2018/04/05 up

青柳翔のオススメはボブ・ディランの名曲がラストシーンを飾るあの日本映画

 455編の応募があった「第10回WOWOWシナリオ大賞」で大賞に輝いた舘澤史岳の脚本を映像化した『ドラマW 食い逃げキラー』。食い逃げ犯に悩むファミレス、ワニーズを元陸上界のエースが救う!? という異色のヒューマン・コメディで、主演は劇団EXILEのメンバーとして活躍する青柳翔。WOWOWのドラマでは初めての主演作となる。

「初めてタイトルを聞いたとき、すごくインパクトがある...というか、正直、『何だ、これ?』って思いました。周りからも『WOWOWっぽくない題材だよね』って言われます(笑)。でも、脚本を読むと、すごく興味をそそられたんです。それに日頃はシリアスだったり、社会派のイメージが強いWOWOWのドラマが、こんな異色作にチャレンジすることが素敵だし、自分が参加できることが嬉しいと思いました」

 食い逃げ犯を捕まえる"食い逃げキラー"、川谷省吾を演じる青柳は劇中、全速力で走ったり飛んだり、体を張るシーンも多く、撮影前にはトレーニングも積んだ。

「省吾はあまり練習せず、自分の才能だけで記録を出してきた男で、あることがあって陸上から挫折したんです。ドラマはそんな彼が、一筋縄ではいかない食い逃げの常連たちを捕まえていく中で成長していく姿を描いています。なので、走りのフォームも粗削りでいいし、走っているときの顔もガムシャラな感じの方がいいかなと。現場で監督たちのアドバイスを聞きながら作り込んでいきました」

 監督はドラマ『天皇の料理番』('15)を手掛けた中前勇児。青柳とは映画『サンゴレンジャー』('12)に次いで2度目のタッグとなった。

「ズバズバと言ってくださる監督なので、すごくやりやすいんです。僕が食い逃げ犯を追うシーンで、ジャンプするアクションがあったんです。僕は頑張ったつもりだったんですが、あまりにジャンプが低くて、監督から、『えっ、今、飛んだの?』って言われまして。だからかな、撮影中、頑張らなくちゃと思って、監督とやった『サンゴレンジャー』をもう一度、見直したんですよ」

 聞けば、アクション作品をやっているときはアクション映画を見たり、過去に仕事で一緒になった人たちとの作品に目を向けることも多く、ドキュメンタリーものまで、幅広く見ていると話す青柳。WOWOWの放送ラインナップの中から、気になる作品を聞くと、『22年目の告白-私が殺人犯です-』を挙げてくれた。

「この作品を手掛けられた入江悠監督とは、ドラマ『クローバー』('12)でご一緒したことがあって。映画『HiGH&LOW THE MOVIE』('16)でも脚本協力していただいてるんです。劇場公開時に見逃してしまったので、これは見たいですね」

detail_180405_photo02.jpg©2017映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

 普段の視聴スタイルを聞くと、「リラックスして、お酒を飲みながら見ることも多い」という。

「時々寝落ちしちゃって、実は途中から見直すことも(笑)。そんな中でも、中村義洋監督が伊坂幸太郎作品に挑んだ『アヒルと鴨とコインロッカー』は記憶に残っています。瑛太さんと濱田岳さん、松田龍平さんという顔ぶれで。確かラストシーンだと思うんですが、ボブ・ディランの『Blowin' in the Wind(風に吹かれて)』が印象的に流れます。ぜひ見て欲しいです」

detail_180405_photo03.jpg©2006「アヒルと鴨のコインロッカー」製作委員会

取材・文=前田かおり
撮影=神保達也

[放送情報]

『ドラマW 食い逃げキラー』
WOWOWプライム 4/7(土)深夜1:30

『22年目の告白―私が殺人犯です―』
WOWOWシネマ 4/7(土)よる8:00
WOWOWプライム 4/8(日)午後1:00
WOWOWプライム 4/12(木)よる8:00
WOWOWシネマ 4/15(日)午後5:00
WOWOWシネマ 4/29(日・祝)よる11:15

『アヒルと鴨のコインロッカー』
WOWOWシネマ 5/23(水)よる7:00

TOPへ戻る

期間限定WOWOW WEB会員なら話題の最新映画が1200円(ムビチケ)

最新記事

もっと見る

© WOWOW INC.