2019/05/01 up

5月のWOWOW初放送映画 厳選3作品

「オーシャンズ8」5/1(水・祝)よる9:00他

  • detail_miyazaki.jpg
  • 文=ミヤザキ・タケル
    長野県出身。1986年生まれ。映画アドバイザーとして、映画サイトへの寄稿・ラジオ・web番組・イベントなどに多数出演。『GO』『ファイト・クラブ』『男はつらいよ』とウディ・アレン作品がバイブル。


 映画アドバイザーのミヤザキタケルが、各月の初放送作品の中から見逃してほしくないオススメの3作品をピックアップしてご紹介! これを読めばあなたのWOWOWライフがより一層充実したものになること間違いなし!のはず...。

『オーシャンズ8』('18)

 ジョージ・クルーニーをはじめとした豪華キャストで人気を博し、3作にわたってシリーズ展開された『オーシャンズ11』('01)の女性版リブート作品。時系列的には『オーシャンズ13』('07)から続く物語になってはいますが、サンドラ・ブロック演じる主人公が前シリーズの主人公ダニー・オーシャンの妹であること以外、物語に大きな繋がりはありません。つまり、過去3作を観ていなくても本作は楽しめる。むしろ、主要キャストが8人と少なくなった分、各登場人物の人となりを描く時間が増えているため、ひとりひとりのキャラクターに愛着を抱きやすい。そして、ファッションの祭典、メットガラで繰り広げられる大犯罪劇が、アナ・ウィンターらゴージャスなカメオ出演陣と共に実際のメトロポリタン美術館で撮影されている点も要チェック!

detail_190501_photo02.jpg『オーシャンズ8』('18)
© Warner Bros. Entertainment Inc.

 ハッカーやスリ師、盗品ディーラー、ファッションデザイナー、ジュエリー職人などを仲間に引き入れ、総額1億5000万ドルのカルティエのダイヤモンド・ネックレスを狙う新生オーシャンズの面々。どんな逆境をもはねのけていく彼女たちの外見の華やかさや怒濤の展開に目を奪われ気に留める人も少ないと思うが、やっていることはあくまでも犯罪行為。見方によっては、まるで犯罪が悪いことではないかのように描かれていると感じてしまうかもしれない。そこを突っ込むのはナンセンスな気もするが、犯罪劇を軸に描きながらも、本作では人として大切なこともしっかりと描いていたように思う。

 悪いことをしたのなら、当然報いを受けなければならない。やったらやり返されるし、やり返したのなら再びやり返される。人と異なる道へ進めば、それ相応のリスクが付きまとう。表立って描かれているわけではないが、物語の要所要所で人や社会の在り方が示されていく。たとえそれが法を犯す道であったとしても、持ち前の犯罪スキルを駆使して突き進んでいく新生オーシャンズ。一度歩みを止めて多くを清算しない限り、彼女たちに平穏な日々が訪れることはまずない。映画的にはその方が面白いし観ていて楽しいが、僕たち自身の人生に当てはめたのなら、何が本当に大事なことなのか答えは自ずと見えてくる。純粋にエンタメ作品として楽しむのもアリ、物語の根底に宿る部分をかみ締めながら観るのもアリ、どんな角度から触れても楽しめる作品です。本作を機に、ぜひ過去の3作にも触れてみてください。

『友罪』('18)

 続いて紹介するのは、2013年に出版された薬丸岳の小説の映画化作品。ジャーナリストの夢を諦め小さな町工場で働き始めた益田(生田斗真)が、親しくなった同僚の鈴木(瑛太)が17年前に起きた連続児童殺傷事件の犯人"少年A"であったことを知る。徐々に2人の関係性が崩れていく様を通して、人の心の弱さや脆さ、醜さ、不完全さを描いた作品です。

detail_190501_photo03.jpg『友罪』
5/5(日・祝)よる9:00他
©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会

 人はいつだって間違える生き物。そして、多くの間違いを糧とすることで前進できる。その繰り返しこそが人生であり、その積み重ねこそがより良き自分を構築していく。でも、全ての間違いを糧にできるとは限らない。時に取り返しのつかない間違いを犯してしまうことが、糧にすることなど許されない過ちが、どれだけ許しを乞おうと認められずに生涯背負い続けなければならない罪がある。では、罪を犯した者は幸せになってはいけないのだろうか。人を殺めた者は、その家族は、一生日陰で身を潜めて惨めに生きていかなくてはならないのだろうか。そうじゃない。そうじゃないけど、誰にだって幸せになる権利があるはずだと、理屈では分かるけど、心ではどうしたって割り切れない。他人事で済ませられるうちは良いが、被害者側になれば許せるはずもない。そんな考え出したら切りがなくてモヤモヤしてしまう葛藤や倫理観を揺るがす人間ドラマを、本作はどこまでも突き詰めて描いている。

 僕たちは一度間違えないと大事なことに気が付けない。けれど、間違いを犯そうとしている他者が発するサインに気が付くことならできると思う。目を背けず勇気を振り絞ることができれば、引き止めることだってできるはず。これまで歩んできた道程や過去は当然変えられないが、これから歩む道程や未来だけは行動次第で如何様にも変えていける。他者と本気で向き合うことができたのなら、最善の道を共に模索していける。観ればしんどくなってしまうのは必至ですが、生きていく上での指針のようなものを感じさせてくれる作品です。

detail_190501_photo04.jpg『友罪』('18)
©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会

『ビューティフル・デイ』('17)

 最後に紹介するのは、ジョナサン・エイムズの短編小説を映画化し、第70回カンヌ国際映画祭にて男優賞&脚本賞を受賞した、ホアキン・フェニックス主演作。行方不明者の捜索を請け負う裏稼業で生計を立てる退役軍人が、誘拐された州上院議員の娘を捜し出す過程で不測の事態に陥り追い込まれていく姿を通し、人間の生への執着を描いた作品です。

detail_190501_photo05.jpg『ビューティフル・デイ』('17)
5/18(土)よる9:45他
©Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. ©Alison Cohen Rosa/Why Not Productions

 多くを語らぬストーリー展開であるため、人によっては置いてきぼりを食う可能性があるかもしれない。だけど、幼少期や軍人時代のトラウマが原因で強迫観念の如く"死"に取り憑かれている男の葛藤に寄り添うことができたのなら、作品世界へと入り込むための糸口を見つけられるはず。カンヌで賞を取るに至った理由だって見えてくる。死に囚われているということは、裏を返せば"生きていたい"という証拠。裏社会に生き、心を許せる相手は年老いた母親だけ。親しい友はおらず、彼の心に触れられる者は他に誰もいない。極端な物言いかもしれないが、日の目を浴びることのない彼の生き方は、そこにいるのかいないのか、生きているのか死んでいるのか分からない。だからこそ母親の存在や、殺らなければ殺られてしまう環境に身を置くこと、時には自身の歯を無理矢理引っこ抜いてしまうことが、彼にとって"生"を実感するために必要な要素であったのだと思う。

 しかし、母は年老いて余命いくばくもなく、順調であったはずの仕事も問題が生じ始めていく。劇中において人を殺めるシーンが俯瞰で描かれているのはきっと、主人公が一方的に人を殺すだけでは"生"を実感できなくなってきている表れ。不測の事態に陥り"死"の危険を感じ取った一瞬のみ男の動揺する様がハッキリと描かれるのがその証拠。数度にわたり描かれる謎のカウントダウンは、延命措置の繰り返し。朝起こしてくれる母親に「あと5分」と言い続けるかのように、死を選ぶことを絶えず先延ばしにしていたかのよう。たとえカウントが0になろうとも、再びカウントを繰り返す。もう1年、もう1カ月、もう1日、もう1時間、もう1分と、彼はひたすらあがき続けていたのだと思う。観る人を選ぶ作品であるとは大いに思いますが、ここに書かせていただきいただいたことを踏まえて観たのなら、生きていくことの難しさや生きている限り希望は残されていること、全てに絶望した時にこそ死が訪れるのだということを感じ取りながら観られるのではないかと思います。

detail_190501_photo06.jpg『ビューティフル・デイ』
©Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. ©Alison Cohen Rosa/Why Not Productions

 楽しい作品、重い作品、難解な作品。それぞれタイプの異なる3本の作品と共に、ぜひ素敵なWOWOWライフをお過ごしください。


archive_title_gensen.jpg


[放送情報]

オーシャンズ8
WOWOWシネマ 5/1(水・祝)よる9:00
WOWOWプライム 5/5(日・祝)午後1:15
WOWOWシネマ 5/12(日)午後4:45
WOWOWシネマ 5/19(日)午前5:55
WOWOWシネマ 5/30(木)よる7:00
WOWOWライブ 6/9(日)午前10:00
WOWOWシネマ 6/25(火)午前11:15

友罪
WOWOWシネマ 5/5(日・祝)よる9:00
WOWOWプライム 5/8(水)よる7:45
WOWOWシネマ 5/16(木)午後3:00
WOWOWシネマ 6/11(火)午後0:45

ビューティフル・デイ
WOWOWシネマ 5/18(土)よる9:45
WOWOWプライム 5/21(火)深夜3:15
WOWOWシネマ 6/6(木)午後3:00

TOPへ戻る

期間限定WOWOW WEB会員なら話題の最新映画が1200円(ムビチケ)

最新記事

もっと見る

© WOWOW INC.