2018/12/13 up

斎藤工×板谷由夏 映画工房#363『あゝ、荒野 前篇』 リアルな東京とそこに生きる人々を、ずっと見ていたくなる映画

「あゝ、荒野 前篇」[R15+指定]12/23(日・祝)よる10:00

斎藤工さんと板谷由夏さんが、話題の映画の魅力を語り尽くす映画情報番組「映画工房」。今回は、寺山修司の唯一の長編小説を映画化した『あゝ、荒野 前篇』を取り上げます。今や若手実力派俳優の筆頭格である菅田将暉と、『息もできない』(08)で長編初監督と主演を務め話題を呼んだヤン・イクチュンがW主演。菅田将暉は本作で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。

斎藤「"菅田将暉のエネルギーに導かれる"という要素が、全部『あゝ、荒野』に蔓延していた」
板谷「あっという間に前篇を観て、後篇を観ました」
斎藤「のどが渇くようにのめり込んでしまう感じ」
板谷「みんなが役者としても、登場人物としてもちゃんと生きている。誰一人として違う空気をまとっていないというか」
斎藤「統一性がありました」

1960年代後半から、演劇、映画、文学、音楽などさまざまなジャンルで活躍し、今なお日本のポップカルチャーに影響を与え続けて続けている寺山修司。彼が遺した唯一の長編小説が、半世紀以上の時を経て再構築され、現代によみがえった。監督、脚本は『二重生活』(16)で映画監督デビューを果たした岸善幸。2020年の東京オリンピック後を舞台に、都会の片隅に生きる人々の"心"を鋭く写し出す。

板谷「監督は『オリンピックで見えなくなるものや後回しにされたことが一気に噴き出す社会で、人がどう生きていくかを描きたかった』と語っています。噴き出すだろうね~」
斎藤「その監督の言葉に、すべてが集約されている気がします」
板谷「2020年の後は、みんないろいろなことを考えると思います」

2021年、新宿。少年院上がりで元詐欺師の新次と、吃音と赤面対人症に悩む建二は、堀口という男に勧誘されるまま同じボクシングジムの門をくぐる。まっとうな社会から逸脱しながらも、ボクサーとして熱く生きる2人の若者と、彼らを取り巻く人々との人間模様を、前篇・後篇の2部作にわたっておくる切なくも苛烈な青春物語。前篇は、新次と建二の出会いから、プロボクサーになるまでを描く。2人の感想は?

斎藤「舞台となった新宿の捉え方。空を映したいとき、普通は電線を映すのを避けます。でも、あれが日本の景色だから、そこ込みでまず撮っている。きれいなものを見せようではなく、本当にそこに生きている時間を切り取ろうというショット。序盤の歌舞伎町の場面だけで、もう入り込んでしまう」
板谷「下町の小さい八百屋さんとかがある路地の向こうに、都庁の高層ビルが見える感じ。地方出身者から見る東京はあの都庁のイメージだけだったけど、実は都庁のこっち側にある下町の感じが、東京の"リアル"って気がして、すごく好きだった」
斎藤「途中から、尺が何時間もあるということがうれしくなってくる」
板谷「そうだね。まだ終わらないでとすら思ったよ」
斎藤「これは紛れもなくそういう作品です」

今回は、170万人が利用する映画チケット予約アプリ「映画ランド」とコラボして映画ファンに調査する「映画意識調査」。12月22日に放送される特集「『SING/シング』放送記念! ヒット・サントラ・ムービーズ♪」に合わせて、映画サントラ調査を行いました。

【特集:12/22(土)『SING/シング』放送記念! ヒット・サントラ・ムービーズ♪】
WOWOWシネマ

12/22(土)午後0:00
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)
12/22(土)午後2:20
『クール・ランニング』(93)
12/22(土)午後4:00
『ベイビー・ドライバー』(17)
12/22(土)よる6:00
『グレイテスト・ショーマン』(17)
12/22(土)よる8:00
『SING/シング』(16)

detail_181213a_photo02.jpg© 2016 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

最近あまり映画を観ていないあなたにこそ観てほしい作品を、映画解説者の中井圭さんが紹介する、「ナカイの1本 ナカチョイ」のコーナー。今回は『シンクロナイズドモンスター』(16)を紹介します。

『シンクロナイズドモンスター』
WOWOWシネマ 12/18(火)よる11:10

detail_181213a_photo03.jpg©2016 COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

detail_180423_photo05.jpg

【話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を、映画好きの俳優、斎藤工と板谷由夏が語りつくす。映画との新たな出会いを提供する映画情報番組・映画工房】

詳しくはこちら


TOPへ戻る

期間限定WOWOW WEB会員なら話題の最新映画が1200円(ムビチケ)

最新記事

もっと見る

© WOWOW INC.