WOWOW CinePick(シネピック)

どの作品を見るか
迷っているあなたへ
おすすめ映画をご紹介!


MENU

カテゴリ「映画工房」の記事

「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00

斎藤工さんと板谷由夏さんが、話題の映画の魅力を語り尽くす映画情報番組「映画工房」。今回は、ドルー・ブラウン監督によるサスペンススリラー『エンドレス・マーダー』を取り上げます。

斎藤「これまた、凄い衝撃作ですよね。」
板谷「オーストラリアの異色スリラーなんですね。」

交通事故で妻を亡くした心の傷を抱える凄腕の殺し屋の前に現われた「僕を殺してくれ」との奇妙な依頼をする男。だが、その依頼人は、何度自殺を試してもなぜか奇跡的に生き延びてしまう"不死身"の男だった。独創性と巧みな伏線にうならされる作品。人気TVドラマ『プリズン・ブレイク』シーズン5の準レギュラーで存在感を示した個性派俳優スティーヴ・マウザキスが、闇を抱えた殺し屋役を好演しています。2人の感想は?

斎藤「ゲームセンターのシーンがすごく好き。」
板谷「そして殺し屋と依頼人が不思議な友情で結ばれていく。」

板谷「後半『どういうこと?』となり、15分くらい巻き戻して見ちゃいました。」
斎藤「欲しいものをくれる映画というよりは、マジか!という驚きと笑いがある。だけど、それだけではすまない。ツッコミの面白さはあるのですが、笑いを繰り返すことによって、ひとつの定めみたいなものを描き切っている。それが気持ちいい。」

87万人が利用する映画チケット予約アプリ「映画ランド」とコラボして映画ファンに調査する企画「映画意識調査」。今回は番外編として、人気コミックの実写映画化は「あり」か「なし」かを街角で調査しました。

特集:実写で楽しむ人気コミック 7/1(日)~7(土)

『僕は妹に恋をする』
7/1(日)よる11:00
『GTO』
7/2(月)よる6:45
『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』
7/3(火)よる7:00
『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット』
7/4(水)よる6:45
『逆境ナイン』
7/5(木)よる7:00
『バクマン。』
7/6(金)よる6:45
『兄に愛されすぎて困ってます』
7/7(土)よる10:15

detail_180619_photo02.jpg©藤沢とおる・相沢春吉/講談社・フジテレビジョン・関西テレビ放送・研音

最近あまり映画を観ていないあなたにこそ観てほしい作品を、映画解説者の中井圭さんが紹介する、「ナカイの1本 ナカチョイ」のコーナー。今回は『ヒトラーへの285枚の葉書』を紹介します。

『ヒトラーへの285枚の葉書』
WOWOWシネマ 7/1(日)よる9:00

detail_180619_photo03.jpg© X FILME CREATIVE POOL GMBH / MASTER MOVIES / ALONE IN BERLIN LTD / PATHE PRODUCTION / BUFFALO FILMS 2016

detail_180423_photo05.jpg

【話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を、映画好きの俳優、斎藤工と板谷由夏が語りつくす。映画との新たな出会いを提供する映画情報番組・映画工房】

詳しくはこちら


uliza_thumb_578635.jpg


「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00

斎藤工さんと板谷由夏さんが、話題の映画の魅力を語り尽くす映画情報番組「映画工房」。今回は、エドガー・ライト監督のセンスと才覚が冴えわたるカーアクション『ベイビー・ドライバー』を取り上げます。

板谷「舞台を4月にやったのですが、ストレッチとかアップをするときに『ベイビー・ドライバー』のサントラを流してた! 気分をアゲようと思って、(ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの)『ベルボトムズ』をかけてました。」

天才的な運転テクニックで犯罪者の"逃がし屋"を務める青年ベイビーが、ウエイトレスのデボラとの恋をきっかけに裏社会から足を洗おうとする姿を、ベイビーのテクニックと劇中曲のリズムを完全にシンクロさせた斬新な演出で見せる。監督、脚本、製作総指揮はエドガー・ライト。『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)、『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(07)を撮り、『アントマン』(15)では脚本を担当。本作はウォルター・ヒル監督作『ザ・ドライバー』(78)へのトリビュートだという。2人の感想は?

斎藤「この作品の感想、すごく男子同士で話し込むんです。あそこはどうだった、こうだったというのが、たくさん出てくる。見方が個人によってこんなに違う作品は最近あまりなかったと思います。人におすすめしたあとに、また盛り上がるんです。」
板谷「へー!」
斎藤「『ザ・ドライバー』にもかなり似ています。エドガー・ライトの今までのテイストから、『ザ・ドライバー』を意識するとこういう解釈になるのか、すごく相性がいいのだと思いました。」

エドガー・ライト監督は脚本を書く前に楽曲を10曲ほど決めており、完成した脚本をプロデューサーにプレゼンする際は楽曲も同時に流した。音楽の使い方として、『アメリカン・グラフィティ』(73)、『狼男アメリカン』(81)、『グッドフェローズ』(90)からの影響を公言している。

板谷「音楽好きにもたまらない作品だよね。」
斎藤「ドライブ・シーンと音楽の相性とか、ガンアクションと音楽の相性とかも見事で、ミュージカルのよう。プレイリストとしてもたまらないです。」
板谷「私、iPodを復活させちゃった。ベイビーがカチカチカチって操作しているのを見て、『うわ、懐かしいな』と思って、まだ動く1台を復活させました。やっぱり、音楽だけ聴けるのもいいね。」

主人公のベイビー役に次世代スターのアンセル・エルゴート、ヒロインのデボラ役に『シンデレラ』のリリー・ジェームズのほか、ジェイミー・フォックス、ケヴィン・スペイシー、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレス、ジョン・バーンサルらが出演。

斎藤「ジェイミー・フォックスも、ケヴィン・スペイシーも、脚本があまりに面白いから参加したそうです。音楽映画にカテゴライズされがちですけど、エドガー・ライトのモノを書く才覚が、これだけのキャストを集められた要因だと思います。」

87万人が利用する映画チケット予約アプリ「映画ランド」とコラボして映画ファンに調査する企画「映画意識調査」。今回は6月17日(日)~21日(木)の特集「ワールドシネマセレクション:フランス映画の宴2018」に合わせて、フランス映画について調査しました。

ワールドシネマセレクション:フランス映画の宴2018
『ゴッド・ディーバ』
WOWOWシネマ 6/17(日)よる11:15[PG-12指定]
『かくも長き不在』
WOWOWシネマ 6/18(月)よる7:00
『夜明けの祈り』
WOWOWシネマ 6/18(月)よる9:00
『ロスト・チルドレン』
WOWOWシネマ 6/18(月)よる11:00[R指定]
『髪結いの亭主』
WOWOWシネマ 6/19(火)よる7:00
『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~』
WOWOWシネマ 6/19(火)よる9:00
『静かなふたり』
WOWOWシネマ 6/19(火)よる11:00
『めぐりあう日』
WOWOWシネマ 6/20(水)よる7:00
『ザ・ダンサー』
WOWOWシネマ 6/20(水)よる9:00[PG12指定]
『TOMORROW パーマネントライフを探して』
WOWOWシネマ 6/20(水)よる11:00
『プチ・ニコラ』
WOWOWシネマ 6/21(木)よる7:00
『プチ・ニコラ 最強の夏休み』
WOWOWシネマ 6/21(木)よる9:00
『美しき諍い女』
WOWOWシネマ 6/21(木)よる11:00[R15+指定]

detail_180612_photo02.jpg© 2004 - Telema

最近あまり映画を観ていないあなたにこそ観てほしい作品を、映画解説者の中井圭さんが紹介する、「ナカイの1本 ナカチョイ」のコーナー。今回は『ダンケルク』を紹介します。

『ダンケルク』
WOWOWシネマ 6/23(土)よる8:00

detail_180612_photo03.jpg© Warner Bros. Entertainment Inc.

detail_180423_photo05.jpg

【話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を、映画好きの俳優、斎藤工と板谷由夏が語りつくす。映画との新たな出会いを提供する映画情報番組・映画工房】

詳しくはこちら


「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか

斎藤工さんと板谷由夏さんが、話題の映画の魅力を語り尽くす映画情報番組「映画工房」。今回は、ウディ・アレン監督によるラブ・ストーリー『カフェ・ソサエティ』を取り上げます。

斎藤「ウディ・アレンは、河瀨直美監督のような感じです。ニューヨークというエリアを軸に映画を作っていくというところ。ハリウッドのあるLAと対比して、そこに対する姿勢とか、思想をぶつけていく感じがすごく面白かった。」

映画業界の大立者である叔父を頼って、NYからハリウッドへやって来た青年のボビー。そんな彼が経験するもつれた恋愛騒動を、おなじみの才人監督アレンが、時に甘く、また時にはほろ苦く、巧みな話術で軽妙洒脱に活写。主人公ボビー役を『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグ、主人公の叔父で映画プロデューサー役に『フォックスキャッチャー』のスティーヴ・カレルが演じています。2人の感想は?

斎藤「男の未練の話じゃないですか。」
板谷「私は男の未練っぽい映画だと思わなかったよ。」
斎藤「いや、僕には女々しさの果てみたいな印象です。たとえば、叔父さんとおいっ子のどちらかが諦める状況だと思うんです。そこでお互い譲らず、女性に判断を託してしまう。相手は自分を見てくれているということを信じてやまないというところが、ウディ・アレンイズムだなと思いました。」
板谷「そういう意味では、男の女々しさというより、女のズルさに見えたけど」
斎藤「それを男が受け入れてしまうじゃないですか。突き放せないという女々しさを感じたんです。」
板谷「なるほど。」
斎藤「女々しいって自分にもある部分だから。」
板谷「自分にもあるようなところをあぶり出されるからってこと? こういう映画は男と女の意見が違って面白い。大人になれたから分かる感じもあるよね。ウディ・アレンの面白さというか、皮肉さとか。」
斎藤「どちらにも見られる、それはあるかもしれません。」

特集:恐怖の超常現象
『スイッチ・オフ』
WOWOWシネマ 6/11(月)よる11:00

detail_180605_photo02.jpg©2015 INTO THE FOREST PRODUCTIONS BC INC. / RHOMBUS FOREST INC. ALL RIGHTS RESERVED.

最近あまり映画を観ていないあなたにこそ観てほしい作品を、映画解説者の中井圭さんが紹介する、「ナカイの1本 ナカチョイ」のコーナー。今回は『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』を紹介します。

『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』
WOWOWシネマ 6/15(金)よる9:00

detail_180605_photo03.jpg©2017「HiGH&LOW」製作委員会

detail_180423_photo05.jpg

【話題の映画やWOWOWシネマならではの特集の魅力を、映画好きの俳優、斎藤工と板谷由夏が語りつくす。映画との新たな出会いを提供する映画情報番組・映画工房】

詳しくはこちら


TOPへ戻る

もっと見る

「エンドレス・マーダー」 6/27(水)よる11:00 「ハドソン川の奇跡」 6/20(水)午後5:00 「関ヶ原」6/16(土)よる8:00ほか 「ベイビー・ドライバー」 6/24(日)よる9:00 「カフェ・ソサエティ」6/16(土)よる10:40 ほか 「四月は君の嘘」6/10(日)よる6:45ほか 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 6/10(日)よる9:00 「心が叫びたがってるんだ。(2015)」 6/1(金)よる6:45ほか 「20センチュリー・ウーマン」 6/3(日)よる9:00 「シン・ゴジラ」 5/20(日)よる6:45 「恐怖分子」 5/22(火)よる11:00 「灼熱」5/14(月)よる11:00 「わたしは、ダニエル・ブレイク」5/13(日)よる9:00 「東京喰種 トーキョーグール」 4/28(土)よる9:00-11:15ほか 『ジェーン・ドウの解剖[R15+指定]』5/6(日)よる11:15 「昼顔(2017)」4/21(土)よる8:00-10:15ほか 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」5/5(土・祝)よる8:00ほか 「銀魂」 5/26(土)よる8:00ほか  「ダイ・ハード/ラスト・デイ」5/6(日)よる7:00 「スパイダーマン:ホームカミング」5/4(金・祝)深夜2:00 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」4/13(金)よる9:00 「モアナと伝説の海」4/21(土)午後5:45 『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 「夜は短し歩けよ乙女」4/8(日)午前9:00 「ガルム・ウォーズ」3/24(土)よる10:00 「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」3/24(土)深夜2:00 「LOGAN/ローガン」3/17(土)よる10:00 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」4/30(月・休)午後2:00 「機動警察パトレイバー 劇場版」3/25(日)午前5:20 「美女と野獣(2017)」4/14(土)よる8:00
©Disney Enterprises,Inc. 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」3/10(土)よる8:00
©2017 MARVEL 「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」3/11(日)午後1:45
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日 1983 「イニシエーション・ラブ」3/9(金)よる7:00
© 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会 撮影=神保達也、ヘアメイク=鈴木麻水美、スタイリスト=大沼こずえ、衣装=ADORE 「幕が上がる」©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講 談社 パルコ 写真:AP/アフロ 撮影=坪田彩 ©2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved. 写真:ロイター/アフロ
「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」3/5(月)午前8:30~(同時通訳)3/5(月)よる9:00~(字幕版) 撮影=中川容邦 「バレンタインデー(2010)」2/14(水)よる6:45
© Warner Bros. Entertainment Inc. ©Disney Enterprises, Inc. 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」©2017映画 「チア☆ダン」製作委員会 「セブン[吹替補完版]」2/10(土)午前11:25 「帝一の國」2/24(土)よる8:00
「帝一の國」©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

© WOWOW INC.