit: Brooke Palmer

 もうひとつの人気シリーズ『リング』は日本の観客には、おなじみだ。見た者は1週間後に必ず死ぬ"呪いのビデオ"の恐怖奇談。原作である鈴木光司のベストセラー小説が日本で映画化されたのは1998年で、その後シリーズ化されたが、2002年には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのゴア・ヴァービンスキー監督によってハリウッド・リメイクされ、『ザ・リング』となって、やはり大ヒットを記録。このリメイク版も、日本版『リング』の中田秀夫監督をハリウッドに招聘(しょうへい)して続編が製作され、恐怖は広く世界へと伝染していった。これは、オカルト映画の新境地を開いたと言っても過言ではない。

 恐ろしいのは、なんといっても、そのビジュアルだ。ビデオの中に潜む怨霊"貞子"の黒髪と、その隙間からのぞく鋭い目。ハリウッド版では"サマラ"という名に変更されたが、そんなルックスの恐ろしさは、しっかり踏襲されている。ビデオの中で井戸からはい出してきて、さらにはモニター画面からもはい出してくる衝撃のビジュアルは、悪夢的としか言いようがない。

『ザ・リング/リバース』

detail_181130_photo03.jpg©2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

 『ソウ』のジェームズ・ワンは現在も『死霊館』ユニバースを作り続け、中田秀夫監督も『スマホを落としただけなのに』など現在もスリラーを撮り続けている。そんな彼らの原点としても興味深い両シリーズ。単品で観るよりも、シリーズを俯瞰して観たほうが、恐怖の発生装置の在り方が見えてきて、より楽しめるに違いない。

 文=相馬学

[放送情報]

ソウ
WOWOWシネマ 12/8(土)深夜0:45

ソウ2
WOWOWシネマ 12/9(日)深夜0:15

ソウ3
WOWOWシネマ 12/10(月)よる11:00

ソウ4
WOWOWシネマ 12/11(火)よる11:00

ソウ5
WOWOWシネマ 12/12(水)よる11:15

ソウ6
WOWOWシネマ 12/13(木)よる11:15

ソウ ザ・ファイナル
WOWOWシネマ 12/14(金)よる11:45

ジグソウ:ソウ・レガシー
WOWOWシネマ 12/15(土)深夜0:00

リング
WOWOWプライム 12/25(火)深夜0:00

リング2
WOWOWシネマ 12/30(日)午前11:15

リング0~バースデイ~
WOWOWシネマ 12/30(日)午後1:00

ザ・リング
WOWOWシネマ 12/30(日)午後2:45

ザ・リング2[完全版]
WOWOWシネマ 12/30(日)午後4:45

ザ・リング/リバース
WOWOWシネマ 12/30(日)よる7:00

TOPへ戻る

もっと見る

「今夜、ロマンス劇場で」12/15(土)よる8:00 「希望のかなた」12/3(月)よる11:00 「ジグソウ:ソウ・レガシー」12/15(土)深夜0:00 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」12/9(日)午後2:45 「gifted/ギフテッド」12/2(日)よる9:00 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」11/24(土)よる8:00ほか 「惑星大戦争」11/25(日)午前10:30 「スリー・ビルボード」11/18(日)よる9:00 ほか 「エルネスト」11/17(土)よる10:00 「ピンポン」11/11(日)よる7:00 「グレイテスト・ショーマン」11/17(土)よる8:00ほか 「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.