WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか

 2016年に韓国で大ヒットし、スピードとスリルと感動を兼ね備えたゾンビ映画として世界中を震撼させた『新感染 ファイナル・エクスプレス』がWOWOWで放送される。ひと昔前までゾンビ映画は、ホラーファンが大好きなカルトなジャンルとされていた。しかし『新感染~』は"カルト"という言葉が似合わない王道のアクション・エンターテインメント。今やハリウッドでも日本でも、老若男女を楽しませる全方位型のゾンビ映画が次々と誕生しているのである。

 ゾンビ映画における"ゾンビ"を定義するのは簡単ではないが、何かしらの理由でよみがえった死者が"ゾンビ"であり、ゾンビに襲われた人間もウイルスに感染したかのようにゾンビ化する――という基本はほぼ全ての映画に当てはまる。ゾンビ映画界のゴッドファーザーと呼ぶべきジョージ・A・ロメロ監督が1968年に発表した『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』を起源として、細かいルールが改訂されながらも脈々と続いてきたジャンルなのだ。

 そのロメロ監督が眉をしかめたのが、今では主流となっている"走るゾンビ"の台頭。ゾンビ的な存在が走る映画は80年代から存在したのだが、大きな転換点となったのはダニー・ボイル監督の『28日後...』('02)。この映画は人間を凶暴化させるウイルスの恐怖を描いているので、厳密にはゾンビ=よみがえった死者とは違うが、外見的にはどう見てもゾンビ化した人たちが全力疾走で走ってくることで、ジャンルにスピード感という新要素をもたらしたのだ。

 そしてロメロのゾンビ映画第2作『ゾンビ』('78)をリメイクした『ドーン・オブ・ザ・デッド』('04)では、紛うことなきゾンビたちがガシガシ走るようになった。ロメロ御大は「死んでるんだから走るなんておかしい」と不満を述べていたが、実はロメロ監督の『ゾンビ』にも、一瞬だが走る子どもゾンビが登場している。そのことを指摘すると「本当だ! あいつらは若いからな!」と楽しそうに笑っていたので、さほど深刻な不満ではなかったのかも知れないが。

 2013年にはブラッド・ピットのプロデュース兼主演によるゾンビ映画史上最大の超大作『ワールド・ウォーZ』が登場。ゾンビの大群がアリの群れのように行動し、ゾンビにゾンビが折り重なって巨大な壁をも登ってしまうスペクタクル映像が強烈だ。集団として折り重なるゾンビのイメージは『新感染~』にも受け継がれている。そして同じ年には『ロミオとジュリエット』をベースに、イケメンゾンビ青年と美少女のラブストーリーというデートにもピッタリの異色作『ウォーム・ボディーズ』も公開されている。

 ゾンビ映画のメジャー化は日本でも促進されており、『アイアムアヒーロー』('15)はカー・チェイスから銃撃戦までハイテンションなアクション・シーンがテンコ盛りのパニック映画として人気を博した。そしていまちまたで話題沸騰中なのが、製作費わずか300万円という超低予算作品ながら、2018年映画界の大事件と呼ぶべき『カメラを止めるな!』。長編映画は初めての新人監督とほぼ無名のキャスト、そしてわずかな公開館数で始まったにもかかわらず、口コミが口コミを呼んで満席に次ぐ満席となり、なんと全国100スクリーン以上に公開が拡大されたのだ。

 『カメラを止めるな!』に関してはゾンビ映画のエッセンスを持った爆笑コメディという以上の説明はネタバレになってしまうので、世間の大盛り上がりに乗り遅れる前に映画館に駆け付けるべし!とだけ言っておきたい。

文=村山章

detail_180817_present.jpg

テレビ会員限定

『新感染 ファイナル・エクスプレス』放送記念!
ゾンビの世界で生き残れセットを10名様にプレゼント!

応募はこちら

【締切】9/18(火)22:00

[放送情報]

新感染 ファイナル・エクスプレス
WOWOWシネマ 8/19(日)よる9:00ほか

 英国俳優たちの世界的活躍は今に始まったことではないが、彼らの多くに共通している魅力は、舞台などで鍛え上げられた多彩な演技力や、アメリカ俳優とはどこか一味違う屈折感や、そこはかとないノーブル(高貴)な雰囲気。そしてもう一つ意外な共通点がある。それは探偵や刑事、スパイに扮した代表作を持っていることだ。

 世界的に有名な探偵キャラといえば、シャーロック・ホームズやエルキュール・ポワロ。彼らはともに英国の作家が作り上げた探偵で(厳密にいえばポワロはベルギー人でイギリスには移住したという設定)、その映画化作品では当然のごとく英国俳優が躍動してきた。シャーロック・ホームズ役はこれまで多数の俳優が演じてきたが、近年、何といっても印象深いのは、TVシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』のベネディクト・カンバーバッチだ。世間から浮いたクセ者的なキャラが、カンバーバッチ本人の個性と絶妙にマッチ。彼の人気を決定づける役となった。さらに相棒ワトソンを演じたマーティン・フリーマンに、この作品で虜になった人も多い。

 映画『シャーロック・ホームズ』ではホームズ役をアメリカ人のロバート・ダウニー・ジュニアが演じ、ワトソン役は英国出身のジュード・ロウが妙演している一方で、エルキュール・ポワロ役にはアルバート・フィニー、ピーター・ユスティノフ、ケネス・ブラナーといった歴代の英国の名優たちがチャレンジ。TVシリーズ『名探偵ポワロ』のデヴィッド・スーシェは24年にもわたって演じ続け、生涯の当たり役にもなっている。基本的に原作でポワロが活躍するのは中年期以降なので若手俳優が起用されることはないが、どこか屈折も抱え、シニカルな視点も持ち味のこの探偵は、英国の機知を熟知した俳優にうってつけなのである。

 探偵と同じ"捜査"が仕事ながら、ひそかな諜報活動や肉体能力も要求される"スパイ"という役では、何と言っても『007』の伝統がある。これまで主人公のジェームズ・ボンドを演じてきたショーン・コネリーをはじめとする俳優6人のうち5人が、アイルランドとスコットランドも含めた「英国圏」出身者だ。現在のボンドを演じるダニエル・クレイグも、この役がなければここまで世界的にブレイクしなかったかもしれない。『007』ではQ役のベン・ウィショーのように、ボンドのサポート役で個性を発揮する英国俳優にも注目が集まる。

 スパイ役がスターへの登竜門になった俳優といえば、『キングスマン』のタロン・エガートンが最近の好例。諜報機関の新人エグジーとして苦闘する姿が、俳優としてのブレイク&成長と重なった。同作は、コリン・ファースやマーク・ストロングらベテラン陣の再ブレイクにもなったうえに、かつて映画『国際諜報局』でハリー・パーマーという"サラリーマン"スパイ役でスター街道が開けたマイケル・ケインも出演し、英国スパイ映画の集大成の趣も感じさせる。

 前述のベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングに加え、ゲイリー・オールドマン、トム・ハーディらが共演した『裏切りのサーカス』のようなシリアス系スパイものも数多く、探偵&スパイ映画と、確かな演技力を身につけた英国俳優の相性は非常に良好だ。トム・ハーディの知名度を一気に高めたのは『インセプション』での産業スパイ役だった。

 ゲイリー・オールドマンは『レオン』の悪徳刑事役でスターの座を確立した。刑事役で言うと、英国俳優イドリス・エルバがTVシリーズ『刑事ジョン・ルーサー』で演じるロンドン警察の警部役が大評判。その流れを継いで次なる特大ブレイクを狙うのが、『刑事モース~オックスフォードの事件簿~』のショーン・エヴァンスだ。彼がその若き日を演じる本作は、英国では「好きな探偵」の投票で第1位になるなど、シャーロック・ホームズと並ぶ人気を誇っている。原作では中年の警部として描かれ、過去にTVドラマ化されているが、エヴァンスが扮するのはモースの新米刑事時代。犯罪の捜査では類いまれな才能を発揮するが、私生活では人付き合いが苦手であるなど、そのギャップに"萌え"させるのは、ホームズや『007』のQらと通じるものがある。英国探偵&スパイの魅力が存分に詰まったモース役で、ショーン・エヴァンスがどこまで人気を伸ばすのか。その動向に注目したい。

 文=斉藤博昭

◆ベネディクトも入賞の英国男優総選挙

SCREEN×シネフィルWOWOW主催の、英国男優人気ナンバーワンを決める〈英国男優総選挙2017〉では、コリン・ファースに続いてベネディクトが昨年度の2位を受賞。「こころに響く声」「眼力・眼差し」「表情・表現力」など、5部門中4部門で上位入賞し、その魅力が改めて明らかになった。
今年開催となる〈英国男優総選挙2018〉では、現在投票を受け付け中。締切の9月24日までに応募すると、抽選で豪華商品がプレゼント! ブリティッシュヒルズ宿泊券が2組4名に当たるほか、Amazonギフト券 3000円分が20名に、「刑事モース~オックスフォード事件簿~」オリジナルクオカード 500円分が50名にそれぞれ贈られる。また、〈英国男優総選挙2018〉の結果発表号となるSCREEN12月号が5名にプレゼントされる予定。
こちらの特設ページから、お気に入りの英国男優にぜひ熱い一票を!


英国男優総選挙2018

「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定]

斎藤工さんと板谷由夏さんが、話題の映画の魅力を語り尽くす映画情報番組「映画工房」。今回は続編も製作中のメガヒット・ホラー『IT/イット"それ"が見えたら、終わり。』を取り上げます。

斎藤「『スタンド・バイ・ミー』の要素がありますよね」
板谷「子どもたちが冒険する様子はまさにそうだと思いました」

スティーヴン・キング原作の映画として歴代1位になったほか、『シックス・センス』を超えて歴代ホラー映画№1の大ヒットとなった本作。監督は新鋭アンディ・ムスキエティ。ギレルモ・デル・トロに絶賛された短編ホラーをギレルモ・デル・トロ製作総指揮のもと長編化した『MAMA』が、全米初登場1位を記録した。本作では1988年、子どもの失踪事件が続く田舎町を舞台に、少年たちの友情と恋、そして奇怪なピエロ"ペニーワイズ"との対決を描く。怪人ペニーワイズを演じたのはビル・スカルスゲールド。父は、ラース・フォン・トリアー監督作品や「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズに出演しているステラン・スカルスゲールドで、兄2人と弟も俳優という俳優一家育ち。本作のほか『デッドプール2』などに出演している。2人の感想は?

板谷「みんな、コワいもの見たいんですね」
斎藤「アトラクション的な感覚なんでしょうね。僕が印象に残ったのは、ビル・スカルスゲールド演じるペニーワイズは凝視するとかわいく見えてくること。これが多分、この映画のひとつの勝因だと思います。ペニーワイズが気になって"ペニーワイズ待ち"という心境になってくる」
板谷「確かにペニーワイズの手の振り方なんて、不気味で気になる。次に見るときは"ペニーワイズ待ち"してみよう」
斎藤「音も大事です。ペニーワイズの"入場曲"みたいなものがある。でもその曲で別のキャラが出てくるシーンには『ペニーワイズじゃないのかい!』『お前、初登場だな!』ってつっこみました。僕は2回目に見たときは特に爆笑しました。とにかく夏にぴったりの作品だと思うし、みんなで見てほしい」
板谷「『新感染 ファイナル・エクスプレス』みたいに大勢でね」
斎藤「曲で"ペニーワイズ待ち"してみてください」

87万人が利用する映画チケット予約アプリ「映画ランド」とコラボして映画ファンに調査する企画「映画意識調査」。今回はホラー映画の視聴状況を調査しました。

真夏のホラー特集:ようこそ、底なしの恐怖へ 8/18(土)~25(土)

『こどもつかい』
8/18(土)よる10:10
『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』
8/18(土)深夜0:05[PG-12指定]
『スリープレス それは、眠ると憑いてくる。』
8/19(日)よる7:30
『新感染 ファイナル・エクスプレス』
8/19(日)よる9:00
『ソウル・ステーション/パンデミック』
8/19(日)よる11:15
『フレディVSジェイソン』
8/20(月)よる9:00[PG-12指定]
『ローズマリーの赤ちゃん』
8/20(月)よる11:00
『侵入者 逃げ場のない家』
8/21(火)よる9:00
『オーメン(1976)』
8/21(火)よる11:00
『フォロイング』
8/22(水)よる9:00
『キリング・グラウンド』
8/22(水)よる11:00[R15+指定相当]
『パラサイト・イヴ』
8/23(木)よる11:00
『アナベル 死霊人形の誕生』
8/24(金)よる9:00[PG12指定]
『ネイルズ―悪霊病棟―』
8/24(金)よる11:00
『IT/イット"それ"が見えたら、終わり。』
8/25(土)よる10:00[R15+指定]
『キュア~禁断の隔離病棟~』
8/25(土)深夜0:30[R15+指定相当]

detail_180814_photo02.jpg© 2017「こどもつかい」製作委員会

最近あまり映画を観ていないあなたにこそ観てほしい作品を、映画解説者の中井圭さんが紹介する、「ナカイの1本 ナカチョイ」のコーナー。今回は『セールスマン』を紹介します。

『セールスマン』
8/26(日)よる9:00

detail_180814_photo03.jpg©Memento Films Production - Asghar Farhadi Production - Arte France Cinema 2016

detail_180423_photo05.jpg

【話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を、映画好きの俳優、斎藤工と板谷由夏が語りつくす。映画との新たな出会いを提供する映画情報番組・映画工房】

詳しくはこちら

uliza_thumb_586449.jpg


TOPへ戻る

もっと見る

「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.