WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

カテゴリ「その他」の記事

「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45

 『不都合な真実』。タイトルからして挑発的なこの2006年に製作された映画は、第79回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞し、世界を騒然とさせた。もともと環境問題の論客として知られていたアメリカ元副大統領のアル・ゴアが、スライドを使って地球温暖化を訴える講演をメインに、さまざまな気象データや、北極など世界各地の環境変化を示す映像を交え、危機を訴えていく。温暖化が進む地球では北極の氷がこれからどんどん溶けていき、当然のごとく海面は上昇。NYマンハッタンなど地球上の多くの大都市が水没するという予測には、誰もが生々しい衝撃を受けたことだろう。一方で、今作の論調に対し、「データが偏り過ぎ」といった反論も起こり、物議を醸すドキュメンタリーでもあった。

 しかしここ数年、日本はもちろん欧米でも、異常なほどの猛暑や過去に例のない規模のハリケーンや台風の頻発、明らかに増加している巨大地震など、やはり地球全体がどこかおかしくなっているのは、多くの人が実感している。

 フィクションの映画に目を移しても、天変地異を描くパニック大作は、例えば地球全体が氷河期に突入する『デイ・アフター・トゥモロー』が話題を集めた。しかし、『不都合な真実』より前の2004年公開だったせいか、リアルな危機感というより、絵空事に感じた人も多かったはず。しかし、地球規模の地殻変動で人類が滅亡に向かう2009年の『2012』などは、あり得ないパニック映像満載ながら、『不都合な真実』を観た後では「もしかして起こるかも......」という不安をかき立てた。さらに未体験の竜巻が襲ってくる『イントゥ・ザ・ストーム』('14)、巨大地震でのサバイバル劇『カリフォルニア・ダウン』('15)、気温の急上昇など世界中の異変を描いた『ジオストーム』('17)など、天変地異の危機感を訴えるテーマではない作品も、「近未来の地球」を予感させ、切迫感を増大させる一面があった。最近のニュース、そして『不都合な真実』を重ねると、これらのパニック映画も絵空事ではなくなってきたのだ。

『不都合な真実』

detail_181019_photo02.jpgTM & Copyright © 2018 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 ではアル・ゴアの『不都合な真実』は、地球温暖化への対策を推し進めたのか? 残念ながら遅々として進んでいないのが現状だ。アメリカのトランプ政権は「地球温暖化などでっち上げ」として、気候変動を抑制するために採択されたパリ協定からの撤退を表明した。こうした現実に、さらに警鐘を鳴らす意味で製作されたのが、前作から11年ぶりの続編『不都合な真実2:放置された地球』('17)だ。サブタイトルにあるように、11年の時を経ても温暖化が進む地球は放置されたまま。状況は悪化の一途をたどっているという、またしてもセンセーショナルな事実が、この10年に起きた各国の災害や、変貌する大自然の映像とともに紹介される。

 そしてこの2本の『不都合な真実』が観る者の心をつかむのは、環境問題というメインテーマだけでなく、ひとりの人間の意志の強さと執念だ。もしアル・ゴアがアメリカ大統領だったら、世界は大きく変わったのか? それとも大統領にならなかったから、こうして自由に活動を行えたのか? いずれにしても自分が信じることが社会を正しい方向に導くという彼の信念が作品全体に貫かれ、すがすがしい感動を届ける。観る者の人生観にも大きく影響を与える可能性のある渾身のドキュメンタリーである。

文=斉藤博昭

[放送情報]

不都合な真実
WOWOWシネマ 10/27(土)午後0:00 ほか

不都合な真実2:放置された地球
WOWOWシネマ 10/27(土)午後1:45 ほか

「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00

 三流ボクサーがチャンスをつかみ、不屈の根性を武器に王座へと駆け上がる、そんなドラマが世界中の共感を引き寄せた『ロッキー』シリーズ('76~'06)。主人公ロッキー・バルボアを演じ、ときには脚本や監督を手掛けてきたシルヴェスター・スタローンは感動的な第6作『ロッキー・ザ・ファイナル』('06)で、一度はシリーズの終焉を宣言。しかし、"伝説"は受け継がれた。『クリード チャンプを継ぐ男』('15)は、『ロッキー』シリーズを正しく継いだ21世紀の熱血ボクシング・ドラマだ。

 主人公のアドニス(マイケル・B・ジョーダン)は、あのアポロ・クリード(カール・ウェザース)の息子。アポロはロッキーと2度にわたって死闘を演じた元ヘビー級王者で、その後友情を育み、『ロッキー4/炎の友情』('85)でソ連最強のボクサー、ドラゴ(ドルフ・ラングレン)と戦ってリングに命を散らせた。アドニスはアポロが愛人に産ませた子どもで、母親とは幼くして死別。施設を転々としていた頃に、アポロの未亡人に引き取られて育った。父のことはまったく知らないが、アドニスの胸には父と同じボクシングへの並々ならぬ情熱が秘められていた。そんな彼が、引退していたロッキーを訪ね、「トレーナーになってほしい」と頼んだところから、ドラマは大きくうねり始める。

 この大筋だけでも、本作が『ロッキー』シリーズの続編であることが分かるだろう。実際、本作は多くのシリーズとのリンクを含んでいる。アドニスがロッキーを訪ねてからは、ロサンゼルスからフィラデルフィアへと舞台が変わるが、フィラデルフィア美術館へ駆け上るシーンや、ジョギングの場面は『ロッキー』に対する明快なオマージュだ。また、『ロッキー3』('82)のラストで描かれ、決着が誰にも分らなかったロッキーVSアポロの3度目の対決の行方についても言及される。

 しかし、何よりも大きなリンクはスピリットの部分だろう。『ロッキー』シリーズのロッキーは、最初は周囲に軽んじられるチンピラに過ぎなかった。チャンピオンへの挑戦権を得たことで、彼は自分がただの負け犬ではないことを証明する機会を得る。本作のアドニスも同様で、アポロの血を引いているとはいえ、私生児であり、それゆえの負い目を抱えて生きてきた。自分は、過って生まれてしまったのだろうか? 王者との戦いは、そうではないことを証明するチャンスでもあった。"何者でもない自分"が、オンリーワンの自分であることを証明するための戦い。そのために、アドニスはロッキーと同様に血のにじむような特訓を積み重ねるのだ。そこには底辺から頂点を目指す者の揺るぎない意志の力がみなぎっている。

 驚くべきことに、本作のアイデアは『ロッキー』シリーズの関係者によってもたらされたものではない。低予算の監督デビュー作『フルートベール駅で』('13)を撮ったばかりの当時20代の新鋭ライアン・クーグラーの発案によるものだ。アポロに遺児がいた...というアイデアはハリウッドのメジャースタジオを動かし、さらにはスタローンのハートをも動かして、『ロッキー』シリーズの正式な続編として製作されることになった。結果、本作は大ヒットを記録したばかりか高評価を獲得。クーグラーは本作の成功をステップにして、その後マーベル・コミック原作の『ブラックパンサー』('18)の監督を務め、同作を2018年最大の全米ヒット作に押し上げた。クーグラーもまた、ロッキーやアドニスと同様に底辺から頂点へと上り詰めた、アメリカン・ドリームの体現者なのだ。

 『ロッキー』から『クリード チャンプを継ぐ男』に継がれた伝説は、さらに続く。アドニスのその後を描く『CREED II(原題)』が年内に全米で、2019年1月には日本で公開される予定。ここでアドニスは、父アポロをリングに沈めたドラゴの息子との因縁の対決に臨むという。もちろん、その脇にはボクサーとして、人生の先輩として、彼を導くロッキーもおり、ドラマチックな物語が展開されることは間違いない。まずは、新たな伝説の起点である『クリード チャンプを継ぐ男』を見逃すべからず!

文=相馬学

[放送情報]

クリード チャンプを継ぐ男
WOWOWシネマ 10/8(月・祝)よる9:00

「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00

 『ジャスティス・リーグ』はバットマン、ワンダーウーマンらそれぞれ単体でも主役が張れるスーパーヒーローたちがチームを組み、さらなる巨大な悪と戦うというスーパーヒーロー・エンターテインメント。昨今ブームのアメコミ・ヒーロー映画です。アイアンマンやスパイダーマンが共演する『アベンジャーズ』とは違うの? と思われるかもしれませんが、構造は同じながら、アベンジャーズというのはマーベルというアメコミ出版社のヒーロー集団、このジャスティス・リーグはDCというアメコミ大手出版社のヒーロー軍団と思ってください。DCは今年デビュー80周年を迎えたスーパーマンを輩出したところで、全てのアメコミ・ヒーローはこのDCのスーパーマンから始まったのです。

 映画ではアベンジャーズの方が先ですが、コミックの歴史においてはジャスティス・リーグの方が先。スーパーヒーローたちが共演する、というワクワクするようなフォーマットを開発したのはジャスティス・リーグなのです。日本のスーパー戦隊"××レンジャー"と比較する方もいますが、スーパー戦隊は元々グループ・ヒーローなんです。しかしジャスティス・リーグはそもそもソロで活躍していたヒーローたちが夢の競演をするので"ヒーロー集団"であっても"集団ヒーロー"ではないのです。

 映画『ジャスティス・リーグ』に登場するのは、犯罪者から街を守るダークナイトことバットマン、伝説の女戦士の国アマゾンの姫にして最強の女性ヒーロー、ワンダーウーマン、海底王国アトランティス出身の武闘派王子アクアマン、超高速で移動できる力を身につけたオタクな超人のフラッシュ、そしてあらゆるITと接続できるうえ自身も日々能力がアップデートされるメカ人間のサイボーグです。物語的には、かつてこの世界にはスーパーマンがいたのですが彼はある事件があって死んでしまいました。スーパーマンの意志を継いでこの世界を守ると誓ったバットマンは、この地球に大いなる脅威が迫っていることに気づき、同時多発的に出現したヒーローたちをスカウトしてそれを迎え撃つチーム"ジャスティス・リーグ"を結成しようとしますが...。

 映画としてはスーパーマンの誕生を新たな視点で描き直した『マン・オブ・スティール』から始まる『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』『ワンダーウーマン』の流れに連なる作品です。また『ジャスティス・リーグ』で本格デビューしたアクアマンは、来年日本でも『アクアマン』というソロ映画が公開。フラッシュやサイボーグもソロ映画デビューが予定されていますから、これからのヒーローを先物買い的に見ておく楽しみもありますよ。

 なお、こういう風に一つの世界観の中で独立した作品を複数走らせて、共演させたり関連付けさせたりする手法を"ユニバース"といいます。先ほどのアベンジャーズのマーベルもそうですが、最近のハリウッドの流行りです。アメコミ映画以外にもユニバース化は広がっており、ホラー映画の『死霊館』シリーズもユニバース化されているし、'19年に公開されるハリウッド版ゴジラは、なんと'17年に公開された『キングコング:髑髏島の巨神』と同じユニバース。'20年にはハリウッド版『キングコング対ゴジラ』が公開予定です!

 というわけで『ジャスティス・リーグ』は、DCのユニバースに属する作品ですが、今までの作品を見ていなくても大丈夫です。"とにかくこの世界にはいろいろなヒーローがいて、宇宙からやってくる敵をみんなで協力してやっつける"というシンプルなお話ですから、なんの予備知識も要りません。しかしストーリーがシンプルな分、各キャラクターの描写やそれぞれの能力を活かしたアクションの見せ場が盛り沢山で、一級のエンターテインメントに仕上がっています。どのヒーローもすごい能力とは裏腹に、それぞれ悩みを抱えています。だから彼らの信じる正義=ジャスティスはみな違う。それを超えて一つになれるかが、とてもドラマティックです。社内の横断プロジェクトで、面倒くさい若手とか他の部署の曲者をとりまとめて何かをしなきゃならないリーダーとかを任せられた方なら、今回のバットマンの苦労がすごくわかると思いますよ(笑)。

文=杉山すぴ豊

[放送情報]

ジャスティス・リーグ字幕版
WOWOWシネマ 9/22(土)よる8:00

TOPへ戻る

もっと見る

「ジオストーム」11/3(土・祝)よる8:00 「不都合な真実2:放置された地球」10/27(土)午後1:45 「パターソン」10/28(日)よる9:00 「たそがれ酒場」10/16(火)よる7:00 「キングスマン:ゴールデン・サークル」10/13(土)よる8:00ほか 「68キル」[R15+指定相当] 10/14(日)よる11:15 「クリード チャンプを継ぐ男」10/8(月・祝)よる9:00 「パッション・フラメンコ」10/2(火)よる11:30 「ジャスティス・リーグ字幕版」9/22(土)よる8:00 「いま、輝くときに」9/24(月・休)よる9:00 「あさひなぐ」9/29(土)よる9:00 「ブレンダンとケルズの秘密」 9/21(金)よる7:30 「007は二度死ぬ」9/22(土)午後0:00 「ユリゴコロ[PG12指定]」9/15(土)よる10:15 「007/スペクター」9/8(土)よる8:00ほか 「エル ELLE」9/9(日)よる9:00 [PG12指定] 「カーズ/クロスロード」8/29(水)よる8:00 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」9/20(木)よる11:00ほか 「ありがとう、トニ・エルドマン」8/29(水)よる11:00 [PG12指定] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」8/19(日)よる9:00ほか 「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(17) 8/25(土)よる10:00[R15+指定] 「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」8/14(火)午前8:25ほか 「新感染 ファイナル・エクスプレス」(16) 8/19(日)よる9:00 「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」[PG12指定] 8/10(金)よる9:00 「死刑台のエレベーター(1958)」7/31(火)よる7:15 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』7/21(土)よる11:00ほか 「ジョン・ウィック:チャプター2[R15+指定]」7/28(土)よる10:00 「エイリアン:コヴェナント」7/14(土)よる10:00ほか 「ブレードランナー 2049」[PG12指定] 7/21(土)よる8:00 「そして父になる」 7/7(土)午後3:50 「ひるね姫~知らないワタシの物語~」7/8(日)午後0:00ほか 「DARK STAR/H・R・ギーガーの世界」7/14(土)深夜0:15 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 7/4(水)深夜1:20 「セブン・シスターズ [R15+指定] 」 7/8(日)よる11:30 「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.